うわ、ヤバい!に即対応できる、アメリカ発の持ち運び専用カミソリ

日常的にムダ毛処理をしていても、時々剃り残しを見つけてしまうことってありませんか?しかも、それがデート前や彼と旅行中だったなんて場合は、気分はちょっとブルーになります。

でもそんなとき、持ち運び専用のカミソリ「Sphynx」の出番です。手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。

蓋を開けると中にあるのは、水が入ったスプレーボトルと石鹸のような見た目をしたモイスチャライザー、そしてカミソリ。Sphynxの中央部分をまわして、この3つのアイテムを順番に使うことができます。

使い方は簡単で、剃り残しがあるスポットにシュッとスプレーを吹きかけ、モイスチャライザーを擦り込みます。カミソリで剃って、そこに先程のモイスチャライザーをもう一度擦り込むだけ。出先で気になったとき、すぐに毛の処理ができるのはうれしい。しかもお肌に優しい方法で。

1個15ドルで色はブルー、ピンク、パープル、ブラックの4種類。並行輸入品であればゲットできるので、気になった人は探してみて!

©2018 Sphynx Collection
©2018 Sphynx Collection
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
男性の朝の日課。それはシェイビングクリームをつけて、髭を剃ること。剃り残しをなくすため、何度も剃ることでカミソリ負けした人も多いはず…。そんな悩みとは無縁...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
「The Points Guy」が出しているインターンの募集。世界中を飛び回り、フライトやホテルなど、旅先や移動中に体験するモノ・コトをレビューするという...
アメリカ五大湖のうちのひとつであるエリー湖に、人間と同じような権利が与えられることになりました。
まだ辞書や参考書にも載っていない“今使われている英語”を知りたいなら、チェックをしておいて損はありません。マサチューセッツ州にあるLowell High ...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
東京・浅草にある「REEAST ROOM」は、アメリカ発「壊したい放題」のレンタルルーム。食器や空き瓶、小型プリンターなどの家電を揃え、「部屋のものをバッ...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
1月18日にオープンしたアメリカ・ラスベガスの「Til Death Do Us Part」は、“永遠の愛を誓います”という意味のある言葉がそのまま名前に採...
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
アメリカンダイナー風のポップなインテリアにパステルカラーを組み合わせた室内がかわいい部屋。「The McFly」と呼ばれていて、アメリカ・テキサス州ダラス...
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。