タコスの「自由度」はサンドイッチに等しい。

学校給食や、3時のおやつに出てくるといまいち喜べなかったレーズン。けれど、「バルサミコ酢漬けのレーズン」は、大人になった今だからこそ楽しめる一品。「Food52」のclintonhillbillyさんは、ラム肉タコスのトッピングとしてこのバルサミコ漬けのレーズンを愛用しているのだそう。

爽快感あるトマトベースの定番サルサもいいけれど、甘じょっぱいこちらもクセになりそう!

蒸し煮ラム肉のタコス
バルサミコ漬けのレーズン添え

6106348748013568
Photo by James Ransom

どんなシチューでもそうですが、このラム肉もやっぱり翌日のほうが旨味が出ておいしい。ラム肉の持ち味をしっかりキープしつつも、アナトー(ベニノキの種子からとれる食用染料)でマリネすると臭みが和らぎます。

スモークやチリの味はそのまま染み込み、チポトレという香辛料の出汁で蒸し煮することでやわらか〜く仕上がります。

以前、これと似た料理を作ったときは市販のアナトーペーストを使いましたが、今回はアナトーの種を挽いたものしか入手できなかったので、ペーストも自分でつくりました。とは言え、もちろん市販のものでもOK。

調理完成まで残り30分あたりで、汁が減っていきます。そうしたら温かいコーントルティーヤに、チリソースに浸かったやわらかいラム肉、ほのかなしょっぱさが特徴的な細かく切ったオリーブ、パンチが効いたフレッシュなライム果汁、それから甘しょっぱいバルサミコ漬けレーズンを包みます。

冷たいサワークリームを上に乗っければ、ジューシーでおいしいタコスのできあがり!

材料:3人分

ラム肉の蒸し煮
挽いたアナトーの種:大さじ2
オレンジまたはタンジェリンの果汁:大さじ1
クミン:小さじ1/2
クローブ:小さじ1/8
オールスパイス:小さじ1/8
砕いたニンニク:3片
お酢(ホワイトビネガーでもリンゴ酢でも):小さじ1
塩:小さじ1
胡椒:小さじ1/2
レモンまたはライム果汁:小さじ1
レモンまたはライムの皮:小さじ1/2
チポトレの缶詰からとったアドボソース:大さじ1


野菜からとった出汁:3カップ
5センチ大に切った蒸し煮したラム肉:450g
アドボ浸けのチポトレ:2個
玉ねぎ(みじん切り):1個
ベイリーフ:3枚
コーントルティーヤ:6枚

バルサミコ漬けレーズン(その他トッピング)

パクチー(みじん切り):大さじ3
白タマネギ(みじん切り):大さじ3
グリーンオリーブ(みじん切り):1/3カップ
レーズン:大さじ2
バルサミコ酢:1/2カップ
ライム果汁:1/2〜1個
サワークリーム:適量

作り方

【1】ペーストは、具材リストの上から12個目までの具材(アボドソース)を混ぜて作る。できあがったペーストはラム肉に染み込ませ、一晩ねかせる。

【2】フライパンに大さじ2杯分のオリーブオイルを注ぎ、ラム肉を焼く。黄金色になってきたら、みじん切りした玉ねぎを入れて炒める。

【3】野菜の出汁とチポトレをフードプロセッサーにかける。できあがったソースはフライパンに注いでから、ベイリーフを投入。

【4】沸騰してきたら、フタをして弱火で1時間。

【5】ソースが減ってラム肉がやわらかくなるまで、フタを外して約30分。

【6】フォークを使ってラム肉を裂き、そのままソースに戻す。

【7】ラム肉を調理している間に、小さなフライパンにレーズンとバルサミコ酢を入れる。フライパンがよく温まったら弱火にし、バルサミコ酢が半分に減って、レーズンがふっくらするまで温める。

【8】バルサミコ酢が滴り落ちるよう、穴のあるスプーンでレーズンを取り出す。レーズンは、オリーブ、パクチー、みじん切りにした玉ねぎ、ライム果汁と一緒にボウルに入れて混ぜ合わせる。

【9】少量の油を使ってフライパンでコーントルティーヤを温める。トルティーヤにはスプーンいっぱいのお肉と、これまたスプーンいっぱいのトッピングを乗せて、最後にサワークリームをたっぷり乗せたら完成。

【Food52編集部、Victoria Ross談】
Clintonhillbillyさんの「ジューシーでおいしい」という表現がピッタリの絶品タコスです。あまりにもおいしくて、鍋に余ったソースをきれいに舐めまわしてしまいました。

ペーストもとても簡単につくれましたし、レシピもとてもわかりやすく書かれています。しいて言うなら、お肉に対してソースが多かったので、水分を飛ばすのに時間がかかりました。次つくるときは、お肉多め、ソースの具材の量は半分でいいかも、と思いました。

オリーブとバルサミコ漬けのレーズンを使った“サルサ”は、非常に個性的な組み合わせ。この甘しょっぱいコラボは最高で、ラム肉の油っぽさにもサワークリームがよく合います。ビーフでもポークでも、おいしくいただけると思いますよ。

Licensed material used with permission by Food52
サラダやドライカレーにトッピングするレーズンは見慣れていても、これをバルサミコ酢に漬け込むというのはあまり聞いたことがないかもしれません。甘酸っぱさが引き...
ポイントは、豚バラ肉をりんごジュースベースの液に浸して一晩寝かすこと!
タコス、トルティーヤ、ブリトーなど。人気メキシコ料理の影に隠れ、なかなか口にする機会がありませんが、これもメキシコ人のソウルフード。肉や魚、チーズ、野菜を...
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
酸っぱくて、ピリ辛な中華料理の代表的スープといえば、ご存知「酸辣湯(サンラータン)」。これをきちんとレシピどおりに作ろうとなると、やれお酢は黒酢がベターだ...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
BLTサンドとは、ベーコンで味付けされたトマトを味わうサンドイッチである。目にしたとたん、全身に鳥肌が走った。この一節は、ニッチな自身のBLTサンドイッチ...
2017年9月、アメリカ南部を中心に猛威をふるったハリケーン「イルマ」の被害に遭い、大切な結婚式を中止にせざるを得なかったカップルがいます。けれど二人はそ...
タコス、ナチョス、ブリトーは日本でもよく食べられているメキシコ風料理。ここで“風”と付けるのには訳があります。これらは「テックスメックス(Tex-Mex)...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
季節ごとにおいしいタコが出回りますが、春のタコはとくに柔らかく、淡白な味わいが特徴。いまの時期にぴったりなメニューを紹介します。モーリシャス料理ですが、日...
朝食メニューに少しひねりを加えてみましょう。手間をかけるのではなく、あくまで少し工夫するだけ。「Food52」で紹介されているレシピから、ブレックファスト...
あなたのキッチンがムンバイの屋台に早変わり!パクチーが苦手な日本人はたくさんいると思うけれど、好きな人は大喜び間違いなしな「サンドイッチ」。
中南米は、「肉を食べる国々」というイメージがある。串に肉を刺したブラジルのシュラスコ料理、豚の臓物や豆を煮込んだファジョアーダ。アルゼンチンの牛肉の炭火焼...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。