これまでのカレーのイメージを覆す「6curry」が登場

「カレー」と「カワイイ」や「オシャレ」って、なかなか結びつかない。カレーと聞くと、ついつい茶色のルーやご飯の山をイメージしてしまうから。おまけに言うと、スプーンでがっついている人も。

前述したような理由があるからこそ、カレーがフィットできるシーンは限られているものだと思っていた。とりわけ、ホームパーティーなどのイベントで主役になることは、ほとんどないんじゃないのかと。でも、「6curry」を知って、そんな考えはどこかへいってしまった。

「カレー」✕「パーティー」
もアリかも!

449bf10ae54e5866e1a8e6d58dbe2aef52348d8c

写真を見て、「カップに入れて綺麗に盛りつけてあるだけでしょ?」と思った人、いえいえそんなんじゃないんです。まず、中に入っているのはただのカレーではなく、カレーグランプリのチャンピオンが開発したという本格的なもので、15種類以上ものスパイスが使われている。美容や冷え対策に効果的な調味料も含まれているんだとか!

カップに入っているからこそ、カレー特有のあの独特な匂いが散漫しにくいっていうのもいい。カレーがここまで生まれ変われるなんて、正直ビックリ。 

選べる3種類の「カップカレー」

4f585fd7822250c3d9232330054f802dfd80db95

「ORIGINAL」エビとサラダのキーマカレー(980円)

820eb08258281915259934c68fc2a3847de0cc6c

「TOMATO」コーンと丸ごとトマトのチキンカレー(980円)

D53a36ce3facbf2a6f04cd1a960efc529f7c6ede

「CHICKEN」タンドリーとサラダのキーマカレー(980円)

「6curry」によると、カレーを層にして盛りつけている理由は、食材の食感を感じて欲しいということもあるそう。上にサラダが乗っているのも、血糖値上昇の防止を考えたうえでの設計だという。「ここまで気配りができるカレーってあるの!?」と、女心をくすぐられてしまった。

発売は、UberEATSで12月18日(月)からの予定。これからクリスマスもあるし、パーティーのお供にどう?テーブルに置くだけでも華やかになりそう。

Licensed material used with permission by 6curry
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
食べるだけじゃなくて、見ることや聞くこと。その場の雰囲気を楽しむのも“美味しい食事”だと私は思う。今回紹介する「Project 52 times」は、1年...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
なんでジャンキーな食べ物っておいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。たとえば、キヌアとケールを使...
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
もともとソウルフードとは、アメリカ南部で黒人奴隷たちが、通常は捨てられる食材をなんとか食べられるように加工した料理のこと。チタリングス(豚のモツ)やハムホ...
パーティーのもう1品、とにかく華やかなものをつくりたい。そんなときは海外で人気のパンを使ったこの料理にチャレンジ。チーズやハム、好きな具をパンにはさんで焼...
日本で「出前」と言ったら、やはり寿司やピザが王道なのだろうか。さいきんでは、イタリアンやフレンチ、エスニックなど、レストランまで足を運ばなければ食べられな...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
今年ほど世の中がパクチーに注目した年はありません。パクチー盛り放題のお店やパクチー料理専門店ができるなど、あのクセのある味にどっぷりハマってしまった“パク...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...
インパクトのあるカラフルなイラストを得意とするMIKE HUGHESが描くのは、ジャンクフードに狂う人々。病的な感じもするけど、どこか幸せそうな人々の姿に...
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
ぼくは、デブだった。健康な食事のことなんて考えたことがなかった。でも、どうしたら変われるのか知らなかったんだ。そして、食を学ぶことにした。これは、「食べる...