【ロシア】経験者のいない「高齢者モデル事務所」が設立

ロシアのとあるファッションブロガーが、高齢者限定のモデル事務所を設立し、世界中から注目を集めています。驚きなのは、全員が経験のない素人だという点。

しかも、フランスやイタリアではなく、これまでファッションとしての文脈ではほとんど語られることのなかった、ロシアが舞台というのもポイント。以下、「Siberian Times」の記事を紹介しましょう。

どれだけ歳を重ねても、
やっぱりオシャレしたい!?

information_items_4237

シベリア出身のクリエイターIgor Gavar氏が、「Oldushka」というモデル事務所を設立しました。ここのモデルは、全員が55歳以上の高齢者。加えて、これまでにモデル経験がない人ばかりを集めています。

inside_alltogether inside_Valeriya inside_Victor inside_three

写真家、そして人気ブロガーでもあるIgor氏は、ある時、シニアモデルの需要があることに気づきました。現在、彼の事務所には男性2人と女性5人のモデルがいます。

「私たちのモデルは55歳以上のみ。これまでに、モデルの経験をしたことはありません。それでも、仕事の依頼は増え続けており、非常に多忙な状況にあります。私はロシアの高齢者は差別的な扱いを受けていると感じており、私たちは彼らにもっと注意を払う必要があると考えています。そして、それこそが私の事務所が行っていることなのです」

高齢女性のファッションを語ることは、ロシアではとても新しい出来事と言えるでしょう。

inside_shooting

モデルには、クライアントとのプロジェクトに応じて4,000〜20,000ルーブル(約6,250〜30,000円)が支払われている模様。

inside_backstage

inside_two

この独自のプロジェクトについて、彼は「強烈な個性とセンスを示したかった」と話しています。ただし、一部の人は、このプロジェクトを否定的にも見ているのだとか。

inside_albina_evtushevskaya inside_irina_5 inside_larisa_iosifovna_63

以上、「Siberian Times」から紹介しました。

ところ変わり、アメリカでは「Harper's Bazaar」の元編集者のInstagramアカウント「Linda and Winks」や、スタイリストとブロガーカップルのアカウント「idiosyncraticfashionistas」など、シニアのファッショニスタが注目を集めることもしばしば。今後どのようなムーブメントに発展するのでしょうか。楽しみ!

Licensed material used with permission by Siberian Times