今も、250年前も。女性の「あの感覚」はおなじでした。

 

全国的に、晴れ模様の今週末。

着込んでいたコートを脱いで、あたらしいスカートをおろして、鮮やかな色のリップをポケットにしのばせておでかけ、なんていう人もいるんじゃないでしょうか。髪色やヘアスタイルを変えたり、春になると嬉しいのは、こういうところですよね。

遡ること250年ほどまえ
世の女性たちは。

 

暖かい季節のおとずれとともに着物を鮮やかな色に替えたり、かんざしなどの装飾品を新調したり。お化粧でいえば、高価な本紅を塗り重ねることが流行していたのだそう。

女性が「春になると心踊る」のは、はるか昔から変わらないようです。

そうそう、江戸時代の美人女性といえば、“うりざね顔(やや面長な感じの顔)で目がシュッとしている” イメージが強いですよね? でもじつは、この頃から美人像にも変遷があったようで。

北斎が描く「美人」たち。

5041437108338688

葛飾北斎「花魁と禿」(後期展示)すみだ北斎美術館蔵

 

江戸時代を代表する浮世絵師・葛飾北斎は、おもに「富嶽三十六景」などの作品でその名を知られていますが、じつは「美人画家」と称されるほど、たくさんの江戸の美人女性たちを描いてきた人物でもあるのです。

自身の画風に固執することなく、世の女性たちの意識の変化や流行の変遷を作品に取り入れたことから、北斎が描く美人像は「楚々とした女性」から「ボリュームのある艶やかな女性」へと変わっていきます。

女性自身が “季節や時代にあわせて自分を飾り、それを楽しむようになっていく” 変化が、そのまま反映されているんですね。

春がきた、
今こそ堪能してほしい。

 

現在、東京『すみだ北斎美術館』では、『Hokusai Beauty 〜華やぐ江戸の女たち〜』を開催中。江戸の女性風俗を伝える装身具や化粧道具とあわせて130点ほどの作品や資料から、北斎の美人画の魅力、華やかな江戸美人の世界が紹介されています。

本格的に桜が咲きはじめた今こそ、遠い時代の女性たちの「華やぐ春の姿」を堪能してみてはいかがでしょう。

 

リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。そんな東京五輪の前年である2019年ま...
葛飾北斎——誰もが知るその名前。でも、私たちは同じ日本人であるのにも関わらず北斎の本当の凄さを知らないのかもしれない。現在開催中の「北斎とジャポニスム」展...
『富嶽三十六景』といえば、かの有名な浮世絵師、葛飾北斎の代表作。その中でも『神奈川沖浪裏』は、世界でもっとも有名な日本美術作品の一つだと言われています。描...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
デヴィッド・ボウイの遺作『★(ブラック・スター)』は、とてもクリエイティブな作品だった。新世代のジャズ・ミュージシャンなどが参加したという事実からも、作品...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』をリップに描いちゃうなんて斬新。「Girl Grey Beauty」名義で活動する、1991年生まれのカナダ人メイクアップアーテ...
誰にでも上手に立ち回ることから、八方美人と呼ばれる人がいますが、同じ八方美人と呼ばれる人の中にも、いい面だけでなく短所として捉えられている人もいます。人か...
もう使ったことがある人は多いかも。リリースからたった5日間でユーザー数が65万人に急増したフィルターアプリ「Prisma」を使うと、スマホで撮影した画像が...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
米ボストンで仕掛けられた、超がつくほど単純なドッキリ企画を紹介します。ターゲットは女性たち。ポイントは彼ら誰一人、嫌な気持ちにならなかったという点。芝生の...
福島県南会津郡に位置する大内宿は、かつて会津若松と日光・今市を結ぶ南山通りの宿駅のひとつとして栄えた宿場町。国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定される...
ビジネスコーチのMelanie Gormanさんと著者のJohn Grayさんが共同で寄稿した「Your Tango」の記事は、女性が意見することを激励し...
昔、ウガンダの一部の地域では、女性が結婚前に妊娠することを恥だと捉えられていた。理由は妊娠経験がある女性を男性が花嫁に迎えることがほとんどなかったから。島...
フォロワー70万人を超えるインスタアカウント「Petites Luxures」。フレンチエロスをポップなイラストで表現している。性の解放、快楽を大いに楽し...
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
女性という、生き物について。
とびっきりの美人ほど彼氏いない歴が長かったりすることってありますよね。「なぜ彼女たちに彼氏がいないんだろう?」と不思議に思ったことは数知れず。気になるその...
同じく女であるにも関わらず、女性の髪にうっとりしてしまうことがあります。ツヤツヤな髪の毛、ふわふわな髪の毛。シャンプーや花のような香り。いろんな魅力を秘め...
「愛らしい妖怪」がたくさん登場するという同展覧会。なんとなく、妖怪というと“恐いもの”というイメージがありますが、その定義はさまざま。妖怪は、日本人が古く...
男の人には決してみせない女性の本当の姿があえて描かれているイラスト。女性だったら思わず共感してしまう要素がたくさん。ただ、男性はあまりショックを受けないで...