インドの大気汚染問題に対する、MITメディアラボ独自のアプローチ

大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だろう。とはいえ、現地の人々の大切な足となっているだけに、利用を制限するのもなかなか難しいはず。

それならば、その排気ガスを有効利用してしまえばいいのでは?という発想の転換からスタートしたのが、ここで紹介するプロジェクト。

問題解決への第一歩

694433af73f8d9ebf233d251a89adef346a0412d

MITメディアラボが主導するプロジェクトは、自動車の排気ガスから煤(すす)を採取して無毒化したのち、インクに変えるという画期的なもの。そして、そのインクを搭載したペンが「AIR-INK」だ。

22c7e37784ab9e5ffb9b12036ac9f166f379fe92

こちらが実際の採取の様子。独自の装置を自動車のマフラーに取り付ける模様。それにしても、とんでもなく酷い黒色…。

28b257e8c1f1998e2a6893fc1ac8d66e41b59fdb

重金属や発癌性物質を煤から除去。市場に出ているものと同じくらい安全なインクに生まれ変わるとのこと。

113bec03bb3a8360bda78d06b045cd97811ad766

ちなみに、インドで45分間自動車を走行させると、30mlの「AIR-INK」に必要な煤を採取できるらしい。逆にいうと、理論上は、30mlの「AIR-INK」を使い切れば、その分の大気汚染を防げるということに。

1977ac3e2b03bcb918c1c4e93fc8d406c2f77991

アイデア自体は優れていても、実用性に問題があればなかなか普及しづらい。しかし、この「AIR-INK」は、その課題もクリアしていると言えそう。たとえば、香港のアーティストKristopher Hoは、以下の通りその使い心地を絶賛している。

エコフレンドリーな選択肢をもたらしてくれるだけでなく、とてもクオリティが高い。インクが濃くて、デコボコした面にも滲みなく描くことができるよ」

C6dd4672ccca40b8441a5fe9ba87a05f5a68369a

現在、「Kickstarter」で製品化へ向けたクラウドファンディングを実施中。目標額14,000シンガポールドル(約111万円)に対して28,800シンガポールドル(約229万円)もの調達に成功している。

たしかに、このプロジェクトで減らすことのできる大気汚染物質の量は、環境問題をドラスティックに解決するには少なすぎるかもしれない。でも間違いなく、すべてはこうした一歩から始まるはず。目標額の倍以上となる出資金が、賛同や期待の何よりの証明ではないだろうか。

Licensed material used with permission by Graviky Labs, facebook
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。
「息をするのも苦しい」ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に、記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り...
「なんだか空気が悪そうだな…」という時に役立ちそうなアイテム「PocketLab Air」。温度や湿度や気圧、二酸化炭素濃度やPM(粒子状物質)などを測定...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
調味料をちょい足ししたり、ほんの少しのひと手間で、驚くほどおいしく味わえるこんな方法を知っておくと、何かと役に立つはずです。
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
北京に行った時、大気汚染で最も深刻な状態を表す「赤色警報」が出ていた。日の光がスモッグで霞んでオレンジがかり、午前なのにまるで夕方のような光景だったのを覚...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
2015年9月27日、晴天。パリの空は、いつもと比べて青かったという。それもそのはず、この日のパリ市内は車が極端に少なかったのです。パリ中心地を1日歩行者...
家にいながら、たくさんの植物に囲まれて、心地よいハンモックの上で寛ぐ。こんな部屋にいたら、めいいっぱい深呼吸をして、爽やかな気分で1日を過ごせるんだろうな...
「Via Verde」は高速道路の柱に緑を植えようというもの。ひとりの声から始まったこのプロジェクトは、メキシコ政府を動かすまでに成長しました。
人類が発明した便利な素材「プラスチック」。低コストながら加工性も高いので、生活のあらゆる場所で使われていますが、基本的に自然のなかでは分解されず、環境汚染...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
地球以外の惑星に人類が住めるようにする、テラフォーミング。現在は火星が一番適していると考えられていますが、そんな火星には数十億年前には「大気と水」が存在し...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
使いたいときに油性ペンのインクが出ない。俗に言うインク切れは、ほとんどの場合ペンの内部でインクが乾いてしまっているのが原因。つまり、この“乾き”さえ解決で...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。