健康志向で「タコス界」にも異変あり

メキシコ料理といえばタコス、ブリトー、ファヒータ……どれも肉ありきの印象ですが、「お肉なしだっておいしくメキシカンが食べられる」と、Alexandra Staffordさん。

ヘルシー料理で集う女子会なんかにもってこいな一品。お肉の代用はひよこ豆です。「Food52」よりドーゾ。

“気もちヘルシー”なタコスを
「ひよこ豆サルサ」で

4920529081335808
©Alexandra Stafford

これは私のお気に入りのタコスレシピ。ひき肉の代わりにひよこ豆を使います。細かく刻んだレタスや、すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリームに、サルサと同じくらいピリッとしたシャープさを加えてくれる、玉ねぎのピクルスを入れます。ひよこ豆と、このトッピングは相性抜群。

ピクルス(別名:玉ねぎサルサ)の作り方は、いたってシンプル。まず、小さな赤玉ねぎをダイスにカット。辛いのがお好みならばハラペーニョも加えて。塩ひとつまみに、ヴィネガーを大さじ1(1杯分とちょっとでもOK)加えて、15分間置いてから軽くかき混ぜます。

ついでに、下記のレシピどおりに乾燥したひよこ豆を450g使うと、作り置き分までできますよ。そこまで必要なければ、分量を半分、もしくは3/4に減らしてもOK。調理済みのものではなく、缶詰のひよこ豆でも代用可能。その場合は2缶必要。水切りをして、よくすすぎましょう。

トマト缶なら〈Pomi〉というブランドがおすすめ。もしくはサン・マルザーノのプラムトマトをなめらかなピューレ状になるまでフードプロセッサーにかけて使うのも私のフェイバリットです。

チリパウダーは、まずは大さじ1、もしくはそれ以下からはじめて、味見しながら足していきましょう。

材料:4人分

〈ひよこ豆〉

ひよこ豆:450g

※分量に関しては、上のメモを参照

コーシャーソルト:大さじ3と小さじ1

 

〈ひよこ豆のタコスボウル〉

オリーブもしくはグレープシードオイル:大さじ2

ダイスカットした玉ねぎ:2カップ

コーシャーソルト:適量

すりつぶしたにんにく:2片

チリパウダー:大さじ1〜2

※分量に関しては、上のメモを参照

クミン:小さじ2

すりつぶしたトマト:1カップ

※分量に関しては、上のメモを参照

りんご酢(ほかのお酢でもOK):大さじ1

砂糖:小さじ1

ライム果汁:ライム半個分
(盛り付け用に多めにとっておく)

 

<盛り付け用>

すりおろしたチーズ:適量

サワークリーム;適量

細かく刻んだロメインレタス:適量

玉ねぎのピクルス:適量

5378076913434624
©Alexandra Stafford

【1】乾燥したひよこ豆を使う場合は、 16カップ分の水が入った大きなボウルに塩を大さじ3加えて、8〜24時間ほど浸します。浸し終わったら豆を鍋に移し、7センチほどひよこ豆がかぶるよう、塩小さじ1を入れた水で煮立たせます。

弱火で1時間ほど、ひよこ豆に火が通るまでやさしく煮て、できあがったら水につけたまま冷やすのですが、ひよこ豆は水ごと保存すること。

5509327355904000
©Alexandra Stafford

【2】大きなフライパンを強火にかけます。オイルを注いで、グツグツいいだしたら玉ねぎを入れて均等に炒めていきます。塩で味付けをしたら、フタをかぶせて15分ほど弱火に。

フタに付着し蒸発した水がフライパンに滴るようフタを外し、にんにくとチリパウダー(大さじ1がおすすめですが、お好みで)、クミンを入れて、玉ねぎにスパイスがかぶさるまで混ぜます。味見して、もう少し辛さがほしければ、チリパウダーを大さじ1足して、また1分ほど混ぜます。

