空気が汚くなればなるほど、街中に「恐怖のメッセージ」が浮かび上がる。

「息をするのも苦しい」

ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り組みのひとつ。浮き上がった切実な言葉は、一体誰からのメッセージ?

中南米で2番目に
汚染された都市

世界保健機関(WHO)によると、ペルー共和国の首都リマは、中南米で2番目に大気汚染が進んだ都市なのだそう。

そこで、ペルーのガス会社CALIDDAは、より環境にやさしい天然ガスの利用を促進するため、あるキャンペーンを行いました。

それがこの「都市の声」を表す巨大看板。

大気中の汚染物質が
文字になって現れる

巨大看板は、汚染物質を吸着する特殊なスクリーンでできているそうです。大気中の汚染物質が多くなればなるほど、文字がはっきりと浮き上がる仕組みに。

ME CUESTA MUCHO RESPIRAR(息をするのも苦しい)」

空気が汚くなればなるほど、強く濃く浮き上がるメッセージ。それはリマの街の叫び声。

大気汚染の度合いを視覚化し、それを「都市の声」として表現したこの取り組み。街で見かけたら考えされられてしまいそうです。

Licensed material used with permission by McCann Lima
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
大気汚染のレベルで模様が変わる服がNYのデザイナーによって開発されました。
「なんだか空気が悪そうだな…」という時に役立ちそうなアイテム「PocketLab Air」。温度や湿度や気圧、二酸化炭素濃度やPM(粒子状物質)などを測定...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!