「うまい棒」と飲む、最高のワイン。

ワインに合わせるアテは、小洒落た料理だけがすべてじゃない。

ラフに気取らずに、ハードルをもっともっと下げていけば、ワインに最適な駄菓子だって見つかるかもしれない……。

なんて考えだしたら、もう止まらない。

時代を超えて愛される駄菓子。ヘルシー至上主義のこの時代だって、細々と生き続けるキング・オブ・JUNK FOOD。まさか……なペアリングが存在するかもしれない。いや、あって欲しい!

ソムリエ吉川大智さんを緊急招集。ベストマッチンなスパークリングワインと駄菓子の組み合わせを探してみた。

吉川大智(よしかわだいち)
世界40ヵ国200都市の酒場とワイナリーを旅した元バーテンダー。JSA認定ソムリエ。現在は多数のメディアにてコラムやエッセイを執筆するライターとして活動中。

Twitter:@sukoburuwines
Instagram:@sukoburuwines

駄菓子さえ受け入れる
「泡」ならではの包容力

TABI LABO 平野 星良(以下、平野)

今回、ムリ言って企画に参加していただきありがとうございます。

ソムリエ 吉川大智(以下、吉川)

いろんなペアリングをしてきましたけど、まさか、駄菓子と合わせる日が来るとは想像もしていませんでした(笑)

平野

駄菓子って地域差こそあれど、誰でも一度は経験してきた味だと思うんです。今も当時のままっていう鉄板の駄菓子ばかりだったりしますし。

吉川

子どもの頃、本当によく食べましたよ。だいたい経験済みですね。ボクの幼少期は、「ミスターイトウ」のバタークッキーとか、チョコチップクッキーなんかもよく食べてた記憶があります。駄菓子じゃないんだろうけど、子どもでも手が出しやすい値段だった。

平野

スパークリングワインとのペアリングなので、甘い系の駄菓子は控えめにしましたが、とにかくバラエティにこだわって駄菓子は用意しました。この時点で、どのワインにも合いそうだなっていう駄菓子はありますか?

©2021 NEW STANDARD
吉川

ビッグカツ」は赤でも白でもスパークリングでも、どれでも合いそうな気がします。「うまい棒」あたりもいけるんじゃないかな。

まずは、ペアリングのポイントというかロジックが当てはまるか、そこからチャレンジしてみましょうか。

<<ワインペアリングの5大要素>>

① ワインと食材の色味
② 味の濃さとワインの飲み口の重さ
③ 対称(相対する)の味
④ 味わいの香り
⑤ 産地で合わせる

平野

ペアリングのベースとなる考え方は、果たして駄菓子に通用するのか。興味深い!

そうそう、今回用意させてもらったスパークリングはスペインのカヴァ。「ヌリア カヴァ ブリュット NV ボデガ ロペス モレナス」です。

吉川

初めて飲むカヴァですけどおいしい。いいですね。プライベートでも買って飲みたい。

カヴァって基本的にシャンパンと同じ瓶内二次発酵で作られるため、泡もちがいいんですよね。

平野

カヴァには、わりとマルチパーパスにどんな料理とも相性よくいけちゃうイメージがあります。食を選ばないというか。スパークリングワインの持つ魅力ってなんでしょうか?

吉川

ひとつは、発泡性で辛口というのがポイントだと思います。餃子や唐揚げでもシャンパンが飲めちゃうのは、口内を泡でリセットしてくれるという効果もあるし。

平野

もしかしたら、どの駄菓子も泡でいけちゃったりして。

吉川

フルコースで食べるときに、食前酒から前菜、メインと全部スパークリングで通せたりもしますからね。だからこのカヴァもかなりユーティリティなところがあると思います。

平野

とくれば……「タラタラしてんじゃねえーよ」とかどうだろう? おおっ、わりと濃いめの味付けですねぇ。喉が乾く(笑)

吉川

塩味も強いし辛味もしっかりありますね。そこに泡が入ると口中をさっぱりさせてくれません? まあ、それだけだと塩っぱい系の駄菓子どれにも当てはまっちゃうか。

平野

餅太郎」のような揚げせんもフツーにいけちゃいますね。泡おそるべし。ただ、なんというかパンチに欠ける。

吉川

よく、ブルーチーズにハチミツを合わせて食べることがありますよね。あれって、しょっぱいチーズにハチミツの甘さを掛け合わせるという「対照のものを合わせる」ペアリングが成立するからおいしい。

この「ヌリア」も飲み込んだあとは果実味のあるフルーティな甘さを感じます。ならば、もう少ししょっぱい味との組み合わせの方が相性がいいかも。

平野

ラーメン屋さん太郎 とり味」、コイツはちょっとしょっぱいかなあ。たしかにスパークリングだと、どれでもそれなりに合っちゃいますね。最適解が難しい……。

そして、たどり着いた
泡と磯の香りのマッチング

吉川

焼肉さん太郎」も濃いめの味が舌に残りますね。「ヌリア」の泡でも口の中をリセットできない。

ならば、こっちの方がいいかも。結構「うまい棒」シリーズはどれでもハマると思うんですよ。「のり塩味」とかどうですかね?

