「水着」なのに、経年変化を楽しめるなんて!

男の夏の下半身は「水陸両用ショーツ」で決まり。海も街もフェスもキャンプも、たった一枚でカバーできます。

じゃあ一体、どれを買うべき?

思い浮かぶのは、アウトドアブランドやサーフブランドのモノかもしれません。でも、じつはもっと多くの選択肢がある!

©2019 TABI LABO

「ショートパンツからはじまるFreedomなライフスタイルを感じてほしい」

そんな思いで宮崎県からショートパンツカルチャーを発信しているライフスタイルブランド「Short pants every day」の「INDIGO RIP」というモデル。

大胆にデザインされたセンターラインにはインディゴ染の生地を使用。履きこむことで味わいが出ます。デニムパンツのように経年変化を楽しめる水陸両用ショーツは、なかなかありません。

ウエストにはキーループとコインポットを配置するなど、当然ですが利便性にも配慮。

©2019 TABI LABO

表地のしっかりとしたハリもタウンユースを考えると嬉しいポイント。とはいえ、裏地は吸湿性・速乾性に優れるクールマックスのメッシュだから履き心地も軽やか!

とにかく、ブランドのアイデンティティとあわせて楽しみたい一枚。都内に取扱店がない希少性もイイですね〜。周囲とかぶりにくい。あ、もちろん、Made in Miyazakiです。

購入はオフィシャルwebページにて。1万6200円(税込)。

Top image: © 2019 TABI LABO
andmore
他の記事を見る
スニーカーのアッパーを取っ払って、そのまんま履けるようにした、大胆なシューズがこの「Link」。
数あるアウトドア用のフットウエアのなかから「ロングライフ=長く付き合う」という目線で厳選したモデルをご紹介。「ダナー」や「メレル」といったデイリーユースで...
「カーハート」「KAVU」「ヘリコンテックス」「クリフワークウェア」、心置きなく外遊びを満喫できる「丈夫さ」に特化したパンツを4つピックアップしました。
「ROSTER SOX」の靴下です。色で遊べ!#8
春先のキャンプや花見で頭を悩ませるアウター選びに終止符!「アンサー4」「ティートンブロス」「ELDORESO(エルドレッソ)」の軽くて携帯性に優れた機能性...
チェコのアウトドアブランド「Tilak」のトラベルライン「Poutnik(ポートニック)」。その「KNIGHT Pants」の紹介です。
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
シュラフや専用マクラ、スリーピングマットなど、外遊びの疲れを癒してくれるアウトドア用スリーピングギアを厳選してご紹介。「ZEROGRAM」「サーマレスト」...
「DIGAWEL」のORIGINAL FIT BELTです。色で遊べ!#2
チェコのアウトドアブランド「Tilak」のトラベルライン「Poutnik(ポートニック)」。その「RAVEN Turtleneck」の紹介です。
飛行機という限られた空間を快適にしてくれる便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?eチケットなどA4サイズの出力も折り畳んでしまえるキングジム「OLETTA...
チェコが誇るアウトドアブランド「ティラック」、世界中のクライマーから愛される北欧アウトドアブランド「フーディニ」、イギリスを代表するアウトドアメーカー「カ...
いつからだろう、機能性インナーを着用するのが当たり前になりました。同時に都市生活における寒さ対策はある程度解決したように思います。電車やタクシー、オフィス...
弾を詰め込んで発砲する銃とは違い、人を傷つけることなく動きを止められる「BolaWrap 100」。スタンガンや催涙スプレーとも一線を画す存在です。
Nikeがアフリカ系の人々に敬意を表する「Black History Month」に合わせて、2019年のコレクションを発表しました。
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
「COMESANDGOES」のキャップです。色で遊べ!#6
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「TENT」です。
「meanswhile」の水陸両用ショーツ「Equipment Board Shorts」です。
「Speedo」×「MISTERGENTLEMAN」の水陸両用ショーツ「WATER SHORTS」です。
「RVCA(ルーカ)」の水陸両用ショーツ「SAGE VAUGHN PROGRAM ELASTIC SHORT」です。
「EVENFLOW」の水陸両用ショーツ「PALM CHECK POOLSIDE SHORTS」です。
「O -」の水陸両用ショーツ「Light Shorts」です。
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
「ヒュー!日向」のキャッチコピーでおなじみの宮崎県日向市のPRムービーが、2018年も出た。TABI LABOはこの圧倒的にポジティブなオーラを放つPR動...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...