「世界最悪レベル」のインドの大気汚染&ゴミ問題が解消される?

10月2日、インドのモディ首相は国民向けの演説で、2022年までに国内における使い捨てプラスチックの使用を“全面的”に禁止するよう訴えた。

首相はこの日、“独立の父”と呼ばれるマハトマ・ガンディーの生誕150周年を記念する式典に参加。1947年のイギリスからの独立に至るまでの活動をはじめとする、彼の功績を称した。

インドは、首都のニューデリーが「世界最悪レベル」といわれるほどに大気汚染問題が深刻。先日も行政当局によって「自動車通行規制」(11月の一部期間)の実施が発表されたばかりだ。

国連の「気候変動サミット」でも、温室効果ガス削減の具体策を示さなかっただけに、同首相のプラスチック使用禁止に関するこの発言は大きな一歩といえるだろう。

Top image: © iStock.com/kckate16, iStock.com/smartboy10, 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
大気汚染のレベルで模様が変わる服がNYのデザイナーによって開発されました。
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...