中国で始まった豪快すぎる「大気汚染対策」

深刻化する中国のPM2.5。

これは午前中でも夕方かと思わせるようなオレンジ色の空が広がる、大気汚染の一因となる。

自転車に空気清浄機をつける構想も発表されている。が、小さなアクションでは解決できないと言わんばかりのプロジェクトが西安で始まった。

これ、とても豪快だ。

PM2.5の数値を
12%も下げる空気清浄機

ご存知の通りPM2.5は、脳卒中や心臓疾患、肺がんの原因にもなりうる。そこで、David Y. H. Pui教授率いるチームが開発したのが巨大空気清浄機だ。高さは60mもある。

頭に思い浮かぶのは、花粉よりも小さいと言われているPM2.5を、こんなに大きな装置で大気中から取り除くことが可能なのか?という疑問。

Pui教授によれば、設置されている周辺地域はそうでない場所に比べ、PM2.5の数値が12%も低いらしい。

社会問題に対するスタンスは、その国や地域の色が出やすい。

汚染物質をなるべく減らす地道なタイプもあれば、環境を汚さない代替エネルギーを開発するイノベーティブな方法もある。中国の対策には「豪快さ」を感じ取れる。

Pui教授の計画はまだ終わりではない。現在は、長期的なインパクトも測定中とのこと。さらに、高さ500mの空気清浄機を作る予定もある。

Licensed material used with permission by David Y.H. Pui
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。
大気汚染のレベルで模様が変わる服がNYのデザイナーによって開発されました。
「息をするのも苦しい」ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に、記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り...
「なんだか空気が悪そうだな…」という時に役立ちそうなアイテム「PocketLab Air」。温度や湿度や気圧、二酸化炭素濃度やPM(粒子状物質)などを測定...
暮らしのヒントになる「フェイクグリーン」の話題を集めてみました。家で過ごす時間がいつもより多くなったからこそ、フェイクならではの楽しみかたで、自分らしいグ...
「米航空宇宙局(NASA)」は、今月2日に大気汚染の原因となっている二酸化窒素の濃度が中国各地で大幅に減少していることを示す衛星写真を公開した。
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
北京に行った時、大気汚染で最も深刻な状態を表す「赤色警報」が出ていた。日の光がスモッグで霞んでオレンジがかり、午前なのにまるで夕方のような光景だったのを覚...
オランダを拠点にする「Studio Roosegaarde」が開発したこの看板は、周辺の汚れた大気を吸収して酸素を排出するという特殊な機能をもった樹脂でコ...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
性交痛を改善するために使う「OHNUT(オーナット)」。男性器の根本に付けることでサイズを調整し、クッションのような働きをしてくれるドーナツ型のリングです。
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
テクノロジー企業「AŌ AIR」によって開発された空気洗浄マスク型ガジェット「ATMŌS」は、通常のマスクの50倍の効果があるという高性能フィルターを通さ...
「Via Verde」は高速道路の柱に緑を植えようというもの。ひとりの声から始まったこのプロジェクトは、メキシコ政府を動かすまでに成長しました。
10月2日、インドのモディ首相は国民向けの演説で、2022年までに国内における使い捨てプラスチックの使用を全面的に禁止するよう訴えた。
4月9日、「Airbnb」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「体験」の新カテゴリ「オンライン体験」を提供開始すると発表した。
「ペットが家にいますステッカー」は、外出中、飼い主の身に万が一の事態が発生した場合、救急隊員をはじめその場にいる人に"ペットが家にいること"を伝えるもの。...
「Kickstarter」で資金調達をおこない目標を大幅に達成したセンサーデバイス「PocketLab Air」。携帯とBluetoothで接続することで...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
インペリアル・カレッジ・ロンドンとスタートアップ企業の「Arborea」がタッグを組み、大気汚染の軽減に一役買うと期待される「BioSolar Leaf」...
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。