食べたい!サンフランシスコでタコスが出合ったサクサク食感のアレ

様々な人種が住む国や地域、都市では、いろいろなカルチャーが混ざり合って新しいものが生まれやすい。ダイバーシティな都市サンフランシスコで生まれたフード「Tacro(タクロ)」もその一例。

名前からは想像が難しいですが、これ一体どんな食べ物なのでしょう?ご存じの方もいると思いますが、Tacroは、タコスとクロワッサンを組み合わせた造語です。そうこれ、クロワッサンとタコスのフュージョン。トルティーヤの代わりにクロワッサンを代用し、タコスの具材を投入!

Tacroを販売するのは、ダウンタウンの東にあるベイエリア「Ferry Building Marketplace」の中にあるカフェ「Vive la Tarte」。クロワッサンは、Tacro用に試作を重ねて作られた特別バージョンです。具材の味を引き立てるため、塩気のあるサクサクな食感に仕上げているのだそう。

サンフランシスコへ行く機会があれば、一度は食べてみたい! 

©2018 Vive la Tarte
©2018 Vive la Tarte
Reference: SFGATE
Top image: © 2018 Vive la Tarte
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地AT&Tパークで食べるべきグルメです。
サンフランシスコ市議会は、「ロンバード・ストリート」を通る車に通行料を課すことを検討中。ここは、急な勾配と曲がりくねった坂道がマニアックなサンフランシスコ...
サンフランシスコの観光スポットでオススメしたい「Musée Mécanique」。年代モノのアンティークゲームマシンが200機以上も並ぶミュージアム。コイ...
8月20日からアメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で、ペットボトルに入った飲料水の販売が禁止された。販売禁止に先駆けて、空港内には約100...
2018年7月までにサンフランシスコが薬物注射施設をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこには、ハーム・リ...
サンフランシスコ市議会は、市内で電子タバコの販売を禁止する条例を可決。市長も署名する意向を示しており、成立すればアメリカの主要都市では初めての試みとなる。
11月30日、秋葉原に寿司ブリトー専門店「beeat sushi burrito Tokyo」がオープンしました。
「CrunchCup」は、シリアルをサクサクの状態で持ち運べる専用カップ。食べるその瞬間までふにゃふにゃにすることなく、あの触感を愉しめます。
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
TasteAtlasでは“旅先で何を食べるべきか”を調べられます。さらに、似たような食材を使った料理や、それが食べられる他の国や地域まで教えてくれるんです。
奇妙な形に刈り込まれた植木の数々。
スタジアムでの野球観戦、醍醐味のひとつとして欠かせないのが球場グルメです。各球場ごとの特色が出るのは本場アメリカも同じ。たとえばこの「チャチャボウル」は、...
旅行は楽しみですが、空港での待ち時間って長くてストレスがたまりますよね。とくに年末年始は混み合っていて、それだけでも疲れてしまいます。でも、米・サンフラン...
人糞に悩まされるサンフランシスコ。なんと、ひたすら人糞を探して清掃するための人を雇うのだとか。しかもこの仕事、驚くほど高給なんです!
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
ひとりの旅行でも、誰かと一緒の旅行でも。片手でパッと食べられる食べ物を紹介します。
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの地方検事局は、マリファナの合法化の動きを受けて、それに関係する犯罪歴を消去すると発表しました。その決断の裏には...
コロラド・ロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドで食べるべきグルメです。