『グランド・ブダペスト・ホテル』に出てきそうなカレー屋さんって、どーなんよ?

ピンクが大好きなももかです。

いわゆる“映え”なお店やメニューはめっちゃあるけど、いざ行ってみると味や価格に関しては「……」なとこも多い。そこで、ももかが実際に足を運んで「これめっちゃおいしい!」と思ったメニューを紹介していきます。

©2019 NEW STANDARD

今回は、外観からすでに映えてるカレー屋さん「MARGOTH」。私の周りにいる洒落た人たちがみんな行ってるし、なにより「カレー×ステーキ」という完璧な組み合わせが気になっててん。

代官山から駒沢通りに沿って恵比寿へ向かう途中、左手に薄ピンクのかわいいドアが見えたら正解♡パッと見の印象は美容室?って勘違いしてしまう。

©2019 NEW STANDARD

店内に入って右手にあるのが特等席。ピンクの椅子にピンクの壁紙は『グランド・ブダペスト・ホテル』に出てきそうな世界観でめっちゃかわいい〜!この席に座るために、開店時間ぴったりに入ったのはここだけの話やで(笑)。

©2019 NEW STANDARD

余談やねんけど、店内で流れてる音楽も、めっちゃおしゃれやってん。代官山じゃなく海外にいる気分になったわ。こんなに優雅なカレー屋さんって初めて。

そんなことはおいといて注文や。やっぱりお目当ての「A4国産牛ステーキカレー」(2000円税別)は外されへん。あともう一つ、野菜がごろっと入った「季節の野菜カレー」(1450円税別)も気になったので注文。どんだけ食べんねん!っていうツッコミはなしな♡

©2019 NEW STANDARD

プラス200円で付けられるセットドリンクのコップまでかわいいやん。オレンジジュースが浮いて見えるやろ?

さ、カレーが来るまで、大切な「トイレチェックタイム」。結論、やっぱかわいかった。ホテルのトイレみたいで、ちゃんとピンクに統一されてた!抜かりないわ〜。

©2019 NEW STANDARD

そんなこんなしてるうちにお目当てのステーキカレーが登場。それがこちら!

©2019 NEW STANDARD

見てみて〜この赤みがかったお肉。食べる前からもう幸せや。

ルーは、トロッとしてるけど重たいわけちゃうから、女子でもぺろっと食べれる。甘口を頼んでんけど、しっかりと甘さを感じ取れるから、スパイシーなものが好きな人は中辛・辛口(プラス100円)にするのがイイかもなあ。

で、肝心のお肉はほんまにボリューミー。写真よりも実際のほうがドーン!って感じ。お肉自体にしっかり味付けがされていて、噛めば噛むほど出てくるお肉の味とカレーの組み合わせは贅沢すぎやった……。

ああ、思い出すだけでお腹減ってきたわ。

©2019 NEW STANDARD

まだあるで。

野菜カレーは、野菜自体の甘さとカレーの甘さがほんまに絶妙なコンビネーション。口の中で合わさると……思い出すだけでまたお腹減ってきたわ。

もちろん、デザートも忘れへん。「MARGOTH」特製のプリンは、カレーに負けず劣らずの人気っぷりで気になっててん。それがこちら!

©2019 NEW STANDARD

普通は底に溜まってるカラメル。その役割を上に乗ってるほろ苦いキャラメルナッツが果たしてくれてる。ナッツの食感がクセになるし、甘いプリンとめっちゃ合うし、なんじゃこりゃ!って感じ。このデザートだけを食べに来るのも全然アリやわ。

もう、全部が抜かりなく、かわいくて、めっちゃおいしいこのお店のファンや。夜はお酒やおつまみも提供されるみたいやから、今度は夜に来なあかん。

以上、ももかでした!

©2019 NEW STANDARD

MARGOTH

 

【住所】東京都渋谷区恵比寿西1丁目34−18

【最寄駅】代官山駅 東口

【営業時間】lunch 12:00〜16:00

      dinner 18:00〜22:00(月曜定休日)

【公式Instagram】https://www.instagram.com/margoth_east81st/

【その他】UberEatsやってます

Top image: © 2019 NEW STANDARD
東京・練馬区にある「豊島園」に向かって歩いていると、おいしそうな昔ながらのかき氷屋さんを見つけた。店内に入ると「カレーとかき氷のセット」が目に入った。辛み...
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。第十五回のテーマは「出会いと別れ」です。
製品化したのは、デザイナーの太刀川英輔さん。食事もまともにできない多忙な日々のなかで、レトルトカレーをそのまま食べてみたところ、意外にイケる、どころか、ウ...
グルテンフリー&無添加のカレーパウダーをインスタントコーヒーのようにお湯でさっと溶かして飲む「DRINCURRY(ドリンカレー)」が登場!
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...
突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...
テクノロジー企業「AŌ AIR」によって開発された空気洗浄マスク型ガジェット「ATMŌS」は、通常のマスクの50倍の効果があるという高性能フィルターを通さ...
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました。弥生美術館・竹久夢二美術館に併設されているカフェ、夢二カ...
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました!白洲正子の叔父にあたる人物が、シンガポールで食べて気に入...
渋谷区神南1丁目に1月18日ソフトオープンをしたのは、食事やアートを楽しみながらゆっくりとお茶の魅力を堪能できるミニマル複合施設「JINNAN HOUSE...
名鉄の電車の音より「1/fゆらぎ」を詰め込んだリラックスミュージック「Rail Yell」。がんばる受験生に向けた鉄道会社からのエールです。
ルーを使わずパウダーで仕上げるカレー味のピタサンドです。火も使わないのでラクちん。豆たっぷりでたんぱく質が豊富!冷めてもおいしいんですよ。
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
下北沢の老舗カレーショプ「茄子おやじ」で出会ったCarharttのエプロン。
西早稲田の人気スリランカ料理店「アプサラ」の名物といえば、スリランカカレーのバナナリーフ包み。バナナの葉を開けば、スリランカがほとばしる!