この自転車は、「かつての北京」を取り戻すためのチャレンジだ

北京に行った時、大気汚染で最も深刻な状態を表す「赤色警報」が出ていた。日の光がスモッグで霞んでオレンジがかり、午前なのにまるで夕方のような光景だったのを覚えている。

同じような体験をしたことをキッカケに、ある自転車を開発したのは、オランダ人アーティストDaan Roosegaardeさん。今までの大気汚染対策は、「いかに汚さないか」がメインだったが、これならすでに汚れてしまった空気を少しずつ綺麗な状態に戻せるかもしれない。

乗れば乗るほど、
汚染物質を取り除く

Bba6f0fa07aa76b9c8ba060c310aa6f089db3619

彼が考えたのは上のようなイメージ。この自転車で走れば、ハンドル箇所に搭載されたフィルターを汚染された空気が通り抜けることで、有害な物質がカットされるらしい。

で、どのようなフィルターかというと──。

59f48dea097845629cbb04c0cb311a4a0eaf7187

北京と天津で大型空気洗浄機として活躍中の「Smog Free Tower」に使用されているもの。このタワーも同じくDaanさんが設計しているそうで、ある研究者曰く、マスクでもカットするのが難しいと言われるPM2.5を50%も取り除いてくれるのだとか。

F003deab13c3740f4076b867220946e97f34b8cc

他には、カットした汚染物質を閉じ込めたジュエリーを作る、なんてことも。自転車、タワー、ジュエリーの3つの活動を総称し「Smog Free Project」と呼んでいるそう。この取り組みは、中国政府からも支援を受けているようだ。

北京のイメージを一新させるため

ご存知の通り、中国では大気汚染が深刻。それに伴い、自転車に乗る人も減少中。だからこそ、多くの人がクルマを選び、結果として排気ガスが増えてしまう悪循環があるとのこと。

そこで、彼はこう言う。

昔は、北京といえば自転車が多いというイメージだった。もう一度、文化的な象徴として人気を取り戻したいし、大気汚染がない都市を目指したいと思っている

ちなみに、この自転車は現在開発段階。いま注目が集まっている同国のシェアバイク「Mobike」への搭載も目指しているとのこと。

Licensed material used with permission by Studio Roosegaarde
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
大気汚染のレベルで模様が変わる服がNYのデザイナーによって開発されました。
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
「息をするのも苦しい」ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に、記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り...
「なんだか空気が悪そうだな…」という時に役立ちそうなアイテム「PocketLab Air」。温度や湿度や気圧、二酸化炭素濃度やPM(粒子状物質)などを測定...
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。
ブラックやホワイト、ヘザーグレーなどカラバリ豊富で迷っちゃいそうだけど、ランジェリーという視点で選ぶならベビーピンク一択。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...