ヒーローに本気で憧れた、インド学生の研究開発

「ライトやロボット、コンピューターとかのテクノロジーを、たった1つのグローブで操れたらクールじゃない?」

ここで取り上げるクラウドファンディングプロジェクトは、スーパーヒーローに強い憧れをもつAbhishekとAdarshが考えた、未来のガジェットを実際にカタチにするのが目的だ。

24時間あまりで
プロトタイプを製作

© Vicara

目標額に対する達成率が半分以下とはいえ(6月13日時点)、約430万円以上という金額を集めている「Kai」。手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどを操れる。

そんなガジェットのプロトタイプを作るのに、当時大学生だったAbhishekとAdarshが要したのは24時間弱。ライトの明かりをつけたり消したり、プレゼン資料のページを送ったり戻したり、わずか1日あまりでコントロールできるようになっていた。

そして、1年以内にプロダクトの細かなアップデートをして、大学からの資金援助を勝ち取り、大量生産に必要な費用をクラウドファンディングで集めている。

アイデアは憧れから始まっているが、スピード感のある開発にはある種の才能を感じる。

ちなみに「Kai」は、Bluetoothを通してガジェットをコントロールするため、ドローンやVRなどにも使えるそうだ。

© Vicara
Top photo: © Vicara
他の記事を見る
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
Googleとインド政府が協力して開発したアプリが、現在、実用化に向けてデリーで試験導入中。なんでもこのアプリを使いこなせば、急にもよおしたとしても、慌て...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
あなたのキッチンがムンバイの屋台に早変わり!パクチーが苦手な日本人はたくさんいると思うけれど、好きな人は大喜び間違いなしな「サンドイッチ」。
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...