これまでのカレーのイメージを覆す「6curry」が登場

「カレー」と「カワイイ」や「オシャレ」って、なかなか結びつかない。カレーと聞くと、ついつい茶色のルーやご飯の山をイメージしてしまうから。おまけに言うと、スプーンでがっついている人も。

前述したような理由があるからこそ、カレーがフィットできるシーンは限られているものだと思っていた。とりわけ、ホームパーティーなどのイベントで主役になることは、ほとんどないんじゃないのかと。でも、「6curry」を知って、そんな考えはどこかへいってしまった。

「カレー」✕「パーティー」
もアリかも!

写真を見て、「カップに入れて綺麗に盛りつけてあるだけでしょ?」と思った人、いえいえそんなんじゃないんです。まず、中に入っているのはただのカレーではなく、カレーグランプリのチャンピオンが開発したという本格的なもので、15種類以上ものスパイスが使われている。美容や冷え対策に効果的な調味料も含まれているんだとか!

カップに入っているからこそ、カレー特有のあの独特な匂いが散漫しにくいっていうのもいい。カレーがここまで生まれ変われるなんて、正直ビックリ。 

選べる3種類の「カップカレー」

「ORIGINAL」エビとサラダのキーマカレー(980円)

「TOMATO」コーンと丸ごとトマトのチキンカレー(980円)

「CHICKEN」タンドリーとサラダのキーマカレー(980円)

「6curry」によると、カレーを層にして盛りつけている理由は、食材の食感を感じて欲しいということもあるそう。上にサラダが乗っているのも、血糖値上昇の防止を考えたうえでの設計だという。「ここまで気配りができるカレーってあるの!?」と、女心をくすぐられてしまった。

発売は、UberEATSで12月18日(月)からの予定。これからクリスマスもあるし、パーティーのお供にどう?テーブルに置くだけでも華やかになりそう。

Licensed material used with permission by 6curry
他の記事を見る
製品化したのは、デザイナーの太刀川英輔さん。食事もまともにできない多忙な日々のなかで、レトルトカレーをそのまま食べてみたところ、意外にイケる、どころか、ウ...
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました!白洲正子の叔父にあたる人物が、シンガポールで食べて気に入...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
JFLに所属する奈良クラブのスタジアムグルメがスゴイんです。
食べるだけじゃなくて、見ることや聞くこと。その場の雰囲気を楽しむのも“美味しい食事”だと私は思う。今回紹介する「Project 52 times」は、1年...
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました。弥生美術館・竹久夢二美術館に併設されているカフェ、夢二カ...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
ルーを使わずパウダーで仕上げるカレー味のピタサンドです。火も使わないのでラクちん。豆たっぷりでたんぱく質が豊富!冷めてもおいしいんですよ。
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
西早稲田の人気スリランカ料理店「アプサラ」の名物といえば、スリランカカレーのバナナリーフ包み。バナナの葉を開けば、スリランカがほとばしる!