「世界最悪レベル」のインドの大気汚染&ゴミ問題が解消される?

10月2日、インドのモディ首相は国民向けの演説で、2022年までに国内における使い捨てプラスチックの使用を“全面的”に禁止するよう訴えた。

首相はこの日、“独立の父”と呼ばれるマハトマ・ガンディーの生誕150周年を記念する式典に参加。1947年のイギリスからの独立に至るまでの活動をはじめとする、彼の功績を称した。

インドは、首都のニューデリーが「世界最悪レベル」といわれるほどに大気汚染問題が深刻。先日も行政当局によって「自動車通行規制」(11月の一部期間)の実施が発表されたばかりだ。

国連の「気候変動サミット」でも、温室効果ガス削減の具体策を示さなかっただけに、同首相のプラスチック使用禁止に関するこの発言は大きな一歩といえるだろう。

Top image: © iStock.com/kckate16, iStock.com/smartboy10, 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
大気汚染のレベルで模様が変わる服がNYのデザイナーによって開発されました。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...