教えてGoogle「一番近くの清潔なトイレ」はどこ?(インド)

Googleとインド政府が協力して開発したアプリが、現在、実用化に向けてデリーで試験導入中。なんでもこのアプリを使いこなせば、急にもよおしたとしても、慌てることなくトイレにたどり着けるそう。

いわゆる「トイレ検索アプリ」、ですがその活用がインドのライフスタイルを大きく変える可能性を秘めているんだとか。

トイレの位置情報を
一元管理するアプリ

Ee0a17b6d0b8d6d742f307be9b76bcc1eb18005c

インド都市開発省(MoUD)とGoogleが共同開発を進めるこのアプリ「toilet locator」は、Googleマップ上に自分のいる位置から最寄りのトイレの場所を教えてくれるというもの。

類似のアプリはいくつかあるものの、このアプリはGoogleマップと連動することで、たんにトイレの位置を知らせるだけでない付加機能がウリ。たとえば、Google検索で「toilet」、「lavatory」と英語での入力だけでなく、「swach」、「swachhata」、「shauchalay」など、ローカル限度でトイレを意味するワードにも対応するそう。

ほかにもSNSとの連動を図り、実際の利用者のフィードバックを生かしてどこのトイレが安全で、清潔で、使用可能なのかなど、より利便性の高い情報収集に努める予定。評判の悪いトイレはマップから削除していくことも検討している、と「Engadget」の記事は伝えています。

こうした背景には、このアプリが海外からの旅行者向けのものでなく、インドに暮らす人々にも広く普及して欲しい、という狙いがありました。

トイレのない世帯が70%
ひっ迫するトイレ事情

2e676a45ca5b4abc2929492cf9c682deed3b09d4

人口がまもなく13億人に達する勢いのインド。そこに暮らすおよそ70%近くが、「家にトイレのない世帯」と言われています。一部の富裕層や都市生活者をのぞけば、トイレはほぼ共同トイレを使用する状況。農村部では、小さなトイレを一日に1,000人近くが利用することもあるそうです。

そのため、衛生環境はどうしたって劣悪に。さらに女性たちには身の危険も。ならば、もう外でしてしまえ!という理由ではないでしょうが…世界銀行の統計によると、インド全世帯の約53%が屋外(おもに路上や河原)で排泄をする状態だとか。

けれど、これとて水質汚染や病気の蔓延を招くだけ。こうした現状にインド政府は、近年普及が広がるスマホを使い、トイレの場所を知らせるアプリ開発をGoogleに依頼した、という訳です。

「寺院よりも、トイレを!」

かつて、北西部に位置するグジャラードの州知事を務めていたNarendra Modi氏は、議会の壇上からこう述べ、自国のトイレ事情に警鐘を鳴らしました。

指導者という立場上、私の口からこんなことを言うのは控えるべきなのでしょう。それでもやはり言わなければいけない。Pehle shauchalaya, phir devalaya!(何よりまずはトイレを、寺院の建設は二の次なのです!)」。

 州知事としての立場だけでなく、彼がヒンドゥー至上主義のアイコン的存在でもあったことから、氏のメッセージは物議をかもし、インド国内に衝撃を与えたことを「DNA India」の記事が伝えています。

どれだけ便利なアプリが開発されても、用途を満たすトイレの数が足りていなければ、絵に描いた餅。当然、Googleもそのことに注力しているようです。2019年までにインド国内でトイレ新設にも貢献していく用意があるんだそう。

公衆トイレを使用する際、便座の汚れが気になって仕方ない!という人、多いかもしれません。中にはトイレットペーパーを敷いたり、事前に便座をふいたりする人もいる...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
毎日疲れて帰っても、とびっきりのかわいさで癒してくれる、愛犬。でも、室内でのウンチやオシッコの始末は、悩みの種。トイレの場所を教えておいても、時間が経つと...
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
ロンドンをベースにするアーティストScott Conrad Kellyが、100箇所以上のトイレの落書きから、男女が描く内容の違いを解析したプロジェクト「...
トイレの夢を見て目を覚ましたことはあるでしょうか。目覚めとしては決して良いものではありませんが、昔からトイレの夢は吉夢として伝わっています。トイレは日々の...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
台湾の桃園国際空港でLCC利用者が使うのは第1ターミナル。乗り継ぎ利用だって格安。安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのが台湾を利用...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
トイレで「小」をする時、男性は手で大事なトコを触るもの。でも、手のひらには無数の細菌が潜んでいるから要注意。これが、原因で病気になってしまうケースも多くあ...
トイレを流すとき、一体何リットルの水を使ってると思う?一度トイレを利用しただけで、どれくらいの水が使われているか知っているだろうか。その量なんと、約6リッ...
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
ミスターフレンドリー。(どのあたりがフレンドリーなのかはちょっとわからない)この便器たち、男性が用を足している約40秒のあいだ、ディスプレイに広告を流して...
急速に時代が移り変わり、暮らしが便利になっているにもかかわらず、唯一変わらないものーー。それは人が“もよおす”こと。どれだけ技術が発達しようと、この生理現...
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。