「水着」なのに、経年変化を楽しめるなんて!

男の夏の下半身は「水陸両用ショーツ」で決まり。海も街もフェスもキャンプも、たった一枚でカバーできます。

じゃあ一体、どれを買うべき?

思い浮かぶのは、アウトドアブランドやサーフブランドのモノかもしれません。でも、じつはもっと多くの選択肢がある!

©2019 TABI LABO

「ショートパンツからはじまるFreedomなライフスタイルを感じてほしい」

そんな思いで宮崎県からショートパンツカルチャーを発信しているライフスタイルブランド「Short pants every day」の「INDIGO RIP」というモデル。

大胆にデザインされたセンターラインにはインディゴ染の生地を使用。履きこむことで味わいが出ます。デニムパンツのように経年変化を楽しめる水陸両用ショーツは、なかなかありません。

ウエストにはキーループとコインポットを配置するなど、当然ですが利便性にも配慮。

©2019 TABI LABO

表地のしっかりとしたハリもタウンユースを考えると嬉しいポイント。とはいえ、裏地は吸湿性・速乾性に優れるクールマックスのメッシュだから履き心地も軽やか!

とにかく、ブランドのアイデンティティとあわせて楽しみたい一枚。都内に取扱店がない希少性もイイですね〜。周囲とかぶりにくい。あ、もちろん、Made in Miyazakiです。

購入はオフィシャルwebページにて。1万6200円(税込)。

Top image: © 2019 TABI LABO
マジで使える「水陸両用ショーツ」はこれだ!
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「TENT」です。
「meanswhile」の水陸両用ショーツ「Equipment Board Shorts」です。
「Speedo」×「MISTERGENTLEMAN」の水陸両用ショーツ「WATER SHORTS」です。
「RVCA(ルーカ)」の水陸両用ショーツ「SAGE VAUGHN PROGRAM ELASTIC SHORT」です。
カニエ・ウェストがトラヴィス・スコットを迎えた新曲『Wash Us In The Blood』をリリース。虐殺、奴隷といった単語が登場し、現在も進行中であ...
「EVENFLOW」の水陸両用ショーツ「PALM CHECK POOLSIDE SHORTS」です。
「O -」の水陸両用ショーツ「Light Shorts」です。
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
「Smart Rope PURE」は、高性能センサーを内蔵。回数や消費カロリーを計測し、スマホで確認して効果的な有酸素運動を実行できる進化した縄跳びだ。
二度見しちゃうこと間違いなし!晴れた日にはレーニア山が見える「空中庭園」。形もまるで彫刻のようで、ラウンジ内にいてもビル外から見上げてもオシャレなデザインだ。
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
世界中が注目する次世代型移動サービス「MaaS(Mobility as a Service)」。この社会実装の第一歩として、今月1日より、移動型のシェアリ...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
「ヒュー!日向」のキャッチコピーでおなじみの宮崎県日向市のPRムービーが、2018年も出た。TABI LABOはこの圧倒的にポジティブなオーラを放つPR動...
サーフ界のレジェンド、ケリー・スレーターの4年ぶりの来日が決定。1990年のデビュー以来、11度もワールドタイトルを獲得しているパフォーマンスを九州・宮崎...
防護服やマスクをテーマにしたファッションブランド「SOUBI BY TAKASHI TESHIMA」。プロダクトやファッションの分野でデザイナーとして活動...