「最高の飲みごろ」に仕上げてくれる、ワイン初級者の強い味方

1. ワインが好き。

2. でもワインに関する知識はあまりない。

3. せっかく飲むなら最高の状態を楽しみたい。

もし3つ全部「はい」ならば、Aveineを知っておいて損はありません。

6027838977212416
©Aveine

ワインを最高の状態で飲むためのプロセスに、「デカンタージュ」があります。デカンタと呼ばれるガラスの容器にワインを移し、空気と触れさせることで香りを変化させたり味わいを整える作業です。

このデカンタージュをするかしないか(必ずしなくてはいけないわけでもない)、どのくらいの長さ空気に触れさせておくかによって、大きく変わってくるのがワインの味。

渋くて酸っぱかった90年DRC「リシュブール」が、一瞬で花畑になってしまうくらい変わる(何を言っているかわからない人は、ぜひ『神の雫』の第1巻を読んでみて)。とはいえ、飲み頃までの理想の待ち時間はワインによって違います。

「そんなのいちいちわからない!」という人のために開発されたのが、フランス発スマートエアレーターAveine。そもそも「エアレーター」とは、空気に触れさせるというデカンタージュの目的(エアレーション)を代わりに果たしてくれる便利な道具なのです。

6023323506966528
©Aveine

さらにAveineのエアレーターに「スマート」がつくのは、アプリでワインのエチケット(ラベル)を読み取ることによって、自動で最適なエアレーションを行ってくれるから。

ワインボトルの口にエアレーターをとりつけ、ボトルのラベルを読み取るだけで、最高の状態のワインを味わえる。ワインには詳しくないけれど、おいしい一杯が飲みたいときには、便利なアイテムじゃないでしょうか。

5934175823593472
©Aveine

ワインの世界にもう一歩深く踏み込みたい人は、チェックしてみては。

Top image: © Aveine
Reference: Aveine
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
東京・赤坂にあるレストランCROSS TOKYOにて先日行われたイベント、「ノムリエの会 meets 一関」。一流スタッフにより振る舞われる岩手県一関市の...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
ワインを頼むなら「毎回これ」と決めているあなた。単に「味が好き」という理由で手にとっているかもしれませんが、じつはあなたの性格を反映しているのかもしれませ...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
同じワインなのに、レストランで飲んだ味と違う…。そんな経験があるなら、それは温度のせいかも。「Kelvin(ケルビン)」ならおいしかったあの味を家でも楽し...