葛飾北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで無料公開

日本のみならず世界中で有名なアーティスト、葛飾北斎

彼の代表作といえば、富士山をさまざまな視点から描いた「富嶽三十六景」であることに異存はないが、それ以外の作品が頭に浮かぶ人は意外に少ないのでは?そんな北斎の知られざるいくつかの作品が、オンラインで楽しめるという。

ロンドンを代表するミュージアム「大英博物館」は、北斎の失われていた103もの作品のオンライン公開を開始。“失われていた”というのは、1948年に競売にかけられた記録を最後に、2019年になるまで所在が明らかになっていなかったからだ。

大英博物館は、それらの作品を購入したことを発表し、公式サイトで無料公開している。

このたびオンラインで公開された103の作品は、1829年にとある本の挿絵として描かれたものなのだとか。その本は出版されることがなかったため、これらの挿絵はこれまで一般公開されることはなかった。非常にレアな北斎の作品を、オンラインで鑑賞できるというのはなんともありがたい。

生涯を通して3万以上もの作品を遺したといわれる北斎。そんな彼の知られざる名作を、オンラインにて気軽に楽しんでみてはどうだろうか。

葛飾北斎による幻の挿絵
©The British Museum
Top image: © The British Museum
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事