宮崎で買える「水陸両用ショーツ」が、めちゃくちゃカッコいい!

男の夏の下半身は「水陸両用ショーツ」で決まり。海も街もフェスもキャンプも、たった一枚でカバーできます。

じゃあ一体、どれを買うべき?

思い浮かぶのは、アウトドアブランドやサーフブランドのモノかもしれません。でも、じつはもっと多くの選択肢がある!

©2019 TABI LABO

こちらの記事でも紹介した宮崎県のライフスタイルブランド「Short pants every day」から別モデルも。そこはなんといってもショートパンツ専門。気になるアイテムが多いです。

オリーブの部分がアクセントになっているわけですが、なんとここの素材は1950年代のチェコ軍のテント生地!ゆえに、モデル名は「TENT」。ボードショーツでありながら、ミリタリーテイストも感じられるのは新感覚です。オリーブ×ネイビーもカッコいい。

©2019 TABI LABO

バックポケットにも件のテント生地を使用。キーループやコインポットなど、基本的なつくりは「INDIGO RIP」同様ですが、パラシュートボタンはこちらのほうがやや大きめ。

こちらも1万6200円(税込)で、購入はオフィシャルwebページにて。

想像してみてください。爽やかな海辺と、このラギッドな一枚との組み合わせを!
Top image: © 2019 TABI LABO
マジで使える「水陸両用ショーツ」はこれだ!
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「INDIGO RIP」です。
「meanswhile」の水陸両用ショーツ「Equipment Board Shorts」です。
「Speedo」×「MISTERGENTLEMAN」の水陸両用ショーツ「WATER SHORTS」です。
「O -」の水陸両用ショーツ「Light Shorts」です。
「EVENFLOW」の水陸両用ショーツ「PALM CHECK POOLSIDE SHORTS」です。
「RVCA(ルーカ)」の水陸両用ショーツ「SAGE VAUGHN PROGRAM ELASTIC SHORT」です。
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
「Moke Amphibie」は、水陸両用車。陸上モード時の最高時速は90km。しかも、四駆にもなるようだ。400ccの単気筒エンジンを搭載したポテンシャ...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
「ヒュー!日向」のキャッチコピーでおなじみの宮崎県日向市のPRムービーが、2018年も出た。TABI LABOはこの圧倒的にポジティブなオーラを放つPR動...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
『The BEACH BURGER HOUSE』で食べたハンバーガーは、これまで自分が食べた中で一番美味しいと思った。ビールを飲みながら3つも食べた。世界...
フォルクスワーゲンをベースにビーチで走らせるために改造したデューンバギーをはじめ、ビーチで遊ぶための車を作らせたら天下一品なのがカリフォルニアという街。そ...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...