インドでバカ売れ中の「パクチーチャツネサンド」

食愛好家がムンバイに行くと必ず立ち寄るのが、屋台。ポテトコロッケをパンで挟んだバダパブ(地元民からは"貧乏人のハンバーガー"として知られているらしい)から、ジャガイモや豆が入ったクラッカーを緑の液体、ジャルジーラに浸けて食べるパニプリまで、インドの定番フードを提供する屋台が朝から晩まで大盛況。

中でも外せないのが「Food52」のAnnada Rathiさんが紹介するパクチーチャツネサンド。

彼女のレシピを試してみると、あなたのキッチンがムンバイの屋台に早変わり!
パクチーが苦手な日本人はたくさんいると思うけれど、好きな人は大喜び間違いなし。

ガツンとパクチー!
ムンバイ発のサンドイッチ

Photo by Julia Gartland

ムンバイでバカ売れのストリートフードとして知られるこのサンドイッチは、「パクチーチャツネ」というパンチの利いた下敷きに、山盛りの野菜を挟んだもの。

パンは、いわば具材を運ぶ車のような役割だと思ってください。野菜は、緑野菜や大根、ニンジン、ローストした茄子にも代用可能。フレッシュなモッツァレラ、もしくはチェダーチーズのスライスを野菜に加え、鉄板のグリドルで焼き、パニーニにして提供されます。

パクチーチャツネ(1人分)

【具材】

パクチー:1束(茎ごと)
にんにく:1片
唐辛子(小):3つまで
ライムジュース:小さじ5
生の無塩ピーナッツ:ひと握り
塩:1つまみ(味付け用)
水:大さじ2

具材がすべてなめらかに混ざるまで、ブレンダーにかけます。

野菜サンド(1人分)

【具材】

全粒粉のパン(サンドイッチ用):2枚
バター:小さじ1
きゅうり:3〜5枚(剥いて、薄くスライス)
トマト:3〜5枚(薄くスライス)
アイダホポテト:3〜5枚(茹ででスライス)
ビーツ:3〜5枚(茹でてスライス)
赤タマネギ:3〜5枚(薄くスライスし円形に切る)
用意したパクチーチャツネ:大さじ1
塩コショウ:1つまみ(味付け程度)
お好みでチェダーもしくはモッツァレラチーズ:1〜2枚(スライス)

つくりかた

【1】
パンにバターを伸ばしてから(もしくはオリーブオイルを垂らす)、両スライスにパクチーチャツネをふんだんに塗ります。チャツネを塗った面を上に向け、まな板の上に乗せます。

【2】
薄く切ったきゅうり、トマト、茹でてスライスしたポテトもしくはビーツを両スライスに盛り付けていきます。

【3】
お好みでチェダーかモッツァレラのスライスを乗せます。

【4】
パンを重ね、真ん中に切れ目を入れ2等分にし、それをまた半分に切り、4等分に。ケチャップをつけて、食べましょう。

【5】
ホットサンドにしたいときは、パクチーチャツネとバターを塗ったパンに、スライスしたポテトとチーズを挟むだけ。チーズがとろけて、パンがカリカリかつ黄金色になるまでパニーニメーカーで焼きます。こちらもケチャップとパクチーチャツネで召し上がれ。

Top Photo by Julia Gartland
Licensed material used with permission by Food52

関連する記事

一見、落ち着いたナチュラルスタイルのインテリアに見えて、実は斬新なアイデアが反映されているインド・ムンバイのレストラン「Cardboard」。実は、テーブ...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
西インドのマハシュトラ州政府は、ムンバイ・プネ間の高速輸送技術として「ハイパーループ」を推進する計画を公式に宣言した。実現すると、通常3時間半かかるムンバ...
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
インド南部バンガロールで夜通し行われる「Fireflies Festival of Music」。この音楽フェスの一番の特長となるもの、それは「ホタル」。...
本当の「恋愛力」を目覚めさせてくれる12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタの恋にお心添えいたします。
コストが削減できて、スピーディーに仕上がる。しかも、結果的に環境対策につながる。こうした理由から欧米で多く行われている「倉庫リノベーション」。インドにも同...
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
インド政府は国内およそ7000の駅構内におけるプラスチックカップの提供を中止し、代わりに焼き物の「クルハド」を用いることを発表した。
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
10月2日、インドのモディ首相は国民向けの演説で、2022年までに国内における使い捨てプラスチックの使用を全面的に禁止するよう訴えた。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
クラクションを鳴らせば鳴らすほど待ち時間が長くなる。ムンバイ警察の騒音対策がユーモアに溢れながらも効果的。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
インド出身で、現在はニューヨークに住むというライター、Nikita Mahtaniさん。彼女が自身の経験を綴った手記が、「Elite Daily」に寄稿さ...
インドのNGO団体が制作した映像が話題になっています。ここで紹介されているのは、ムンバイで生きる野犬にカメラをつけることで彼らが日々どんな生活を送っている...
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
インドの夏には欠かせない、体を涼ませるドリンク!フレッシュなミントをのせて、キンキンに冷やせば、完成です。
インド北部の村に暮らす男性のこの奇行。合法か否かとか、もうそんな次元じゃない。