インドでバカ売れ中の「パクチーチャツネサンド」

食愛好家がムンバイに行くと必ず立ち寄るのが、屋台。ポテトコロッケをパンで挟んだバダパブ(地元民からは"貧乏人のハンバーガー"として知られているらしい)から、ジャガイモや豆が入ったクラッカーを緑の液体、ジャルジーラに浸けて食べるパニプリまで、インドの定番フードを提供する屋台が朝から晩まで大盛況。

中でも外せないのが「Food52」のAnnada Rathiさんが紹介するパクチーチャツネサンド。

彼女のレシピを試してみると、あなたのキッチンがムンバイの屋台に早変わり!
パクチーが苦手な日本人はたくさんいると思うけれど、好きな人は大喜び間違いなし。

ガツンとパクチー!
ムンバイ発のサンドイッチ

Photo by Julia Gartland

ムンバイでバカ売れのストリートフードとして知られるこのサンドイッチは、「パクチーチャツネ」というパンチの利いた下敷きに、山盛りの野菜を挟んだもの。

パンは、いわば具材を運ぶ車のような役割だと思ってください。野菜は、緑野菜や大根、ニンジン、ローストした茄子にも代用可能。フレッシュなモッツァレラ、もしくはチェダーチーズのスライスを野菜に加え、鉄板のグリドルで焼き、パニーニにして提供されます。

パクチーチャツネ(1人分)

【具材】

パクチー:1束(茎ごと)
にんにく:1片
唐辛子(小):3つまで
ライムジュース:小さじ5
生の無塩ピーナッツ:ひと握り
塩:1つまみ(味付け用)
水:大さじ2

具材がすべてなめらかに混ざるまで、ブレンダーにかけます。

野菜サンド(1人分)

【具材】

全粒粉のパン(サンドイッチ用):2枚
バター:小さじ1
きゅうり:3〜5枚(剥いて、薄くスライス)
トマト:3〜5枚(薄くスライス)
アイダホポテト:3〜5枚(茹ででスライス)
ビーツ:3〜5枚(茹でてスライス)
赤タマネギ:3〜5枚(薄くスライスし円形に切る)
用意したパクチーチャツネ:大さじ1
塩コショウ:1つまみ(味付け程度)
お好みでチェダーもしくはモッツァレラチーズ:1〜2枚(スライス)

つくりかた

【1】
パンにバターを伸ばしてから(もしくはオリーブオイルを垂らす)、両スライスにパクチーチャツネをふんだんに塗ります。チャツネを塗った面を上に向け、まな板の上に乗せます。

【2】
薄く切ったきゅうり、トマト、茹でてスライスしたポテトもしくはビーツを両スライスに盛り付けていきます。

【3】
お好みでチェダーかモッツァレラのスライスを乗せます。

【4】
パンを重ね、真ん中に切れ目を入れ2等分にし、それをまた半分に切り、4等分に。ケチャップをつけて、食べましょう。

【5】
ホットサンドにしたいときは、パクチーチャツネとバターを塗ったパンに、スライスしたポテトとチーズを挟むだけ。チーズがとろけて、パンがカリカリかつ黄金色になるまでパニーニメーカーで焼きます。こちらもケチャップとパクチーチャツネで召し上がれ。

Top Photo by Julia Gartland
Licensed material used with permission by Food52
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
カカオ豆からの全行程を店内で手作り中目黒にあるBean to Barチョコレート専門店green bean to bar CHOCOLATE 〒153-0...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
手作りパイと自家焙煎のコーヒーが魅力ウッドデッキに囲まれた原宿のパイ専門店THE DECK COFFEE & PIE〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
インドのNGO団体が制作した映像が話題になっています。ここで紹介されているのは、ムンバイで生きる野犬にカメラをつけることで彼らが日々どんな生活を送っている...
インド出身で、現在はニューヨークに住むというライター、Nikita Mahtaniさん。彼女が自身の経験を綴った手記が、「Elite Daily」に寄稿さ...
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
インドの夏には欠かせない、体を涼ませるドリンク!フレッシュなミントをのせて、キンキンに冷やせば、完成です。
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
小さい頃の「将来の夢」は、何でしたか?お花屋さん、パイロット、ケーキ屋さん、スポーツ選手…。現在の仕事とはまったく違う人も、多いのではないでしょうか。イン...
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
想像に難くないのですが、彼は酔っ払っていたとのこと。
インドに住むカップル、ShyamさんとAnyaさん。ラブラブな2人にも、ひとつだけある不満がありました。それは、インドでは「公共の場でキスをしてはならない...