1日45本の喫煙に匹敵する、殺人的なインドの大気汚染。

BRICSの1つの国として、著しい経済発展を遂げているインド。その反面、深刻化する大気汚染も、よく話題にあがります。例えば、ニューデリーの汚染は、1日45本の喫煙に相当するという話も。

そんな問題に対する注意を喚起するため、アーティストAnirudh Sharmaさんは、ユニークなプロジェクトを進めています。

始まりは
Tシャツの「黒ずみ」から

Anirudhさんは、ある日、自分の着ているTシャツが排気ガスによって、黒ずんでいることに気づいたそう。危機感を覚えた彼は、「何かできることはないか?」と考え、Graviky Labsを立ち上げたのです。

始めたのは、大気汚染物質を集めて、インクにするというプロジェクトでした。

具体的には、車の排気口に専用フィルターを取り付けて、汚染物質を集めるようです。そこからヘビーメタルや発がん性物質を取り除いて、インクを完成させるとのこと。

それを使って、描かれたアートがこちら。

人に害を及ぼす大気汚染を、人を惹きつけるアートにする取り組み。アイデア次第で、僕たちの生活を180度変えるきっかけになるのかもしれません。

Reference:CNN
Licensed material used with permission by Graviky Labs(HP), (Facebook), (Twitter), (Instagram)
10月2日、インドのモディ首相は国民向けの演説で、2022年までに国内における使い捨てプラスチックの使用を全面的に禁止するよう訴えた。
大気汚染のレベルで模様が変わる服がNYのデザイナーによって開発されました。
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
「息をするのも苦しい」ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に、記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り...
今回は代々木上原にある「No.」のオシャレノンアルコールカクテル。わざわざ酔っぱらわなくてもオシャレな雰囲気でおいしいカクテルが飲めるらしい。っちゅうこと...