モスクワに現れた巨大すぎる「富嶽三十六景」の波

ロシア・モスクワに、その規模6万平方メートルにもわたる「富嶽三十六景」のひとつ「神奈川沖浪裏」が出現。

場所は郊外に建設されたニュータウン「Etalon City(エタロン・シティ)」。いくつものマンションが建てられ、そのうち6棟の壁に描かれました。

モスクワのソビャニン市長もTwitterで写真を投稿し、その存在をアピール。地域のランドマークになっているとも紹介しています。

2018年9月から10月には、モスクワ・プーシキン美術館で「江戸絵画名品展」が開催されました。こうした日本とロシアの文化交流があったからこそ、ロシアに暮らす人々からの知名度も高く、「エタロン・シティ」を象徴する絵として受け入れられたのかもしれませんね。

Top image: © 2019 Etalon Group
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
『富嶽三十六景』といえば、かの有名な浮世絵師、葛飾北斎の代表作。その中でも『神奈川沖浪裏』は、世界でもっとも有名な日本美術作品の一つだと言われています。描...
リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。そんな東京五輪の前年である2019年ま...
デヴィッド・ボウイの遺作『★(ブラック・スター)』は、とてもクリエイティブな作品だった。新世代のジャズ・ミュージシャンなどが参加したという事実からも、作品...
葛飾北斎——誰もが知るその名前。でも、私たちは同じ日本人であるのにも関わらず北斎の本当の凄さを知らないのかもしれない。現在開催中の「北斎とジャポニスム」展...
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
モスクワといえば、「赤の広場」や「聖ワシリイ大聖堂」などの観光地が有名。でも、それらの景色は知っていても、街の中心部の様子は意外と知られていないのではない...
街全体に魔法がかかる季節がやってきました。日本のいたるところがワクワクに包まれるクリスマスシーズンですが、それは世界共通なようです。モスクワ出身のフォトグ...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
さまざまなアーティストがカスタムしたスニーカーを購入できるプラットフォーム「The Custom Movement」。希少性の高いNIKEやVANSが勢揃い!
葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』をリップに描いちゃうなんて斬新。「Girl Grey Beauty」名義で活動する、1991年生まれのカナダ人メイクアップアーテ...
意外にも世界的な都市部の近くにある水に浮く小屋。ロシアのモスクワの近くにある。電気も水もすべて自然でまかない、都市部での生活の疲労をデトックスできる。
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
季節にあわせて変わっていく自分を楽しむあなたは、美人です。
「ストレス発散」といえば。ショッピング?美味しいもの?いやいや、それで満足できる?モスクワ発の「Destroyery」は、お金を払って鈍器で好きなだけセッ...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
ロシア人アーティストAlex Shtanukさんは、巨大な“銀の海”を出現させるためにIndiegogoでクラウドファンディング中です。
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。