「タバコの吸殻」でインドの環境を改善するプロジェクト

2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。スターバックスやマクドナルドが、使い捨てプラスチック製ストローの提供廃止を発表したのが大きく影響しているのかもしれませんね。

インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改善に取り組んでいました。それはタバコのフィルター部分に種を埋め込んで、植物を育てようというプロジェクト。この特製フィルターの販売も同時進行です。

“種入りフィルター”だから捨ててもいいよという訳ではなく、ポイ捨てをする人が一向に減らないから、少しでも環境に良いことをしよう!と考えたのがスタートなんだとか。だから、道端やビーチに落ちている吸殻さえなくなれば、フィルターが売れなくなっても気にしないと言います。

潔くてかっこいい!

©2016 Prasadam
©2016 Prasadam
Top image: © 2016 Prasadam
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
10月2日、インドのモディ首相は国民向けの演説で、2022年までに国内における使い捨てプラスチックの使用を全面的に禁止するよう訴えた。
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のStrap Mocです。