ヒーローに本気で憧れた、インド学生の研究開発

「ライトやロボット、コンピューターとかのテクノロジーを、たった1つのグローブで操れたらクールじゃない?」

ここで取り上げるクラウドファンディングプロジェクトは、スーパーヒーローに強い憧れをもつAbhishekとAdarshが考えた、未来のガジェットを実際にカタチにするのが目的だ。

24時間あまりで
プロトタイプを製作

© Vicara

目標額に対する達成率が半分以下とはいえ(6月13日時点)、約430万円以上という金額を集めている「Kai」。手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどを操れる。

そんなガジェットのプロトタイプを作るのに、当時大学生だったAbhishekとAdarshが要したのは24時間弱。ライトの明かりをつけたり消したり、プレゼン資料のページを送ったり戻したり、わずか1日あまりでコントロールできるようになっていた。

そして、1年以内にプロダクトの細かなアップデートをして、大学からの資金援助を勝ち取り、大量生産に必要な費用をクラウドファンディングで集めている。

アイデアは憧れから始まっているが、スピード感のある開発にはある種の才能を感じる。

ちなみに「Kai」は、Bluetoothを通してガジェットをコントロールするため、ドローンやVRなどにも使えるそうだ。

© Vicara
Top photo: © Vicara
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。