空気が汚くなればなるほど、街中に「恐怖のメッセージ」が浮かび上がる。

「息をするのも苦しい」

ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り組みのひとつ。浮き上がった切実な言葉は、一体誰からのメッセージ?

中南米で2番目に
汚染された都市

9927e051922559c543eccd794a701d139efe012e11208933bf96a0b48afeb5e05425f5d574afd52f

世界保健機関(WHO)によると、ペルー共和国の首都リマは、中南米で2番目に大気汚染が進んだ都市なのだそう。

そこで、ペルーのガス会社CALIDDAは、より環境にやさしい天然ガスの利用を促進するため、あるキャンペーンを行いました。

それがこの「都市の声」を表す巨大看板。

大気中の汚染物質が
文字になって現れる

6f3c77cbc8601d44dfd340d239b5bdd3f78659edC2f416c7041f727393415bbca106131fedfefd1d

巨大看板は、汚染物質を吸着する特殊なスクリーンでできているそうです。大気中の汚染物質が多くなればなるほど、文字がはっきりと浮き上がる仕組みに。

ME CUESTA MUCHO RESPIRAR(息をするのも苦しい)」

空気が汚くなればなるほど、強く濃く浮き上がるメッセージ。それはリマの街の叫び声。

大気汚染の度合いを視覚化し、それを「都市の声」として表現したこの取り組み。街で見かけたら考えされられてしまいそうです。

Licensed material used with permission by McCann Lima
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
大気汚染のレベルで模様が変わる服がNYのデザイナーによって開発されました。
「なんだか空気が悪そうだな…」という時に役立ちそうなアイテム「PocketLab Air」。温度や湿度や気圧、二酸化炭素濃度やPM(粒子状物質)などを測定...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
『キャドバリー』の「デイリーミルク」です。
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
北京に行った時、大気汚染で最も深刻な状態を表す「赤色警報」が出ていた。日の光がスモッグで霞んでオレンジがかり、午前なのにまるで夕方のような光景だったのを覚...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
「Via Verde」は高速道路の柱に緑を植えようというもの。ひとりの声から始まったこのプロジェクトは、メキシコ政府を動かすまでに成長しました。
家にいながら、たくさんの植物に囲まれて、心地よいハンモックの上で寛ぐ。こんな部屋にいたら、めいいっぱい深呼吸をして、爽やかな気分で1日を過ごせるんだろうな...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
編集部より、1月にいただいたSarahahにお返事です。たくさんのメッセージ、ありがとうございました!
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
2015年9月27日、晴天。パリの空は、いつもと比べて青かったという。それもそのはず、この日のパリ市内は車が極端に少なかったのです。パリ中心地を1日歩行者...