盗撮魔に告ぐ、「これ見てさっさと女性の前から消えなさい。」

人生で辛い状況に置かれたとしても、
「なんでわたしなの(Why me)?」なんて言わないで、
「かかってきなさいよ(Try me)」って言うのよ。

マイリー・サイラス

この動画を初めて見たとき、中指を立てながら上のセリフを吐いたマイリー・サイラスを思い出した。破天荒なお騒がせセレブだと言われているけれど、私は落ち込んでいたときにTwitterでこの言葉を見て、かんたんに救われたことがある。

女性は可愛いだけではダメ、戦士なのだから。と、主張するエマ・ワトソンも大好きだ。

さて、今から紹介するのは彼女たち同様、強く美しいロシアの女性Anna Dovgalyukさん。彼女は「公的活動家」を名乗るモスクワの学生で、YouTubeにアップした『盗撮魔』に対する動画がぶっ飛んでいると、世間を少しばかり騒がせている。

それがこちら。

そんなにパンツが見たいなら、
これ見てさっさと失せろ!

おおおおっ…と……!?

まさかの自らおっぴろげスタイル!

モデルとしても活躍しているAnnaさんは、こんなに美しいのにも関わらず、やると決めたら手加減ナシ。

盗撮被害に遭う女性をこれ以上増やしてたまるものかと、様々な公共の場で、とにかく自分のスカートの中身を公開しまくったのだ。下着の写真が撮りたいって衝動だけで、トラウマになりかねないような心の傷を女性につけるなんて、冗談じゃない。

そんな怒りを瞳に映して、無言でパンツを公開し続けたこの動画は、1週間で180万回以上の再生。しかしコメント欄には、ご想像通り批判の声も多かった。

たしかに、単に男性を喜ばせているだけだ、逆効果だ、という意見が多いのもわかる。本当にこの行動が、Annaさんの「盗撮行為を刑事犯罪してほしい」という思いを実現させる、近道になったのかはわからない。

けれど、彼女のこの眼差しをもう一度見てほしい。

私は絶対に許さない──。

若い女性が、こんなに人の多い場所で自らスカートの中を晒し続ける。並大抵の思いで出来ることではない。

どんな批判の声を聞いても、きっと彼女はへこたれたりしないだろう、けれど、傷つかないわけではない。それでも伝えたかったのだ。許してはいけないと思ったのだ。

その怒りと覚悟だけは、伝えられたのではないだろうか。

Licensed material used with permission by Anna Dovgalyuk, (Instagram)
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
フェスで盗撮された女性がソーシャルムーブメントを生み出し、今イギリスの法律を変えようとしています。
2017年4月22日、Instagramに1枚の写真が投稿された。
美しい女性と一緒に旅をする。男性なら、誰でも一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。ここで紹介するのは美男美女カップルが撮影した、ある旅の動画。彼氏の...
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...