ロシアが生んだ最強の「クロスカントリーカー」 迫力がとんでもなかった!

ロシアの水陸両用車「SHERP」が話題になっています。その理由は、以下を見れば一目瞭然。ぜひ、あなたの目で確かめてみてください。

可愛い見た目とは裏腹に
性能がスゴイ…

こちらがそのビジュアル。

目を奪われるのは、圧倒的なサイズのタイヤ。直径1.6m。車体の高さは2.3mなので、そのアンバランスさがちょっと可愛いかったりも。

雪の上だってへっちゃら。小回りも抜群です。

果敢にも、氷の張った川へ向かう「SHERP」。さすがにそれは無茶では?

あ〜、言わんこっちゃない。氷が割れ、川へとダイブ。これはピンチです。

しかし…

ド迫力!
「浮く」だけでなく「進む」

なんと、凄まじい迫力で前進!

これはパワフル…。もはや走れない場所などなさそうな勢いです。

バックだってこの通り!

これまでに開発された水陸両用車はスクリューの力で浮く仕組みでしたが、この「SHERP」は大きなタイヤの浮力により浮く模様。陸地での最高時速は45km、水上では6km。そのパワーを支えるのはクボタ製のディーゼルエンジンなのだとか。

価格は65,000ドル(約730万円)から。これは実際に乗ってみたい!

Licensed material used with permission by Aleksey Rudoi
ロシアは国土のスケールも大きいですが、スポーツのスケールも大きかった!? 郊外のスケートリンクで行われたのは「カーリング」のトーナメント戦。ストーンの代わ...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
「Moke Amphibie」は、水陸両用車。陸上モード時の最高時速は90km。しかも、四駆にもなるようだ。400ccの単気筒エンジンを搭載したポテンシャ...
「meanswhile」の水陸両用ショーツ「Equipment Board Shorts」です。
「フェスやイベントを、最高に楽しみたい!」そんなミレニアルズにおすすめの漢方を、神奈川県鎌倉市大船の薬局三代目・杉本格朗さんが、経験談なども交えて回答。「...
「EVENFLOW」の水陸両用ショーツ「PALM CHECK POOLSIDE SHORTS」です。
フォルクスワーゲンをベースにビーチで走らせるために改造したデューンバギーをはじめ、ビーチで遊ぶための車を作らせたら天下一品なのがカリフォルニアという街。そ...
「O -」の水陸両用ショーツ「Light Shorts」です。
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「TENT」です。
「Speedo」×「MISTERGENTLEMAN」の水陸両用ショーツ「WATER SHORTS」です。
「Dr. Vranjes」の最高級コレクション「ROSSO NOBILE」のハンドクリームです。
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
ロシアの配車サービス「Yandex.Taxi」が導入しているテクノロジーの紹介。
「RVCA(ルーカ)」の水陸両用ショーツ「SAGE VAUGHN PROGRAM ELASTIC SHORT」です。
映画配給「20世紀フォックス」が「20世紀スタジオ」に社名を変更する。買収した「ウォルト・ディズニー・カンパニー」の意向だ。あの有名なオープニングロールか...
今回は神楽坂にある老舗「龍朋(りゅうほう)」の絶品チャーハン。50年近く行列必須の中華料理屋さんで食べるチャーハンってどーなんよ?ついでに回鍋肉(ほいこう...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
行政も非常事態宣言を発令したり、フェンスを取り付けたりといろいろ手を打ってはいるそうですが、目立った効果はナシ。もう慣れちゃってるんですね、人に。
アメリカを旅するなら、キャンピングカーを仲間たちと1台貸し切って車中泊をしながら、いくつもの大自然や歴史的エリアをホッピングしてはどうだろう?広大な国土の...
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...