ワイングラス用のスポンジ

意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
 
その名も「ワイングラスのためのスポンジ」。見た目もワインの形をしてる。ネーミングも見た目もわかりやすい!
 
泡立ち・水切れに優れた脱膜スポンジを目の細かいソフトスポンジで挟んだ3層構造。ボトルの形にも意味があって、グラスの底の細い部分にもやさしく届く。きめ細かい泡できれいに洗うことができる。
 
一般のお皿を洗っているのと同じスポンジでは、細かな傷をつけたり、飲み口を欠けさせてしまうこともあるが、繊細なタッチのこのスポンジなら大丈夫。
 
この名作グラスを洗うのにも便利。

関連する記事

ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
「Clubhouse」が、ついにアンドロイド版をローンチ!まずはアメリカから始まり、それに続いて英語圏の国々、そしてほかのエリアへと徐々に拡大していく予定...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
全国には、アナタの知らない「ご当地ヨーグルト」がたくさん!
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
オーストリアのグラスメーカー「RIEDEL(リーデル)」と日本の塗り作家・藤井嘉彦氏がコラボ。漆塗りグラス「Libero(リベロ)」が誕生した。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
ワインボトルを冷やしながら持ち運べる、ワイン専用の保冷ショルダーバッグを紹介。
ワインの樽のなかに泊まれる「Airbnb」のリスティングを紹介。
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
ナチュラルワインって、なんですか?
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
日本でも珍しい巨峰を使ったワイン。「ベラ・リッジ・エステート 巨峰」のご紹介。