食べたい!サンフランシスコでタコスが出合ったサクサク食感のアレ

様々な人種が住む国や地域、都市では、いろいろなカルチャーが混ざり合って新しいものが生まれやすい。ダイバーシティな都市サンフランシスコで生まれたフード「Tacro(タクロ)」もその一例。

名前からは想像が難しいですが、これ一体どんな食べ物なのでしょう?ご存じの方もいると思いますが、Tacroは、タコスとクロワッサンを組み合わせた造語です。そうこれ、クロワッサンとタコスのフュージョン。トルティーヤの代わりにクロワッサンを代用し、タコスの具材を投入!

Tacroを販売するのは、ダウンタウンの東にあるベイエリア「Ferry Building Marketplace」の中にあるカフェ「Vive la Tarte」。クロワッサンは、Tacro用に試作を重ねて作られた特別バージョンです。具材の味を引き立てるため、塩気のあるサクサクな食感に仕上げているのだそう。

サンフランシスコへ行く機会があれば、一度は食べてみたい! 

©2018 Vive la Tarte
©2018 Vive la Tarte
Reference: SFGATE
Top image: © 2018 Vive la Tarte
他の記事を見る
サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地AT&Tパークで食べるべきグルメです。
2018年7月までにサンフランシスコが薬物注射施設をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこには、ハーム・リ...
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
奇妙な形に刈り込まれた植木の数々。
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
だけど今、ウユニ塩湖への思いが再熱している。
TasteAtlasでは“旅先で何を食べるべきか”を調べられます。さらに、似たような食材を使った料理や、それが食べられる他の国や地域まで教えてくれるんです。
スタジアムでの野球観戦、醍醐味のひとつとして欠かせないのが球場グルメです。各球場ごとの特色が出るのは本場アメリカも同じ。たとえばこの「チャチャボウル」は、...
「CrunchCup」は、シリアルをサクサクの状態で持ち運べる専用カップ。食べるその瞬間までふにゃふにゃにすることなく、あの触感を愉しめます。
人糞に悩まされるサンフランシスコ。なんと、ひたすら人糞を探して清掃するための人を雇うのだとか。しかもこの仕事、驚くほど高給なんです!
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
旅行は楽しみですが、空港での待ち時間って長くてストレスがたまりますよね。とくに年末年始は混み合っていて、それだけでも疲れてしまいます。でも、米・サンフラン...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
ひとりの旅行でも、誰かと一緒の旅行でも。片手でパッと食べられる食べ物を紹介します。
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...
あのb-monsterが羽田空港にオープン日本初、空港内にあるフィットネスジムb-monster HANEDA studio〒144-0041 東京都大田...
サンフランシスコ ダンジョン」という、地元の暗黒歴史をテーマにしたホラー観光名所で、あの刑務所を再現した宿泊施設が限定オープンするのだ。看守や囚人による余...
ここで紹介するのは、クロワッサンとマフィンを掛け合わせたハイブリッドスイーツ、その名も「クラフィン」!クロワッサン×ドーナツから成る、ニューヨーク発のクロ...
コロラド・ロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドで食べるべきグルメです。
「No Tech Zone(テクノロジー禁止ゾーン)」と書かれている。この標識が設置されたのは、米・サンフランシスコにある「Alamo Square Pa...
電車内のマナーを見直すように呼びかけるために「ラップ」を披露した、サンフランシスコとロサンゼルスの交通機関の公式Twitterアカウント。これがアメリカの...
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
タコスの具材にルールはありません。どんなものでも皮にくるんで楽しめるわけですが、健康志向の強いアメリカでは、こんなグルテンフリーなスタイルもアリなんだそう。