宮崎で買える「水陸両用ショーツ」が、めちゃくちゃカッコいい!

男の夏の下半身は「水陸両用ショーツ」で決まり。海も街もフェスもキャンプも、たった一枚でカバーできます。

じゃあ一体、どれを買うべき?

思い浮かぶのは、アウトドアブランドやサーフブランドのモノかもしれません。でも、じつはもっと多くの選択肢がある!

©2019 TABI LABO

こちらの記事でも紹介した宮崎県のライフスタイルブランド「Short pants every day」から別モデルも。そこはなんといってもショートパンツ専門。気になるアイテムが多いです。

オリーブの部分がアクセントになっているわけですが、なんとここの素材は1950年代のチェコ軍のテント生地!ゆえに、モデル名は「TENT」。ボードショーツでありながら、ミリタリーテイストも感じられるのは新感覚です。オリーブ×ネイビーもカッコいい。

©2019 TABI LABO

バックポケットにも件のテント生地を使用。キーループやコインポットなど、基本的なつくりは「INDIGO RIP」同様ですが、パラシュートボタンはこちらのほうがやや大きめ。

こちらも1万6200円(税込)で、購入はオフィシャルwebページにて。

想像してみてください。爽やかな海辺と、このラギッドな一枚との組み合わせを!
Top image: © 2019 TABI LABO
マジで使える「水陸両用ショーツ」はこれだ!