『グランド・ブダペスト・ホテル』に出てきそうなカレー屋さんって、どーなんよ?

ピンクが大好きなももかです。

いわゆる“映え”なお店やメニューはめっちゃあるけど、いざ行ってみると味や価格に関しては「……」なとこも多い。そこで、ももかが実際に足を運んで「これめっちゃおいしい!」と思ったメニューを紹介していきます。

©2019 NEW STANDARD

今回は、外観からすでに映えてるカレー屋さん「MARGOTH」。私の周りにいる洒落た人たちがみんな行ってるし、なにより「カレー×ステーキ」という完璧な組み合わせが気になっててん。

代官山から駒沢通りに沿って恵比寿へ向かう途中、左手に薄ピンクのかわいいドアが見えたら正解♡パッと見の印象は美容室?って勘違いしてしまう。

©2019 NEW STANDARD

店内に入って右手にあるのが特等席。ピンクの椅子にピンクの壁紙は『グランド・ブダペスト・ホテル』に出てきそうな世界観でめっちゃかわいい〜!この席に座るために、開店時間ぴったりに入ったのはここだけの話やで(笑)。

©2019 NEW STANDARD

余談やねんけど、店内で流れてる音楽も、めっちゃおしゃれやってん。代官山じゃなく海外にいる気分になったわ。こんなに優雅なカレー屋さんって初めて。

そんなことはおいといて注文や。やっぱりお目当ての「A4国産牛ステーキカレー」(2000円税別)は外されへん。あともう一つ、野菜がごろっと入った「季節の野菜カレー」(1450円税別)も気になったので注文。どんだけ食べんねん!っていうツッコミはなしな♡

©2019 NEW STANDARD

プラス200円で付けられるセットドリンクのコップまでかわいいやん。オレンジジュースが浮いて見えるやろ?

さ、カレーが来るまで、大切な「トイレチェックタイム」。結論、やっぱかわいかった。ホテルのトイレみたいで、ちゃんとピンクに統一されてた!抜かりないわ〜。

©2019 NEW STANDARD

そんなこんなしてるうちにお目当てのステーキカレーが登場。それがこちら!

©2019 NEW STANDARD

見てみて〜この赤みがかったお肉。食べる前からもう幸せや。

ルーは、トロッとしてるけど重たいわけちゃうから、女子でもぺろっと食べれる。甘口を頼んでんけど、しっかりと甘さを感じ取れるから、スパイシーなものが好きな人は中辛・辛口(プラス100円)にするのがイイかもなあ。

で、肝心のお肉はほんまにボリューミー。写真よりも実際のほうがドーン!って感じ。お肉自体にしっかり味付けがされていて、噛めば噛むほど出てくるお肉の味とカレーの組み合わせは贅沢すぎやった……。

ああ、思い出すだけでお腹減ってきたわ。

©2019 NEW STANDARD

まだあるで。

野菜カレーは、野菜自体の甘さとカレーの甘さがほんまに絶妙なコンビネーション。口の中で合わさると……思い出すだけでまたお腹減ってきたわ。

もちろん、デザートも忘れへん。「MARGOTH」特製のプリンは、カレーに負けず劣らずの人気っぷりで気になっててん。それがこちら!

©2019 NEW STANDARD

普通は底に溜まってるカラメル。その役割を上に乗ってるほろ苦いキャラメルナッツが果たしてくれてる。ナッツの食感がクセになるし、甘いプリンとめっちゃ合うし、なんじゃこりゃ!って感じ。このデザートだけを食べに来るのも全然アリやわ。

もう、全部が抜かりなく、かわいくて、めっちゃおいしいこのお店のファンや。夜はお酒やおつまみも提供されるみたいやから、今度は夜に来なあかん。

以上、ももかでした!

©2019 NEW STANDARD

MARGOTH

 

【住所】東京都渋谷区恵比寿西1丁目34−18

【最寄駅】代官山駅 東口

【営業時間】lunch 12:00〜16:00

      dinner 18:00〜22:00(月曜定休日)

【公式Instagram】https://www.instagram.com/margoth_east81st/

【その他】UberEatsやってます

Top image: © 2019 NEW STANDARD
無人運転を想定した、ブダペスト地下鉄1号線用の新車両デザインです。
東京・練馬区にある「豊島園」に向かって歩いていると、おいしそうな昔ながらのかき氷屋さんを見つけた。店内に入ると「カレーとかき氷のセット」が目に入った。辛み...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
代官山 蔦屋書店で2017年11月19日(日)まで行われている『「奈良の木」のあるくらし ~森からの贈り物~』。蔦屋書店のコンシェルジュと、日本を代表する...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt THrower』です。
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
SNSで人気のお店って実際どーなんよ?見た目だけでなく、味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「MACAPRESSO TOKYO」ぷくっとしたフ...
SNSで人気のお店って実際どーなんよ?価格や味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「フツウニフルウツ」かわいくて映えなフルーツサンド食べてみたで!
クリスマスが近づくと見たくなる映画ってありますよね。今度からそのラインナップに、H&Mのショートフィルムが仲間入りをするかもしれません。なぜなら『ダージリ...
SNSで人気のお店って実際どーなんよ?見た目だけでなく、味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「Moja in the House」ワッフルの上...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
代官山・中目黒で働くファッション業界人にファンが多いこともあり、発売間も無くSNSで拡散されていました。問い合わせの電話も殺到したとか(スタッフ談)。
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。
製品化したのは、デザイナーの太刀川英輔さん。食事もまともにできない多忙な日々のなかで、レトルトカレーをそのまま食べてみたところ、意外にイケる、どころか、ウ...
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
イギリス・ロンドンに、レゴウェアとスナップチャットがAR技術を使って、洋服を置かない洋服屋さんをオープンさせました。
SNSで人気のお店って実際どーなんよ?価格や味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「GOMAYA KUKI」。世界一濃いごまアイスにごま油をかけ...
snsで人気のお店って実際どーなんよ?価格や味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「Nicolai Bergmann NOMU」お花に囲まれたお...
突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
snsで人気のお店って実際どーなんよ?価格や味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「明天好好」最近できた台湾スイーツ食べてきたで!