「おっとっと!」と言ってしまう、楽しいワイングラス(動画あり)

「お酒を楽しく、美味しくするグラス」をモットーとした製品が誕生しました。この「ottotto」は、家具デザイナー林秀行氏が、自分のデザインした器でお酒を飲んでみたいという願望からスタートしたプロジェクト。大勢のときはもちろん、一人で飲むときでさえ、決して退屈することはないでしょう。
なぜって?それは、思わず「おっとっと!」と言ってしまいそうな、この独特の形を見れば分かるはず!

01.
環状の膨らみを持てば
熱の伝わりが和らぐ!
HEBE(ヘベ)

detail_1226_ottotto2015_1014B_R

今回は試作品全10種類の中から3種類をご紹介。まず、このHEBEの特徴は、環状の膨らみです。倒れそうになったときにストッパーの役目をしたり、ステムと呼ばれる、通常のワイングラスにある脚の部分に代わって、指先との熱の伝わりを和らげたりするのだそう。
グラスの底に最小限の平らな部分を設けることで、真っ直ぐに立つ仕組み。いくら傾けても元通りになる、起き上がり小法師のようなグラスです。

02.
注ぐ飲み物によって
多様な“富士山”が現れる
ERRYKE(エリケ)

detail_10001226_1443485561
detail_1226_1442541221_R

ERRYKEはHEBEのような膨らみはありませんが、倒れそうになるまで傾けても倒れず、揺れながら元通りに起き上がります。
ワインだけでなく、香りを楽しむタイプのビールにもオススメ。 ビールを注げば冠雪した富士山が登場!持ちやすく、結露したグラスで指を滑らせることもありません。

03.
傾けてクルリと回せば
“スワリング”の効果も
WARIKI(ワリキ)

detail_1226_ottotto2015_1014A_R よくワイングラスをクルクル回す仕草を見かけますよね?あれがスワリング。ワインが空気に触れて酸化が進み、味わいや香りが良くなるのです。
WARIKIは真っ直ぐに立てても、傾けて置いても様になります。が、傾けてクルクル回せばスワリング効果でいつものワインがワンランクアップ。小ぶりなサイズは女性の手にも良く馴染むでしょう。

detail_1226_1442546037_R

これらの3種類は、クラウドファンディングサイト「Makuake」で目標金額を調達済。今なら各2,500円(税・送料込)で2016年2月にお届け予定です。脚のない“ステムレスグラス”はセッティングの可能性も広がるだけに、新たな食卓の形を提案してくれるはず!

Licensed material used with permission by Makuake

リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
家飲みの終盤、グラスにちょっとだけワインが余ってしまうことがあります。こんなときのハッピーな解決策をご紹介。ローマの南、コーリという小さな町の銘菓「チャン...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
このグラスが、あなたに本音を語らせる。
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
ゲストを驚かせるにはもってこい。こんなふうに目の前に置かれたら「えっ!」と声が出ちゃいそう。なんで倒れないか不思議ですよね。クアンタムロッキングという複雑...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
クラウドファンディングを目的としたサイトKicksterterには、あらゆるモノが登場する。目からウロコの発明品もあれば、次世代ハイテクギア、モノでなくと...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
〈RayES(レイエス)〉のダブルウォールグラス。結露しにくくワークデスクの上でも、書類などが濡れる心配はありません。保温機能や外付けアクセサリーも充実し...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
底が丸みを帯びているから、まさにロッキングチェアのようにテーブル上でゆらゆら。一見すぐに倒れてしまいそうなこのデザインこそが、転倒を防止してくれています。
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
ビール会社が、より美味しい一杯を求めるのは当然のこと。ただし、ここで紹介するプロジェクトは、かなり異質なものと言っていい。なぜなら、ビールそのものではなく...
「THE GLASS」は、まさに使いやすさを目的にデザインされたプロダクトです。一見何の変哲もないグラスですが、素材は厚みのある耐熱ガラス。割れにくく、電...