ピタパンで食べる「夏のカレー」

この時期、夏野菜たっぷりカレーは、もはや定番中の定番。暑〜い日でもダラダラ汗を流しながら食べるがおいしい。けれど、夏バテ気味となると、カレーにライスはちょっと重いんですよね。

こんなときでも、おいしくカレーをいただくアイデアをSuzanne D'Amatoが紹介しています。ルーを使わずパウダーで仕上げるカレー風味のピタサンド。「Food52」よりどうぞ!

カレー風味に食欲が止まらない
ひよこ豆のピタサンド

©Bobbi Lin

カンタンにつくれるこのサンドイッチ。とびきりの味で、どうしても忘れられません。ツナサンドやタマゴサンドのように、具材自体はそこまで派手じゃないけれど、満足感はバッチリなところ。おまけにアレンジも無限にできちゃいますしね。

※このレシピは、Lisa Oz著『THE OZ FAMILY KITCHEN』に掲載されていたものをアレンジして紹介しています(Penguin Random House LLC.の一部であるCrown Publishing Groupの傘下、Harmony Booksより2015年に出版)。

材料:4人分

ひよこ豆(ガルバンゾ):425gの缶を2つ

セロリの茎(細かく刻む):中サイズ1本

シャロット(細かく刻む):大さじ2

マヨネーズ:1/2カップ

赤ワイン酢:大さじ1

カレーパウダー:大さじ1

ターメリック(挽いたもの):小さじ1/2

細粒の海塩:適量

黒こしょう(挽いたもの):適量

アイスバーグレタス、ロメインレタス、もしくはクレソンのいずれか:1カップ(お好み)

完熟トマト(種を抜き1cm大に角切り):大サイズ1つ

全麦ピタパン:4枚(お好みで)

作り方

【1】水切りをしてゆすいだひよこ豆とセロリ、シャロット、パセリを中くらいのボウルに入れて、ポテトマッシャー、もしくは大きなフォークで潰す。ひよこ豆がべちょべちょになってしまうほど潰しすぎないように気をつけて。

そこにマヨネーズ、酢、カレーパウダー、そしてターメリックを入れて、さらによく混ぜる。塩こしょうで味を調整する(ラップをしておけば、冷蔵で3日間保存可能)。

【2】サラダをとりわけて、緑野菜とトマトを同じ分量ピタにはさめば完成です。

Top image: © Bobbi Lin
Written bySuzanne D'Amato
Licensed material used with permission by Food52
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
東京・練馬区にある「豊島園」に向かって歩いていると、おいしそうな昔ながらのかき氷屋さんを見つけた。店内に入ると「カレーとかき氷のセット」が目に入った。辛み...
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
カレーグランプリのチャンピオンが開発したという本格的なスパイスカレーで、15種類以上の調味料を使いながら仕上げている。美容や冷え対策にも効果的な調味料も含...
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...
今年ほど世の中がパクチーに注目した年はありません。パクチー盛り放題のお店やパクチー料理専門店ができるなど、あのクセのある味にどっぷりハマってしまった“パク...
ベルリンの市場をたずねると、必ずと言っていいほど店を構えているのが「カリーブルスト」のスタンドです。スタンドの前に立って声をかければ、店主から「皮なし?」...
季節ごとにおいしいタコが出回りますが、春のタコはとくに柔らかく、淡白な味わいが特徴。いまの時期にぴったりなメニューを紹介します。モーリシャス料理ですが、日...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
棟方志功、坂口安吾、シャンソン歌手の石井好子……。著名な文化人に愛される、群馬県桐生市にあるカレー店「芭蕉」。創業は昭和12年。店内には巨匠・棟方志功の壁...