平野

スペインじゃないけど、ナポリでピザの前に出てくる「ゼッポリーネ」みたいに泡と合っちゃったりして。

吉川

ほら、悪くないでしょ。カヴァとの相性。欲言えば、キンキンに冷やしているともっと合うかも。

平野

こういう海苔フレーバーの味がバルにあっても不思議じゃないですね。

吉川

そもそも海産物系の料理とスパークリングの相性って、めちゃくちゃいいですからね。海苔と泡がいいんだろうな。

コクのある白ワインよりも、ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランのようにちょっと若草っぽいというか、緑々しいフレッシュさが合いますからね。「ヌリア」の辛口なニュアンスもいいと思います。

平野

同じ「のり塩味」でもポテトチップスのようでなく、みりんの甘味が主張しているあたりがマッチする理由?

吉川

たしかに、甘さがありますよね。子どものお菓子っていう感じ。ものすごくドライなシャンパンだったら合わないかもしれない。

「ヌリア」って少し舌先に甘さが残りません?ワイン業界ではよく“残糖感”なんて表現をしますが、果実味とはまた別の甘さの種類があるんですね。それがみりんの甘さにハマるのかも。

平野

コーンスナックってしゃくしゃくした後、すぐに溶けていきますよね。ワインがそれをフレーバーと一緒に流してしまうのに、さすがに海苔だけは若干、口の中に残る。最後の最後、まだ口の中に残っている海苔に「ヌリア」の香りや味わいが乗っかってきてくれる感じがする。

吉川

いいじゃないですか!そういうのもペアリングですから。悪くない組み合わせなんだと思います。

平野

ちなみにですが、「ヌリア」のような味わいのカヴァは本来だったらどういう料理に合わせるのがいいんでしょう?

吉川

チャレッロ、マカベオ、パレリャーダという3種のブドウ品種で構成された果実味のある辛口ですからね、前菜やサラダはもちろん、たとえばペペロンチーノみたいなパンチのある香りにもいいですよね。アヒージョや魚介を使った料理、フリットなんかもカヴァとの相性が抜群にいい。

平野

結論づけちゃうようですが、そういう意味でいうと、駄菓子のなかでは「うまい棒 のり塩味」が必然的にマッチする。というところで、いかがでしょう。

「ヌリア カヴァ ブリュット NV ボデガ ロペス モレナス」に駄菓子を合わせるならば、「うまい棒 のり塩味」ということで。

吉川

はい、悪くない組み合わせだと思います。

©2021 NEW STANDARD

ヌリア カヴァ ブリュット NV ボデガ ロペス モレナス

【生産地】スペイン / ペネデス
【品種】チャレッロ35%、マカベオ35%、パレリャーダ30%
【タイプ】辛口 スパークリング
【アルコール度数】11.5%
【価格】1500円前後

〜 取材後記 〜

駄菓子でワインを飲むなんて、アリエナイ。果たして本当にそう?

そんな疑問からソムリエ吉川さんを招き、なかば強引に探り当てたワインとのペアリング。

あらためてスパークリングワインの包容力を思い知らされた。なんなら駄菓子全部、カヴァでもいいかも、そう感じさせるほど“泡”ならではの、口内リフレッシュ感は、味濃いめの駄菓子とマッチする。それでも合わせの指標には、ワインと料理のペアリング要素があった。

ワインが違えば、きっと駄菓子もまた別のものになったはず。ベストな組み合わせを探す体験は料理であれ、駄菓子であれ、楽しいものだ。

料理とワインの数だけペアリングも存在する。「この味ならどんなワインがいいかな?」。さあ、五感を頼りに未知なるペアリングの世界へ。

白ワインに合う駄菓子、見つけた!

赤ワインでも、駄菓子がいける!

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子と白ワインのペアリングを検証してみました。
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子と赤ワインのペアリングを検証してみました。
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
赤ワインをおいしい状態に仕上げるには、一定の長さ空気に触れさせておく必要がありますが、そのデカンタージュを代わりに果たしてくれるアイテムが登場しました。
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
ワインボトルを冷やしながら持ち運べる、ワイン専用の保冷ショルダーバッグを紹介。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
ワインの樽のなかに泊まれる「Airbnb」のリスティングを紹介。
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
オンライン上で、ワインのプロが自分にぴったりのワインをセレクトしてくれるソムリエサービス「Pocket Sommelier」に新機能が追加。ワインのプロた...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
スマートワインディスペンサー「Albicchiere」がKickstarterで予算を達成。専用バッグにワインを入れて、アプリから温度設定するだけで、いつ...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
米オレゴン州でのびのび育ったぶどう品種「ゲヴェルツトラミネール」100%でつくったワイン。「スワロー ゲヴェルツトラミネール」
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...