カレー人気店が教える「白いインドカレー」の作りかた

こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシピのおすそわけ”をいただきました。

教えてくれたのは中目黒のカレー通から熱烈に支持される店「cafe REDBOOK」。

さあ、一緒に作ってみませんか?

cafe REDBOOK(カフェ・レッドブック)

中目黒駅から徒歩3分。化学調味料を一切使わず、様々なスパイスの調合と玉ねぎのローストでバリエーション豊富な本格インドカリーを提供する。多くのカレーファンを惹きつける創業21年の名店。@caferedbook

豚とカブの
白くてやさしいカレーの味わい

REDBOOKの定番メニュー「豚肉とカブのカリー」を家庭用にアレンジしてくれました。カレーっぽいようでカレーっぽくない不思議な白いカレー。どこか家庭の煮込み料理に通づるやさしい味わいは、毎日食べても食べ飽きません。

そこで、今回はまとめて5人前のレシピでご紹介!

©2020 NEW STANDARD

<材料>

・豚ロース肉ブロック:500g
・玉ねぎ:800g(小玉で8つくらい)
・カブ:8個
・クローブ:1.5g(15〜20粒ほど)
・カルダモン:0.6g(4〜5粒)
・シナモン:1.2g(4cmほど)
・スターアニス:0.3g(1粒の1片ほど)
・コリアンダーパウダー:10g
・チリパウダー:適量
・塩:30g(お好みで加減してください)
・ニンニクショウガペースト:70g(ニンニク1に対してショウガ3)

<つくりかた>

① 玉ねぎはスライス、カブは皮をむいて粗みじん切りにし、茎と葉の部分はみじん切りに。

©2020 NEW STANDARD

② 豚ロースは食べやすい大きさにカット(3cmくらいの角切りするイメージで)し、コリアンダーパウダー、チリパウダー、ニンニクペースト、ショウガペーストをよく揉み込んで下味をつけておく。

©2020 NEW STANDARD

③ 鍋に油大さじ1.5とクローブ、カルダモン、シナモンを入れ、中火で香りを油に移していく。スパイスが少し膨らんで香りが立ってきたタイミングでスターアニスとスライスした玉ねぎを入れる。強火にして炒め、玉ねぎが黄色く色づいてきたら中火に落とす。

玉ねぎはスライスにしたほうが火が通りやすく、炒める時間もみじかく済みます。香ばしさや甘みが欲しいときは玉ねぎのカットや炒める時間で調整してみてください。

©2020 NEW STANDARD

④ 玉ねぎが色づいてきたら、豚肉とみじん切りにしたカブの葉を加えて中火で炒める。豚肉に火が入ってすこし水分が出るくらいまで炒める。

炒めるときはあまりかき混ぜすぎないのがポイント。焦がさない程度に火を入れていきます。

⑤ 粗みじん切りにしたカブの実と水2000mlを加え強火で。ふつふつしてきたらフタをして豚肉がやわらかく、カブがくたくたになるくらいまで30分ほど煮込んでいく。

肩ロース肉は火を入れていくと固くなりますが、崩すように煮込むことで肉がほろっとしておいしくなります。お店では形を残すために肉とカブを別々に火を入れたりもしますが、家庭では手間がいらないこのやり方でOK。カブをくたくたにやわらかくしながら、お肉も同時に煮込んでいきましょう。

©2020 NEW STANDARD

⑥ ときおり鍋の様子を見つつ、写真のようにカブがとろけてきたら塩を加えて完成。

©2020 NEW STANDARD

⑦ 水分を減らしすこし固めに炊いたごはんでどうぞ!

青唐辛子やパクチーを添えて食べるとおいしいですよ。また、お店のレシピとは違いますが、無塩バターやギーを加えると、味がゴージャスに変化します。

自宅でもREDBOOKの
本格カリーが楽しめる!

REDBOOKのデリバリーがスタートしました!

まずは、中目黒駅を起点に半径約3km、時間は11:30〜15:30での受付ながらも、自宅でレッドブックのカリーが楽しめるのは、ファンには嬉しいニュース。もちろんテイクアウトも! 夜は20:30までの営業です。配送エリアやメニューの詳細は公式Instagramでチェックを。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
人気店が教える「絶品レシピ」

関連する記事

突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
食べたいときに、たった3分で本格カレーが食べられる。「ザ・クラフトカレー」。
スパイスのECサイトやカレーのレシピサイトを運営する「インターネットオブスパイス」と、“もったいない野菜”の瓶ソースを手がける「ファームキャニング」のコラ...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
4月15日(木)、「土屋鞄製造所」から、長く使える革のエコバッグ「レザーエコトート」の新色が発売。
世田谷区奥沢にオープンした「D&DEPARTMENT DINING(現「d食べる研究所」)」で、創業当時から続く人気メニュー「d&ドライカレー」がレトルト...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
応援購入サービス「Makuake」の先行販売で完売するほど人気だったクラフトカレー「22時のカレー(よるくち)」のオンラインストアがオープン。一日の終わり...
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
グルテンフリー&無添加のカレーパウダーをインスタントコーヒーのようにお湯でさっと溶かして飲む「DRINCURRY(ドリンカレー)」が登場!
平飼いの養鶏場と、卵を使ったカフェレストラン「eggg cafe」の運営している株式会社egggが、卵の殻を使った新しい洗顔フォーム「TSURUTAMA」...
「ザ・クラフトカレー」はフレーク状になったカレールウで、水に溶かしてレンジで3分加熱すれば本格的なおうちカレーが完成する。フレーク状なのでチキンにまぶして...
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
ここに紹介するのは、どれもプロが教える料理の極意。知ってると知ってないとでは大違い。目から鱗のテクニックを自分のものに!
カレーとの相性のよさを追求した英国発プレミアムビール「コブラ」が日本上陸。炭酸を和らげ、スパイスな繊細な味わいを感じられるよう苦味を抑えた爽やかな風味が特徴。
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。
突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。