子どものことを、親がどれだけ理解しているかが分かる「名前の無い展覧会」

もし、子どもが作った作品が名前のない状態で展示されていたら、親は気づいてあげられるでしょうか?また、その結果に子どもはどう反応するのでしょうか?ここで紹介する「名前の無い展覧会」は、その様子を実験的に描いたドキュメンタリーです。

お母さん、ぼくのこと
どれぐらい知ってる?

9e2e6f229a1bdb1f88d1a0cec1d3fdff1623b69f

©november, inc. / RISU Japan

E21f739c1c4a93dab52922da7f6a0919b57a55bd

©november, inc. / RISU Japan

28b1b56aefe9f3febd731d14cf22aaa6d9bfd129

©november, inc. / RISU Japan

集められたのは、約20組の小学生低学年の児童とその保護者。児童が制作した習字や絵画、作文などを、誰がどの作品を作ったか分からない状態で展示しました。つまり、保護者は作品の個性のみから自分の子どもが作ったものを見つけださないといけないというわけ。

Aa9584dd83c804e293d400d091003c07088eac0a

©november, inc. / RISU Japan

「コレっぽくない?違うかな…」

5ee9bd4fbd364021ab6f21b4684c1daa378498b3

©november, inc. / RISU Japan

「わかった気がする!」

101a181902d01f502b8befad33b69523d496f53e

©november, inc. / RISU Japan

「コレかな?」「あ、ホントだ」

4af7c728d39dfc150c93c901ce71438cc5073833

©november, inc. / RISU Japan

5804c372d157b624f4159fc386a9943d976fbbc3

©november, inc. / RISU Japan

07db91ad1870d56326f8450714d6a58559da2c31

©november, inc. / RISU Japan

この取り組みで
「わかったこと」って?

38390634ef75f1b128a55da79065cf6aaab77dd4

©november, inc. / RISU Japan

「知ってるつもりって、このことかな」

9b5f164dc6784e6ff2a35df268fb23ff1fb7692e

©november, inc. / RISU Japan

「コレに間違いないだろうと思っても、もしかしたらこういう表現もするかなと」

77dd2b4f38ac7e5ea6d1fa1aa161651ea117252c

©november, inc. / RISU Japan

「ママ、自信満々だったもんね」

94807f71ae92b2a86c335b3d9e27b49f5544b8ac

©november, inc. / RISU Japan

「わかんなかったの?」

0f916e81187aac041625fb5a272f56bc6a62be5a

©november, inc. / RISU Japan

「わからないことがわかった、って感じだね」

0171857c34b005953106326f3362410f20e529c1

©november, inc. / RISU Japan

これは、遠隔個別指導による教育サービスを展開するRISU Japanがスポンサーとなって開催したプロジェクト。子ども自身さえ気づかない才能が、親にはわかるかもしれない。逆に、いつの間にか親の想像に収まらない個性を子どもが持っているかも…。そんなことを考えるきっかけになることを願って生まれたそうです。

さて、あなたたち親子はどうでしょうか?

Licensed material used with permission by RISU
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
「国宝」——なんて潔い名前なんだ!もう相当話題なので知っている方も多いと思うのだが、京都国立博物館で開催されている、京都国立博物館開館120周年記念 特別...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
レイプは被害者の心に大きな傷を残すことになりますが、被害を知った人が被害者に追い打ちをかけるようなことを言ってさらなる深い傷をつける、セカンドレイプの被害...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
ある研究によると「名前は顔を形作る」そうです。可愛い子を育てたいなら愛おしくなる名前を付けるとイイのかもしれません。一体、なぜこんなことが起きるのでしょう...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
「妊娠しているときから、もっと夫にも子どもに興味を持ってほしい」。そうは思っても、実際にお腹に赤ちゃんを抱えていないパパにとっては、ママの大変さや気持ちを...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』など、数々の大ヒット作品を世に送り出してきた「ピクサー」。2016年、設立30周年...
先日、台湾で開かれた展覧会「waterscape 水中風景」は、ある日本人が設計した「水槽」を通して、生きもののいる日常的な環境を異なる角度から捉え直す試...
読み方が分かりづらくて質問されたり、電話では何度も聞き返される。珍しい個性的な名前ってこういうこと。いろいろ面倒もつきまとうのだけど、一方で「強く賢い女性...
毎日がまるでサーカスの一幕みたいな、赤ちゃんや小さい子どものいる家庭。パパもママもてんやわんやの大忙しのことでしょう。ここに紹介する写真もそんな場面の数々...
幸福度の高い子どもを育てる、また、その後もハッピーな大人に育てるには、ある大事な法則がありました。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。