「ホフクサイ」と呼び間違えられた無名の画家が、葛飾北斎になったとき。

葛飾北斎——誰もが知るその名前。でも、私たちは同じ日本人であるのにも関わらず北斎の本当のスゴさを知らないのかもしれない。

海外で、“模倣する芸術家”が続出する。

現在開催中の「北斎とジャポニスム」展。私が実際に訪れて、すべての作品を観終わったときに強く感じたこと。

それは、葛飾北斎と同じ日本人である。それが無性に誇らしくなってしまった。だって、フィンセント・ファン・ゴッホ、クロード・モネ、エドガー・ドガなど、教科書でもおなじみの西洋美術史の偉人たちがこぞって影響を受けていると知ったのだから。  

歴史上に名を残してきた数々の画家たちを夢中にさせてきた北斎。ただ、ファンとして夢中にさせるだけではなく、彼らの生み出した名画にまで影響を与えていたのだ。しかも、思いっきり。

この世を去る直前まで。
「連作」を生み出したのは、北斎の影響?

西洋美術の巨匠の一人であるポール・セザンヌの『サント=ヴィクトワール山』。『冨嶽三十六景 駿州片倉茶園ノ不二』とタッチも作品のもつ雰囲気も違うけれど、こうして並べるとなんだか似ている。でも、まさしくセザンヌだからこそ生み出せた絵画であり、間違いなくセザンヌのもの。

当時、北斎の「冨嶽三十六景」や『富嶽百景』の連作は、西洋美術にとっては斬新な試みだったとされている。一つの山を様々な角度から描き、世に伝える北斎の連作への意識。それが、日本美術にそれほどの魅力を感じていなかったセザンヌの心を動かしたと考えられている。

「いや、偶然でしょ」と思う人が、もしかしたらいるかもしれない。しかし、1882年からセザンヌは断続的に同じ山を表現を変えながら、その後20年以上、死去する数年前まで描いていたと。

うそだろ。こんなポーズまで。

エドガー・ドガが所有していた北斎の浮世絵や版本のコレクションは、すでに売り立てられているため、何を所蔵していたかはわかっていない。

ドガの愛らしさも感じてしまう『踊り子たち、ピンクと緑』。その下にある『北斎漫画』十一編の相撲取りのポーズ。

この一枚だけではなく、何度も同じようなポーズをデッサンされていたということで、ドガが北斎の作品に強く関心を持っていたのではないのかと言われている。

ふっくらとした布袋さまが、
ちょっと生意気そうな少女に。

『北斎漫画』初編(部分)の七福神の一人である“寛ぎモード”の布袋さまと、メアリー・カサットの『青い肘掛け椅子に座る少女』。

西洋だけの考えではないと思うけれど、美術史において「愛らしくお行儀の良い女の子」が描かれることが、当時は当たり前だったと思う。が、北斎の影響により、カサットの表現の幅が増えたのではないか。

ドガの親しい友人であったカサット。同じように触発されていたのではないかと、専門家たちは考えているのだ。

海外で「ホフクサイ」と、
読み間違えられていた時代がウソみたい。

今回紹介した作品以外にも、北斎の影響から生み出されたと思われる作品は山ほどある。

北斎とジャポニスム展の監修者であり、国立西洋美術館の館長でもある馬渕明子氏によると、西洋ではじめて北斎の作品が知られたとき、「ホフクサイ」や「オクサイ」、「ウクサイ」と“おかしな名前”で呼ばれたり、書かれたりしていた時代もあったと。

それが徐々に西洋の人々の心をつかんでいき、日本人の「葛飾北斎」という名前が定着したらしいのだ。

今回の展覧会は第6章まで区分けされている。第1章『北斎の浸透』では、西洋でどのように名を轟かせたのか観ることができるのだ。

「今の日本」でも衝撃が。
実際に展覧会に訪れてみたところ。

つい先日、この展覧会を観に行ったという友人に会ったのだけど、彼女は私に興奮しながら展覧会の感想を話してくれた。

「なんだかよくわからなかったけれど、とにかくスゴかった!」

「いやいや、なんだかよくわからなかったって(笑)」と、はじめは思ったのだけど。と、いう私も展覧会を訪れ、最後の章を観終えたとき、「すごい…」と呟いてしまった。だって、今まで何度も作品を見てきた北斎の“まだ知らない歴史”が詰まっていたんだから。

友人は、アートに詳しいわけでも、葛飾北斎の熱狂的なファンでもない。そんな彼女の“漠然とした言葉”は、よくよく考えてみるとぴったりの言葉だと思った。あまりにも偉大すぎて、どんな人であっても一言ではどうやってもスゴさを伝えることはできない。

昨年の10月から開催されている「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」は、今月で終わってしまう。気になる人は詳細をチェック。

展覧会名:北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃
会場:国立西洋美術館
会期:2017年10月21日(土)〜2018年1月28日(日)
作品:西洋芸術の名作/約220点
北斎/錦絵 約40点、版本約70冊の計約110点
※会期中展示替えあり

Licensed material used with permission by 北斎とジャポニスム
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。そんな東京五輪の前年である2019年ま...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
デヴィッド・ボウイの遺作『★(ブラック・スター)』は、とてもクリエイティブな作品だった。新世代のジャズ・ミュージシャンなどが参加したという事実からも、作品...
『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』など、数々の大ヒット作品を世に送り出してきた「ピクサー」。2016年、設立30周年...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
『富嶽三十六景』といえば、かの有名な浮世絵師、葛飾北斎の代表作。その中でも『神奈川沖浪裏』は、世界でもっとも有名な日本美術作品の一つだと言われています。描...
季節にあわせて変わっていく自分を楽しむあなたは、美人です。
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
今では「近代絵画の父」と呼ばれる画家ポール・セザンヌ。その作品は、世界中の名だたる美術館に所蔵されている。しかし、現在の不動の評価を得たのは、没後のことだ...
もし、子どもが作った作品が名前のない状態で展示されていたら、親は気づいてあげられるでしょうか?また、その結果に子どもはどう反応するのでしょうか?ここで紹介...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』をリップに描いちゃうなんて斬新。「Girl Grey Beauty」名義で活動する、1991年生まれのカナダ人メイクアップアーテ...
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...