子どものことを、親がどれだけ理解しているかが分かる「名前の無い展覧会」

もし、子どもが作った作品が名前のない状態で展示されていたら、親は気づいてあげられるでしょうか?また、その結果に子どもはどう反応するのでしょうか?ここで紹介する「名前の無い展覧会」は、その様子を実験的に描いたドキュメンタリーです。

お母さん、ぼくのこと
どれぐらい知ってる?

©november, inc. / RISU Japan

©november, inc. / RISU Japan

©november, inc. / RISU Japan

集められたのは、約20組の小学生低学年の児童とその保護者。児童が制作した習字や絵画、作文などを、誰がどの作品を作ったか分からない状態で展示しました。つまり、保護者は作品の個性のみから自分の子どもが作ったものを見つけださないといけないというわけ。

©november, inc. / RISU Japan

「コレっぽくない?違うかな…」

©november, inc. / RISU Japan

「わかった気がする!」

©november, inc. / RISU Japan

「コレかな?」「あ、ホントだ」

©november, inc. / RISU Japan

©november, inc. / RISU Japan

©november, inc. / RISU Japan

この取り組みで
「わかったこと」って?

©november, inc. / RISU Japan

「知ってるつもりって、このことかな」

©november, inc. / RISU Japan

「コレに間違いないだろうと思っても、もしかしたらこういう表現もするかなと」

©november, inc. / RISU Japan

「ママ、自信満々だったもんね」

©november, inc. / RISU Japan

「わかんなかったの?」

©november, inc. / RISU Japan

「わからないことがわかった、って感じだね」

©november, inc. / RISU Japan

これは、遠隔個別指導による教育サービスを展開するRISU Japanがスポンサーとなって開催したプロジェクト。子ども自身さえ気づかない才能が、親にはわかるかもしれない。逆に、いつの間にか親の想像に収まらない個性を子どもが持っているかも…。そんなことを考えるきっかけになることを願って生まれたそうです。

さて、あなたたち親子はどうでしょうか?

Licensed material used with permission by RISU
東京、銀座にあるCHANEL NEXUS HALLでは、展覧会「ピエール セルネ&春画」が4月7日まで開催中。春画を取り扱う展覧会では珍しく、年齢制限はあ...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
カニエ・ウェストがトラヴィス・スコットを迎えた新曲『Wash Us In The Blood』をリリース。虐殺、奴隷といった単語が登場し、現在も進行中であ...
先週11月22日にリニューアルオープンを迎えた「渋谷PARCO」。オープンと同日から展覧会「AKIRA ART OF WALL Katsuhiro Oto...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
親が出稼ぎで海外へ行ってしまい、離れ離れになった寂しさなどから精神的に苦しむ子どもが35万人もいるといわれるルーマニア。そんな国から生まれたアプリがありま...
「国宝」——なんて潔い名前なんだ!もう相当話題なので知っている方も多いと思うのだが、京都国立博物館で開催されている、京都国立博物館開館120周年記念 特別...
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
葛飾北斎——誰もが知るその名前。でも、私たちは同じ日本人であるのにも関わらず北斎の本当の凄さを知らないのかもしれない。現在開催中の「北斎とジャポニスム」展...
レイプは被害者の心に大きな傷を残すことになりますが、被害を知った人が被害者に追い打ちをかけるようなことを言ってさらなる深い傷をつける、セカンドレイプの被害...
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
ある研究によると「名前は顔を形作る」そうです。可愛い子を育てたいなら愛おしくなる名前を付けるとイイのかもしれません。一体、なぜこんなことが起きるのでしょう...
「ミズノ」は、同社史上最高の反感性を実現したシューズ用ソール素材「MIZUNO ENERZY」を開発。接地時のエネルギーをため、それをできる限り逃さないこ...
お風呂のソムリエが作った「お風呂で洗えるマスク」は、サッと洗えてすぐに乾く。イタリアのバスローブの生地を利用したその素材は、丈夫で汚れも目立ちにくく、使い...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
誰でも子どもを傷つけるようなことは言いたくないものです。ところが、「Your Tango」にまとめられていた「子どもに言ってはいけないフレーズ」は、日常で...
すこし、胸がきゅっとなる瞬間です。
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...