盗撮魔に告ぐ、「これ見てさっさと女性の前から消えなさい。」

人生で辛い状況に置かれたとしても、
「なんでわたしなの(Why me)?」なんて言わないで、
「かかってきなさいよ(Try me)」って言うのよ。

マイリー・サイラス

この動画を初めて見たとき、中指を立てながら上のセリフを吐いたマイリー・サイラスを思い出した。破天荒なお騒がせセレブだと言われているけれど、私は落ち込んでいたときにTwitterでこの言葉を見て、かんたんに救われたことがある。

女性は可愛いだけではダメ、戦士なのだから。と、主張するエマ・ワトソンも大好きだ。

さて、今から紹介するのは彼女たち同様、強く美しいロシアの女性Anna Dovgalyukさん。彼女は「公的活動家」を名乗るモスクワの学生で、YouTubeにアップした『盗撮魔』に対する動画がぶっ飛んでいると、世間を少しばかり騒がせている。

それがこちら。

そんなにパンツが見たいなら、
これ見てさっさと失せろ!

おおおおっ…と……!?

まさかの自らおっぴろげスタイル!

モデルとしても活躍しているAnnaさんは、こんなに美しいのにも関わらず、やると決めたら手加減ナシ。

盗撮被害に遭う女性をこれ以上増やしてたまるものかと、様々な公共の場で、とにかく自分のスカートの中身を公開しまくったのだ。下着の写真が撮りたいって衝動だけで、トラウマになりかねないような心の傷を女性につけるなんて、冗談じゃない。

そんな怒りを瞳に映して、無言でパンツを公開し続けたこの動画は、1週間で180万回以上の再生。しかしコメント欄には、ご想像通り批判の声も多かった。

たしかに、単に男性を喜ばせているだけだ、逆効果だ、という意見が多いのもわかる。本当にこの行動が、Annaさんの「盗撮行為を刑事犯罪してほしい」という思いを実現させる、近道になったのかはわからない。

けれど、彼女のこの眼差しをもう一度見てほしい。

私は絶対に許さない──。

若い女性が、こんなに人の多い場所で自らスカートの中を晒し続ける。並大抵の思いで出来ることではない。

どんな批判の声を聞いても、きっと彼女はへこたれたりしないだろう、けれど、傷つかないわけではない。それでも伝えたかったのだ。許してはいけないと思ったのだ。

その怒りと覚悟だけは、伝えられたのではないだろうか。

Licensed material used with permission by Anna Dovgalyuk, (Instagram)
フェスで盗撮された女性がソーシャルムーブメントを生み出し、今イギリスの法律を変えようとしています。
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
ロシア・モスクワ郊外に建設されたニュータウン「Etalon City(エタロン・シティ)」。そのうち6棟の壁に、葛飾北斎が手がけた「神奈川沖浪裏」が描かれ...
2017年4月22日、Instagramに1枚の写真が投稿された。
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
美しい女性と一緒に旅をする。男性なら、誰でも一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。ここで紹介するのは美男美女カップルが撮影した、ある旅の動画。彼氏の...
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...
モスクワといえば、「赤の広場」や「聖ワシリイ大聖堂」などの観光地が有名。でも、それらの景色は知っていても、街の中心部の様子は意外と知られていないのではない...
Instagramアカウント「@hotisraeliarmygirls」では、イスラエルの女性兵士たちの日常を公開している。兵役中でもおしゃれをしたり、ビ...
「YouTube」の記念すべき初動画がアップロードされたのは、今から15年前となる2005年4月23日。「動物園にいる僕」と題された、わずか18秒のこの動...
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
スーパーモデルたちに憧れて、誰でも真似できる簡単な「花盛りヘア」を考えた結果。髪の毛の中にペットボトルを仕込むという、斬新なヘアスタイルが生まれました。
リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”...
街全体に魔法がかかる季節がやってきました。日本のいたるところがワクワクに包まれるクリスマスシーズンですが、それは世界共通なようです。モスクワ出身のフォトグ...
ロシアのとあるファッションブロガーが、高齢者限定のモデル事務所を設立し、世界中から注目を集めています。驚きなのは、全員が経験のない素人だという点。しかも、...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
「海ではしゃぐマッチョ」や「告白してフラれるマッチョ」など、「マッチョだけのフリー素材」を集めたサイトが登場。
今週末10月2日(金)、米国発の「キンプトン ホテルズ&レストランツ」ブランドの日本初上陸となる「キンプトン新宿東京」が東京・西新宿にオープン。
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
意外にも世界的な都市部の近くにある水に浮く小屋。ロシアのモスクワの近くにある。電気も水もすべて自然でまかない、都市部での生活の疲労をデトックスできる。
日本人フォトグラファー・MAR SHIRASUNAの作品『Beauty and NYC』。ニューヨークの高層ビルで、屋上のふちに佇む美女を撮ったもの。NY...
行政も非常事態宣言を発令したり、フェンスを取り付けたりといろいろ手を打ってはいるそうですが、目立った効果はナシ。もう慣れちゃってるんですね、人に。