相変わらず「O -」のショーツはスゴい!

男の夏の下半身は「水陸両用ショーツ」で決まり。海も街もフェスもキャンプも、たった一枚でカバーできます。

じゃあ一体、どれを買うべき?

思い浮かぶのは、アウトドアブランドやサーフブランドのモノかもしれません。でも、じつはもっと多くの選択肢がある!

©2019 TABI LABO

このコインケースも然りですが、相変わらず「遊び心と機能性」のバランスが秀逸だと思う「O -」の一枚。

とにかく軽いです。何も履いていないんじゃないかと心配になるほど。モデル名「Light Shorts」はダテじゃない。

フロントは、ジッパーフライでもボタンフライでもなく、ブランド定番(特許取得済)のマグネットボタンフライ。簡単にいうと、磁石で勝手に前が閉まります。オートロック(笑)。閉め忘れるリスクもありません。

©2019 TABI LABO

両サイドのポケットには、500mlのペットボトルだって入ります。スマホ用のポケットを内側の上段に配置することでシルエットが崩れにくい、という気の効かせようもナイス。表地をメッシュ裏面にたたき付けることで、ヒップ部分の汗の浸透軽減と補強も実現されています。

あらためてこのブランドの魅力は、今までの服の固定概念を覆しつつも、ちゃんとリアルクローズであるところだな〜。「ブラック」と「ネイビー」の2色展開で、2万7000円(税込)。6月中旬から原宿のFANなどで販売予定です。

Top image: © 2019 TABI LABO
マジで使える「水陸両用ショーツ」はこれだ!

関連する記事

「meanswhile」の水陸両用ショーツ「Equipment Board Shorts」です。
「Speedo」×「MISTERGENTLEMAN」の水陸両用ショーツ「WATER SHORTS」です。
「EVENFLOW」の水陸両用ショーツ「PALM CHECK POOLSIDE SHORTS」です。
「RVCA(ルーカ)」の水陸両用ショーツ「SAGE VAUGHN PROGRAM ELASTIC SHORT」です。
日本初のノンアルコール飲料専門ECサイトとして、ノンアルブームの一翼を担ってきた「MARUKU」が、プラベートブランド「MARUKU AF」を創設。第一弾...
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「TENT」です。
ライフスタイルブランド「Short pants every day」から「久留米絣(くるめがすり)」を使用したボードショーツが発売中。
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「INDIGO RIP」です。
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
〈GOOD OL'(グッドオル)〉の「BASCKET SHORTS(バスケットショーツ)」は、サイドスリットからのぞくカラフルなインナーメッシュがアクセン...
高機能なバッグブランドとして大ブレイクした〈BACH(バッハ)。その実力がいかんなく発揮されているのが「Roc Shorts(ロックショーツ)」です。特徴...
防護服やマスクをテーマにしたファッションブランド「SOUBI BY TAKASHI TESHIMA」。プロダクトやファッションの分野でデザイナーとして活動...
血液型によって性格や特徴が違う、あるいは関係ない。いろんな意見がありますが、ここでは長所短所を含めて、一般的によく言われるO型女性の性格や特徴をまとめてご...
格好良さ、機能性ありき。そのうえで環境に配慮されているサステイナブルなファッションブランドを3つピックアップ。
O型女性の8つの恋愛傾向をご紹介。ぜひ参考にしてみて。
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
ショーツに装着するタイプのトイをご紹介!
いつもほがらかなO型女性には、男女問わず、憧れの心を抱く人が大勢いるものです。意中のO型女性にとって、あなたが特別で魅力的な存在になるためにはどうしたらよ...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
昨年に続き、ニューノーマルを求められる2021年。在宅ワークはたしかに浸透したかもしれない。でも、皆がみな「家=シゴトの場所」とできているかは……。生活の...