ミレニアルズにこそ読んでほしい
40代のカレー:不惑のミニマル編

突然ですが私、TABI LABOの平井は43歳にしてこの会社に参加。半年間、平均年齢20代後半のスタッフに囲まれながら仕事をしていて「40代の自分ができることって何?」なんてもやもやしていたので編集部T氏に相談したところ、

「ヒントになりそうな好きな人にインタビューして、記事にしてみてくださいよ」

なんてオファーをもらったので、なんとなく水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とインタビューを敢行!

©2019 YOSHIHIRO MIYANOKAWA

せっかくなので、水野さんが考える「40代のカレー」なるものもお願いしたところ、快諾いただいたので、カレーを作りながら20代から30代、そして40代とは? について語っていただきました。

2種類のゴールデンルールの
チキンカレーを作ろう!

今日は40代のカレーという無茶なお願いしたんですが、どんなカレーを?

とても興味深いテーマなんで楽しみにしてきたんだけど、40代を表現するために2種類のカレーを作ろうと思ってます。ベースはゴールデンルールのチキンカレー。これは7つのルールさえつかめば誰でも美味しく作れるカレーなんですよ。

それを40代ってことでアレンジ。1つめはとにかくミニマル。工程を極端に制限して、全ての工程を3分刻みで作る、そして強火縛り。スパイスや材料も最低限だけ、というのにチャレンジしようかと。

2つめははもう少しテクニックを駆使したもの。スパイスも僕がプロデュースしているAIR SPICEの配合に合わせて、弱火も強火も使うっていう発展版。

自分も料理しますけど、最初の時間とか、強火縛りとか条件がハードすぎて想像つかないですね。

40代で到達できたのは
ゴールイメージから逆算して作るカレー

©2019 YOSHIHIRO MIYANOKAWA

これがミニマルなチキンカレー!7つのルールをそれぞれ3分刻。しかも強火だけで作ったとは思えない完成度ですね! 食べる前に、どこに40代のエッセンスが込められているか教えてください。

簡単に言うとゴールに向かって極力シンプルにした感じ。それも単にシンプルではなく、必要なことだけをしたというところが40代。

なぜかを説明するために20代からを振り返ってみると、その頃はとにかく美味しいカレーが作りたくて、しかも体力もあるから玉ねぎを炒めるのに30分集中するとか、すべての工程に全身全霊。とにかく今までにないものを作ってやろう、という気持ちでいっぱいだった

でも、うまくいったり、そうでもなかったりして、成功ポイントが見えてなかった。そうすると、うまくいった時を踏襲するようになってしまって、バリエーションが広がらなかったりして不満だったのも確か。

30代途中になって、それだとダメかなと感じて全体を見ることが必要なことに気づいたんですよ。だから何かをする時、全てに理由をつけるようにした。「なぜ今、スパイスを入れたのか?」「なぜ今、木べらで混ぜたのか?」とか。その理由を自分なりに理解しようとした。そうすると、40代になってようやく原因と結果がリンクするようになってきたんだよね。

なるほど!

そうすると、ゴールのイメージを作って、そこから逆算してカレーが作れるようになった。だから失敗することもないし、ゴールイメージはどんどん広げられるから自由になった。美味しくなるポイントに集中することができるようにもなったから、体力的にもラク。

そうすると、例えば、数あるゴールの中で最もミニマルなカレーとかは何なのか?を考えられるようになった。つまり「引き算しきっても自信をもって作れる」。特にこれはシンプルだから、自分の設計や混ぜるテクニックといったカレーの構造が、そのまま出てくるイメージ。

ちなみにこのカレー、試作してません(笑)

試作なしっていうのが「ゴールをイメージできているからこそできる」っていう点を体現してますね。

関連する記事

突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
食べたいときに、たった3分で本格カレーが食べられる。「ザ・クラフトカレー」。
グルテンフリー&無添加のカレーパウダーをインスタントコーヒーのようにお湯でさっと溶かして飲む「DRINCURRY(ドリンカレー)」が登場!
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
スパイスのECサイトやカレーのレシピサイトを運営する「インターネットオブスパイス」と、“もったいない野菜”の瓶ソースを手がける「ファームキャニング」のコラ...
世田谷区奥沢にオープンした「D&DEPARTMENT DINING(現「d食べる研究所」)」で、創業当時から続く人気メニュー「d&ドライカレー」がレトルト...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
応援購入サービス「Makuake」の先行販売で完売するほど人気だったクラフトカレー「22時のカレー(よるくち)」のオンラインストアがオープン。一日の終わり...
ルーを使わずパウダーで仕上げるカレー味のピタサンドです。火も使わないのでラクちん。豆たっぷりでたんぱく質が豊富!冷めてもおいしいんですよ。
4月10日、フランス政府は、鉄道で2時間半以内に行ける場所への国内線フライトの運航を全面的に廃止する法案を国民議会(下院)で可決した。
製品化したのは、デザイナーの太刀川英輔さん。食事もまともにできない多忙な日々のなかで、レトルトカレーをそのまま食べてみたところ、意外にイケる、どころか、ウ...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
ここに紹介するのは、どれもプロが教える料理の極意。知ってると知ってないとでは大違い。目から鱗のテクニックを自分のものに!
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
「ザ・クラフトカレー」はフレーク状になったカレールウで、水に溶かしてレンジで3分加熱すれば本格的なおうちカレーが完成する。フレーク状なのでチキンにまぶして...
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。