6384080392290304
©Alexandra Stafford

【3】すりつぶしたトマトと水1カップ分、お酢、砂糖、それから煮たひよこ豆(お水は入れないように)4カップ分をフライパンに投入。塩で味付けしたら、15〜20分ほど煮て(長ければ、長いほどいいです)、フライパンの底にくっつかないように混ぜましょう。

味見して、味が足りなければ塩を足します。お好みでライム果汁を。ひよこ豆は塩味が足りなく感じるので、おそれず塩をふってあげましょう。

【4】最後は盛り付け。ひよこ豆をボウルに入れて、上にチーズ、サワークリーム、玉ねぎのピクルス、レタス、それから櫛形にカットしたライムを乗せれば、できあがり。

6440238968733696
©Alexandra Stafford
Top image: © Alexandra Stafford
Licensed material used with permission by Food52

More Contents from Food52:
Smoky Fried Chickpeas
Curried Chickpea Sandwich

爽快感あるトマトベースの定番サルサもいいけれど、オトナ向けの甘じょっぱいバルサミコ酢漬けのレーズンソースもクセになります!
タコスの具材にルールはありません。どんなものでも皮にくるんで楽しめるわけですが、健康志向の強いアメリカでは、こんなグルテンフリーなスタイルもアリなんだそう。
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
ポイントは、豚バラ肉をりんごジュースベースの液に浸して一晩寝かすこと!
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
独断と偏見でピックアップしました。
ポイントさえ押さえておけば、キレイな円型トルティーヤに。味はもちろん、見た目にもこだわる人は要チェックです。
最高の発明とは、往々にして「なんで思いつかなかったんだろう?」と思うものばかり。このサルサこそが、まさにそれにあたるもの。
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
中南米は、「肉を食べる国々」というイメージがある。串に肉を刺したブラジルのシュラスコ料理、豚の臓物や豆を煮込んだファジョアーダ。アルゼンチンの牛肉の炭火焼...
「麦茶」と「ベーコン」という、意外な組み合わせに驚くでしょうが、その味も驚きです。
ヘルシー志向でがぜん注目度が増した「フムス」は、中東文化圏のソウルフード。カフェやレストランでは注文しても、これを自宅でつくるイメージは浮かばない、という...
タコス、トルティーヤ、ブリトーなど。人気メキシコ料理の影に隠れ、なかなか口にする機会がありませんが、これもメキシコ人のソウルフード。肉や魚、チーズ、野菜を...
ヘルシー志向の人でなくとも、「フムス」という料理を知っている(もしくは食べたことがある)人は増えてきました。ひよこ豆をペーストにしたものが最もポピュラーで...
気持ちのいい初夏の気候が続いていますね!そこで食べたくなってくるのがエスニック料理。タイやベトナム料理はだけじゃなく、南米メキシコ料理だって家めしならカン...
これは、アメリカ西海岸で暮らす健康志向な人たちを中心に、人気が急速に広まりつつある「Buddha Bowl」。ブッダボウル(仏丼)?たいそうご利益がありそ...
日本各地に伝わる郷土料理には、それぞれの地域の特色がよく出ていて、これだけを食べ歩くのも楽しいものです。ここで紹介する「吉野鶏めし」は大分県の地元めし。そ...
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
和食の基本となる「だし」。その材料にはかつお、昆布、煮干し、干ししいたけなどが使われるのが一般的ですよね。でも、「豆」からもだしが取れるって知っていました...
美味しいうえに、太りにくく、体にもやさしいお茶受け。フライパンで気軽に作れちゃいますよ。
これは、文句なく美味いはず!あの「カルボナーラ」のスパゲッティをごはんに代えた、通称「めしボナーラ」なる料理が存在した。チャーハンのようでいて、さにあらず...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
2017年9月、アメリカ南部を中心に猛威をふるったハリケーン「イルマ」の被害に遭い、大切な結婚式を中止にせざるを得なかったカップルがいます。けれど二人はそ...
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。