サクサク食感をいつでも!シリアル専用の持ち運びカップ

中が二重構造になっている透明なカップ。これ、「CrunchCup」と言って、ただ飲み物を持ち運ぶためのものではなく、シリアル専用のカップなんです。

大好きすぎていつでもどこでも食べたい!どうせ食べるならサクサク感は絶対に欲しい!というシリアルラバー向け。

カップは二重構造になっていて、内側の小さいカップにシリアルを、外側の大きいカップにはミルクを入れます。しっかり蓋を閉めれば、漏れる心配もありません。蓋をあけて傾けると、シリアルと牛乳がそれぞれ口の中に入ってくる仕組み。これさえあれば、いつでもサクサクの食感を愉しみながら美味しく味わえます!

シリアルラバーならひとつ持っておきたい!

© Product Watch/YouTube
Top image: © 2018 CrunchCup
他の記事を見る
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
アーティストのSarah Rosadoは、世界中で人気のミュージシャンや歌手の似顔絵をコンフレークで作ります。一人ひとりの顔を眺めていると、それぞれの名曲...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
Tacroは、サンフランシスコのベイエリア「Ferry Building Marketplace」にあるカフェ「Vive la Tarte」で販売。これ、...
天ぷらをサクサクにするためには、氷を入れる、油の温度が下がらないようにする…など、押さえておくべき基本的なコツはありますが、プラスアルファで試して欲しいの...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
プリンのくせにドロドロなんです。
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
その時々の気分に合わせて、好みの食感を3種類から選択できる。そんなベーグル専門店が東京・代々木八幡にあります。もしかして、味だけで商品を選ぶなんて時代遅れ...
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
ギュッと握ったらフニャッとして、その感触がクセになるスクイーズボール。クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達に成功した「SQUEGG...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
アメリカンダイナー風のポップなインテリアにパステルカラーを組み合わせた室内がかわいい部屋。「The McFly」と呼ばれていて、アメリカ・テキサス州ダラス...