アメリカ発
ワインを缶で飲むスタイル

昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。

アメリカでは今、缶ワインがキテるんです。

こんな感じです!

全然ワインっぽくありません。

この“ワインっぽくない”というのが、ポイントです。

実際にアメリカに住んでいる友だちに聞いてみたところ「缶ならピクニックやBBQでも気軽にワインが楽しめるところがいい」「ボトルよりも缶のほうがデザインがPOPで親しみやすい」とのこと。

なるほど、です。

くわえて、コスパがいいっていうのもあるみたい。

銘柄によって異なるとはいえ、缶ワインは250ml〜350ml缶で8ドル以下(ちなみに米セブンイレブンの新商品は4.99ドル)。一般的な缶ビールよりはちょい高めとはいえ、アルコール度数は12%ぐらいなので、お金をかけずに陽気になれるんですね。このあたり日本でストロング系缶チューハイがウケてる理由と似ています。

飲みきりサイズだから、ワインの酸化も防げますね。

めちゃくちゃアメリカらしいトレンドだと思いませんか?

日本でも缶ワインは発売されていますが、主流は圧倒的にガラス製のボトルです。缶ワインのポジションは決して高いとは言えません。コルクを抜いて、ワイン専用グラスに注ぐのがワインの正式な楽しみ方です。これはヨーロッパ各国でも同じ。

そんな伝統や固定概念にとらわれずに「缶入りなら便利だよね!」と、純粋にワインを楽しもうというのが、このトレンドです。

オープナーもグラスも不要。缶をプシュッと開けてCheers!というわけ。めちゃくちゃアメリカらしいトレンドですよね。

Top image: © Underwood Cans

関連する記事

7月24日、カリフォルニア州ブーンビルで世界初となる缶ワインの国際コンペ「2019 International Canned Wine Competiti...
アメリカで流行中の「缶ワイン」が、1月1日から「ジェットブルー」の機内で提供されるようになった。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...