近年の変化に驚愕!「北京ファッションの今」。

仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。

今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変化じゃなくて、普通の人たちの変化への対応っぷりです。

今回は、そのなかでも北京のファッショントレンドについて書いてみたいと思います(私は現在ライターよりデザイナー兼スタイリストとして仕事をすることが多いので!)。 

ボーダーのトップスにチノパン!?

中国人のファッションってどんなイメージを持っていますか?

ほんの少し前までは、全身ブランドロゴの観光客を日本で目にすることも多かったように思います。中国で韓国風ファッションが人気を博し、韓流ストリート系の若い人たちが多かったのも、すでに数年前のこと。

今、北京のファッションの中心地である三里屯や、ビジネス街を擁する朝陽区の中流から上流の大人たちの服装には、多くの日本人がイメージするようなバブリーな雰囲気はまったくありません。

今夏、北京の女性たちが好んで取り入れていたトレンドはストライプシャツ。それもフェミニンなパフスリーブだったり、フリルだったりと、女らしいフォルムが人気でした。大ぶりなワンピやチュニックタイプもよく見かけました。

品の良いシャツ姿の男女も多かったのですが、こちらは色みに特徴が。グレイやラベンダー、サンドベージュといった天然素材で染め抜いたようなカラーが好まれていました。乾いた砂漠の中にある北京の空気に、とても似合う中国的なカラーです。

そして、初秋になって真っ先に目に付いたトレンドは、なんとボーダー!

パリじゃないよ、北京だよ?

男女問わず、クラシックなマリンボーダーにチノパンの人をたくさん見かけました。背が高く、胸を張って大股に歩く彼らにとってもよく似合っています。

キーワードは「大气」。

そうです。北京にはもう、全身ブランドづくめみたいな人はいません(いや、厳密にはいるのでしょうが、少なくとも主流ではありません)!

グローバル経済のなかでも特異な位置を占める中国。そのポジションと同様に、ファッショントレンドにおいても日本やその他のアジア諸国、欧米のそれと似ているようで、ちょっと違う部分があります。

そして最近とみにこの“ちょっと違う”がいい意味で強く打ち出され始めているなあと思うのです。

何が北京らしさを作っているのか気になって、ファッション関係の友人の女性に聞いたところ、中国の人は「大气」というキーワードをファッションで大切にしていると教えてくれました。自然美と同化し、威風堂々としている様を指すこの言葉。前述のトレンドでいうと、フリル、チュニック、シルク、麻、アースカラーやナチュラルカラー……などは確かに大气の要素を持っているかもしれません。

伝統的な美意識がうまくトレンドに取り入れられていて、それが「ああ、これは北京の女性にしかできない着こなしだなあ」と思わせる個性になっています。メイクに関しても同様。すっぴんの人が多いのも、大气を感じる一因かも。

トレンドを追いながらも、どこかクラシックで、オーガニックで、しかも自信に満ちた北京のファッション。

アジアのトレンドをここから発信する日も遠くないように思えます。

ちなみにデジタルの進化も大いに影響していて、北京の女性はミニポシェットを高確率で愛用しています。長財布なんて絶対に入らないぐらいのコンパクトなもの。北京はモバイル決済先進都市、スマホさえあればお出かけOKだからこそのトレンドです。

中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
数年前、中国の遊園地の植え込みで親が子どもにオシッコさせている! というニュースが日本でも話題になりました。衝撃を受けた人もいると思いますが、1年の半分を...
中国の配車アプリ『滴滴出行』。普通のタクシー、時間帯によってお得な白タク、ミネラルォーターのサービスもあるプレミアムな黒タク、さらには大型車など車種までも...
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
日本でも『LINE』などでグループチャット機能を使っている人は多いと思います。中国でもグループチャットは盛んで、仕事でも当たり前に使われています。
北京で生活していると、日本人と中国人の考え方の違いに気づくことが多々ありますが、今回は“スキル”の話です。多くの中国人が絶対に日本人より高いスキルを持って...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
2015年9月3日、中国の北京で終戦70周年のパレードが行われました。しかし、その式典の内容とは別に、その前後で変わった街の空の様子にも注目が集まっていま...
本日11月11日は、中国では1並びの「独身の日」です。毎年EC各ショップではこれにあやかってセールを行います。とくに中国最大のショッピングサイト『淘宝(タ...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
北京に行った時、大気汚染で最も深刻な状態を表す「赤色警報」が出ていた。日の光がスモッグで霞んでオレンジがかり、午前なのにまるで夕方のような光景だったのを覚...
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
ゆる〜いイラストで、東西の文化の違いを描いているのは、北京出身のSiyu。彼女は、北京で成長した後、アメリカ、イギリス、フランスで10年間ほど暮らしていた...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
生まれつきキャットアイ症候群を患うCaitin Stickelsさん。Instagramを通して知り合った有名フォトグラファーに写真を撮ってもらい雑誌に載...
中国の海南航空は、制服を一新することを発表した。注目すべきは、そのスタイル。まるでファッション誌に登場するくらいにスタイリッシュなのだ。デザインを担当した...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。