「おっとっと!」と言ってしまう、楽しいワイングラス(動画あり)

「お酒を楽しく、美味しくするグラス」をモットーとした製品が誕生しました。この「ottotto」は、家具デザイナー林秀行氏が、自分のデザインした器でお酒を飲んでみたいという願望からスタートしたプロジェクト。大勢のときはもちろん、一人で飲むときでさえ、決して退屈することはないでしょう。
なぜって?それは、思わず「おっとっと!」と言ってしまいそうな、この独特の形を見れば分かるはず!

01.
環状の膨らみを持てば
熱の伝わりが和らぐ!
HEBE(ヘベ)

detail_1226_ottotto2015_1014B_R

今回は試作品全10種類の中から3種類をご紹介。まず、このHEBEの特徴は、環状の膨らみです。倒れそうになったときにストッパーの役目をしたり、ステムと呼ばれる、通常のワイングラスにある脚の部分に代わって、指先との熱の伝わりを和らげたりするのだそう。
グラスの底に最小限の平らな部分を設けることで、真っ直ぐに立つ仕組み。いくら傾けても元通りになる、起き上がり小法師のようなグラスです。

02.
注ぐ飲み物によって
多様な“富士山”が現れる
ERRYKE(エリケ)

detail_10001226_1443485561
detail_1226_1442541221_R

ERRYKEはHEBEのような膨らみはありませんが、倒れそうになるまで傾けても倒れず、揺れながら元通りに起き上がります。
ワインだけでなく、香りを楽しむタイプのビールにもオススメ。 ビールを注げば冠雪した富士山が登場!持ちやすく、結露したグラスで指を滑らせることもありません。

03.
傾けてクルリと回せば
“スワリング”の効果も
WARIKI(ワリキ)

detail_1226_ottotto2015_1014A_R よくワイングラスをクルクル回す仕草を見かけますよね?あれがスワリング。ワインが空気に触れて酸化が進み、味わいや香りが良くなるのです。
WARIKIは真っ直ぐに立てても、傾けて置いても様になります。が、傾けてクルクル回せばスワリング効果でいつものワインがワンランクアップ。小ぶりなサイズは女性の手にも良く馴染むでしょう。

detail_1226_1442546037_R

これらの3種類は、クラウドファンディングサイト「Makuake」で目標金額を調達済。今なら各2,500円(税・送料込)で2016年2月にお届け予定です。脚のない“ステムレスグラス”はセッティングの可能性も広がるだけに、新たな食卓の形を提案してくれるはず!

Licensed material used with permission by Makuake

関連する記事

ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
オーストリアのグラスメーカー「RIEDEL(リーデル)」と日本の塗り作家・藤井嘉彦氏がコラボ。漆塗りグラス「Libero(リベロ)」が誕生した。
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
ワインボトルを冷やしながら持ち運べる、ワイン専用の保冷ショルダーバッグを紹介。
美しい切子の文様をいかしつつ、ダブルウォールグラスの機能をプラスした「Fuwan-浮碗」。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
「YouTube」が2020 年の「国内トップトレンド動画ランキング」(音楽を除く)を発表。

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...
「OFF-WHITE」がドイツの小型家電ブランド「Braun」とコラボレーションしたアラームクロックを発売。