カレー人気店が教える「白いインドカレー」の作りかた

こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシピのおすそわけ”をいただきました。

教えてくれたのは中目黒のカレー通から熱烈に支持される店「cafe REDBOOK」。

さあ、一緒に作ってみませんか?

cafe REDBOOK(カフェ・レッドブック)

中目黒駅から徒歩3分。化学調味料を一切使わず、様々なスパイスの調合と玉ねぎのローストでバリエーション豊富な本格インドカリーを提供する。多くのカレーファンを惹きつける創業21年の名店。@caferedbook

豚とカブの
白くてやさしいカレーの味わい

REDBOOKの定番メニュー「豚肉とカブのカリー」を家庭用にアレンジしてくれました。カレーっぽいようでカレーっぽくない不思議な白いカレー。どこか家庭の煮込み料理に通づるやさしい味わいは、毎日食べても食べ飽きません。

そこで、今回はまとめて5人前のレシピでご紹介!

©2020 NEW STANDARD

<材料>

・豚ロース肉ブロック:500g
・玉ねぎ:800g(小玉で8つくらい)
・カブ:8個
・クローブ:1.5g(15〜20粒ほど)
・カルダモン:0.6g(4〜5粒)
・シナモン:1.2g(4cmほど)
・スターアニス:0.3g(1粒の1片ほど)
・コリアンダーパウダー:10g
・チリパウダー:適量
・塩:30g(お好みで加減してください)
・ニンニクショウガペースト:70g(ニンニク1に対してショウガ3)

<つくりかた>

① 玉ねぎはスライス、カブは皮をむいて粗みじん切りにし、茎と葉の部分はみじん切りに。

©2020 NEW STANDARD

② 豚ロースは食べやすい大きさにカット(3cmくらいの角切りするイメージで)し、コリアンダーパウダー、チリパウダー、ニンニクペースト、ショウガペーストをよく揉み込んで下味をつけておく。

©2020 NEW STANDARD

③ 鍋に油大さじ1.5とクローブ、カルダモン、シナモンを入れ、中火で香りを油に移していく。スパイスが少し膨らんで香りが立ってきたタイミングでスターアニスとスライスした玉ねぎを入れる。強火にして炒め、玉ねぎが黄色く色づいてきたら中火に落とす。

玉ねぎはスライスにしたほうが火が通りやすく、炒める時間もみじかく済みます。香ばしさや甘みが欲しいときは玉ねぎのカットや炒める時間で調整してみてください。

©2020 NEW STANDARD

④ 玉ねぎが色づいてきたら、豚肉とみじん切りにしたカブの葉を加えて中火で炒める。豚肉に火が入ってすこし水分が出るくらいまで炒める。

炒めるときはあまりかき混ぜすぎないのがポイント。焦がさない程度に火を入れていきます。

⑤ 粗みじん切りにしたカブの実と水2000mlを加え強火で。ふつふつしてきたらフタをして豚肉がやわらかく、カブがくたくたになるくらいまで30分ほど煮込んでいく。

肩ロース肉は火を入れていくと固くなりますが、崩すように煮込むことで肉がほろっとしておいしくなります。お店では形を残すために肉とカブを別々に火を入れたりもしますが、家庭では手間がいらないこのやり方でOK。カブをくたくたにやわらかくしながら、お肉も同時に煮込んでいきましょう。

©2020 NEW STANDARD

⑥ ときおり鍋の様子を見つつ、写真のようにカブがとろけてきたら塩を加えて完成。

©2020 NEW STANDARD

⑦ 水分を減らしすこし固めに炊いたごはんでどうぞ!

青唐辛子やパクチーを添えて食べるとおいしいですよ。また、お店のレシピとは違いますが、無塩バターやギーを加えると、味がゴージャスに変化します。

自宅でもREDBOOKの
本格カリーが楽しめる!

REDBOOKのデリバリーがスタートしました!

まずは、中目黒駅を起点に半径約3km、時間は11:30〜15:30での受付ながらも、自宅でレッドブックのカリーが楽しめるのは、ファンには嬉しいニュース。もちろんテイクアウトも! 夜は20:30までの営業です。配送エリアやメニューの詳細は公式Instagramでチェックを。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
グルテンフリー&無添加のカレーパウダーをインスタントコーヒーのようにお湯でさっと溶かして飲む「DRINCURRY(ドリンカレー)」が登場!
花火を心待ちにしている人に向け、新しい楽しみ方を提供するプロジェクト「キズナハナビ」が始動。
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
ルーを使わずパウダーで仕上げるカレー味のピタサンドです。火も使わないのでラクちん。豆たっぷりでたんぱく質が豊富!冷めてもおいしいんですよ。
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。
象徴的な「ティファニー」のショッパーが、レザーバッグになって登場した。クラフトマンシップの精神が詰まった、モダンなコレクション。日本限定アイテムも!
突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...
ここに紹介するのは、どれもプロが教える料理の極意。知ってると知ってないとでは大違い。目から鱗のテクニックを自分のものに!
突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
おうち時間が増え、塗り絵ブームが加速するなか、北斎、歌麿、写楽などの名作浮世絵塗り絵に、「トンボ鉛筆」の大ヒット水性グラフィックマーカー「ABT(厳選7色...
「Gap(ギャップ)」「Banana Republic(バナナ・リパブリック)」からフェイスマスクが登場。環境に配慮し、肌に優しいコットン100%でできた...
今回は代官山にある「MARGOTH(マルゴ)」。“ステーキ×カレー”っていう夢のコラボレーションを食べてきたで!SNSで人気のお店って実際はどーなんよ?見...
西早稲田の人気スリランカ料理店「アプサラ」の名物といえば、スリランカカレーのバナナリーフ包み。バナナの葉を開けば、スリランカがほとばしる!
製品化したのは、デザイナーの太刀川英輔さん。食事もまともにできない多忙な日々のなかで、レトルトカレーをそのまま食べてみたところ、意外にイケる、どころか、ウ...
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました!白洲正子の叔父にあたる人物が、シンガポールで食べて気に入...
東京・練馬区にある「豊島園」に向かって歩いていると、おいしそうな昔ながらのかき氷屋さんを見つけた。店内に入ると「カレーとかき氷のセット」が目に入った。辛み...
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました。弥生美術館・竹久夢二美術館に併設されているカフェ、夢二カ...