「最高の飲みごろ」に仕上げてくれる、ワイン初級者の強い味方

1. ワインが好き。

2. でもワインに関する知識はあまりない。

3. せっかく飲むなら最高の状態を楽しみたい。

もし3つ全部「はい」ならば、Aveineを知っておいて損はありません。

©Aveine

ワインを最高の状態で飲むためのプロセスに、「デカンタージュ」があります。デカンタと呼ばれるガラスの容器にワインを移し、空気と触れさせることで香りを変化させたり味わいを整える作業です。

このデカンタージュをするかしないか(必ずしなくてはいけないわけでもない)、どのくらいの長さ空気に触れさせておくかによって、大きく変わってくるのがワインの味。

渋くて酸っぱかった90年DRC「リシュブール」が、一瞬で花畑になってしまうくらい変わる(何を言っているかわからない人は、ぜひ『神の雫』の第1巻を読んでみて)。とはいえ、飲み頃までの理想の待ち時間はワインによって違います。

「そんなのいちいちわからない!」という人のために開発されたのが、フランス発スマートエアレーターAveine。そもそも「エアレーター」とは、空気に触れさせるというデカンタージュの目的(エアレーション)を代わりに果たしてくれる便利な道具なのです。

©Aveine

さらにAveineのエアレーターに「スマート」がつくのは、アプリでワインのエチケット(ラベル)を読み取ることによって、自動で最適なエアレーションを行ってくれるから。

ワインボトルの口にエアレーターをとりつけ、ボトルのラベルを読み取るだけで、最高の状態のワインを味わえる。ワインには詳しくないけれど、おいしい一杯が飲みたいときには、便利なアイテムじゃないでしょうか。

©Aveine

ワインの世界にもう一歩深く踏み込みたい人は、チェックしてみては。

Top image: © Aveine
Reference: Aveine
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
「Airbnb」はバレンタインデーに向けて、イタリアのヴェローナにあるジュリエットの家「カーサジュリエット」に宿泊できる特別なプランを発表した。滞在中は専...