教えてGoogle「一番近くの清潔なトイレ」はどこ?(インド)

Googleとインド政府が協力して開発したアプリが、現在、実用化に向けてデリーで試験導入中。なんでもこのアプリを使いこなせば、急にもよおしたとしても、慌てることなくトイレにたどり着けるそう。

いわゆる「トイレ検索アプリ」、ですがその活用がインドのライフスタイルを大きく変える可能性を秘めているんだとか。

トイレの位置情報を
一元管理するアプリ

インド都市開発省(MoUD)とGoogleが共同開発を進めるこのアプリ「toilet locator」は、Googleマップ上に自分のいる位置から最寄りのトイレの場所を教えてくれるというもの。

類似のアプリはいくつかあるものの、このアプリはGoogleマップと連動することで、たんにトイレの位置を知らせるだけでない付加機能がウリ。たとえば、Google検索で「toilet」、「lavatory」と英語での入力だけでなく、「swach」、「swachhata」、「shauchalay」など、ローカル限度でトイレを意味するワードにも対応するそう。

ほかにもSNSとの連動を図り、実際の利用者のフィードバックを生かしてどこのトイレが安全で、清潔で、使用可能なのかなど、より利便性の高い情報収集に努める予定。評判の悪いトイレはマップから削除していくことも検討している、と「Engadget」の記事は伝えています。

こうした背景には、このアプリが海外からの旅行者向けのものでなく、インドに暮らす人々にも広く普及して欲しい、という狙いがありました。

トイレのない世帯が70%
ひっ迫するトイレ事情

人口がまもなく13億人に達する勢いのインド。そこに暮らすおよそ70%近くが、「家にトイレのない世帯」と言われています。一部の富裕層や都市生活者をのぞけば、トイレはほぼ共同トイレを使用する状況。農村部では、小さなトイレを一日に1,000人近くが利用することもあるそうです。

そのため、衛生環境はどうしたって劣悪に。さらに女性たちには身の危険も。ならば、もう外でしてしまえ!という理由ではないでしょうが…世界銀行の統計によると、インド全世帯の約53%が屋外(おもに路上や河原)で排泄をする状態だとか。

けれど、これとて水質汚染や病気の蔓延を招くだけ。こうした現状にインド政府は、近年普及が広がるスマホを使い、トイレの場所を知らせるアプリ開発をGoogleに依頼した、という訳です。

「寺院よりも、トイレを!」

かつて、北西部に位置するグジャラードの州知事を務めていたNarendra Modi氏は、議会の壇上からこう述べ、自国のトイレ事情に警鐘を鳴らしました。

指導者という立場上、私の口からこんなことを言うのは控えるべきなのでしょう。それでもやはり言わなければいけない。Pehle shauchalaya, phir devalaya!(何よりまずはトイレを、寺院の建設は二の次なのです!)」。

 州知事としての立場だけでなく、彼がヒンドゥー至上主義のアイコン的存在でもあったことから、氏のメッセージは物議をかもし、インド国内に衝撃を与えたことを「DNA India」の記事が伝えています。

どれだけ便利なアプリが開発されても、用途を満たすトイレの数が足りていなければ、絵に描いた餅。当然、Googleもそのことに注力しているようです。2019年までにインド国内でトイレ新設にも貢献していく用意があるんだそう。

2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
先日旅行で廈門市を訪れましたが、そこで利用したトイレが以前北京で経験した「ニーハオトイレ」と違いすぎて驚きました。リゾート地だったからかもしれませんが、中...
3月24日、世界最大級のアダルトサイト「Pornhub」が有料サービス「Pornhub Premium」を無料にすると全世界に向けて発表した。
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
2006年、ポートランドに設置された公衆トイレ。オレゴン州からマサチューセッツ州やニュージャージ州に広がり、今年に入ってからはワシントン州やテキサス州も導...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
「フォルクスワーゲン」は、EV化をサポートする企業「eClassics」と手を組んで製作した「ワーゲンバス」の電動モデル「e-BULLI」を発表。
国連が定めた「世界トイレの日」の本日、NPO法人「日本トイレ研究所」が訪日外国人に向けてトイレの使い方動画「 The robot toilets in j...
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
コペンハーゲンで開発された「Lapee」は、女性なら誰もが経験したことのある悩みを解決してくれる簡易トイレだ。
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
こんな時だからこそ──。そう言えば、何を意味しているのかは分かると思います。いろんな不安や不満はあるけど、今よりも少しだけ、ほんのちょっとでもいいから、明...
大学進学や就職・転職での引っ越しなど人生の転機をむかえた女性が友人を作り、ライフスタイルを充実させてもらうことを目的としたアプリ「tipsys」。2017...
10月2日、インドのモディ首相は国民向けの演説で、2022年までに国内における使い捨てプラスチックの使用を全面的に禁止するよう訴えた。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
尿中に含まれるメタボリズム(代謝)情報を医療に役立てようと「スマートトイレ」の開発が進んでいる。研究をおこなっているのは、ウィスコンシン大学マディソン校と...
インド南部バンガロールで夜通し行われる「Fireflies Festival of Music」。この音楽フェスの一番の特長となるもの、それは「ホタル」。...
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
公衆トイレを使用する際、便座の汚れが気になって仕方ない!という人、多いかもしれません。中にはトイレットペーパーを敷いたり、事前に便座をふいたりする人もいる...