アメリカ発
ワインを缶で飲むスタイル

昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。

アメリカでは今、缶ワインがキテるんです。

こんな感じです!

全然ワインっぽくありません。

この“ワインっぽくない”というのが、ポイントです。

実際にアメリカに住んでいる友だちに聞いてみたところ「缶ならピクニックやBBQでも気軽にワインが楽しめるところがいい」「ボトルよりも缶のほうがデザインがPOPで親しみやすい」とのこと。

なるほど、です。

くわえて、コスパがいいっていうのもあるみたい。

銘柄によって異なるとはいえ、缶ワインは250ml〜350ml缶で8ドル以下(ちなみに米セブンイレブンの新商品は4.99ドル)。一般的な缶ビールよりはちょい高めとはいえ、アルコール度数は12%ぐらいなので、お金をかけずに陽気になれるんですね。このあたり日本でストロング系缶チューハイがウケてる理由と似ています。

飲みきりサイズだから、ワインの酸化も防げますね。

めちゃくちゃアメリカらしいトレンドだと思いませんか?

日本でも缶ワインは発売されていますが、主流は圧倒的にガラス製のボトルです。缶ワインのポジションは決して高いとは言えません。コルクを抜いて、ワイン専用グラスに注ぐのがワインの正式な楽しみ方です。これはヨーロッパ各国でも同じ。

そんな伝統や固定概念にとらわれずに「缶入りなら便利だよね!」と、純粋にワインを楽しもうというのが、このトレンドです。

オープナーもグラスも不要。缶をプシュッと開けてCheers!というわけ。めちゃくちゃアメリカらしいトレンドですよね。

Top image: © Underwood Cans

関連する記事

7月24日、カリフォルニア州ブーンビルで世界初となる缶ワインの国際コンペ「2019 International Canned Wine Competiti...
アメリカで流行中の「缶ワイン」が、1月1日から「ジェットブルー」の機内で提供されるようになった。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
吸ったゴミがそのままゴミ箱に入る「吸っちゃうダストボックス」が発売。
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
そうめん専門店「そうめん そそそ」の新店舗「そうめん そそそ 研究室」が、渋谷ヒカリエにオープン。コンセプトは「そうめん研究室で自分好みのそうめんを研究し...
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
ワインボトルを冷やしながら持ち運べる、ワイン専用の保冷ショルダーバッグを紹介。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
ワインの樽のなかに泊まれる「Airbnb」のリスティングを紹介。
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子と白ワインのペアリングを検証してみました。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
山梨大学ワイン科学研究センターと株式会社中村商事による共同開発で誕生した「乳酸菌発酵ワインパミス飲料」。
米オレゴン州でのびのび育ったぶどう品種「ゲヴェルツトラミネール」100%でつくったワイン。「スワロー ゲヴェルツトラミネール」