ワインボトルから直接飲める「王様グラス」

ワインって、もっと「身近な飲みもの」って捉えたほうがいい気がする。

かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle Buddy」でガブガブいくのはどうだろう?ワインのボトルに直接装着するタイプのワイングラス。これなら、もっと親しみがわくかもしれない。

3ステップの
簡単セットアップ

9bdeabf469d13ab396bc9d8612fe435282ba41e8

使い方はいたって簡単。

1.お好みのワインボトルをオープン。
2.「Guzzle Buddy」をボトル上部に直接ねじ込む。
3.ボトルを傾けて飲む。

たったこれだけ。ボディ部分は、耐久性を向上させたホウケイ酸ガラスシリコンを使用。割れにくい構造になっているので、海や山などのアウトドアにも向いている。

2bf6347079cd123e7fb4048aeb22173b8e9caf69

きっかけはコメディ番組

この画期的なワイングラスは、コメディ番組とワインを愛するオレゴン州在住の2人組によって作られたようだ。

きっかけは、ある日、古いコメディを観ていた時のこと。2人が目撃したのは、劇中で、ワイングラスがボトルに直接装着されていたシーン。興味を持った2人は、挿入式のワイングラスが実在するかをリサーチしたところ、世の中のどこにもない。それならばと、作ってしまったということだ。

おめでたい席の
ギフトに最適

C0037c69415951f11082486ad2305072dd8137f1

思わず笑いを誘う佇まいは、結婚式をはじめとして、独身最後のパーティー、引っ越しパーティー、クリスマスパーティー、誕生日や記念日まで、幅広いシチュエーションにバッチリ。贈られたそばから、使うこともできちゃうし、ちょっとしたギフトに最適だろう。

24.9ドル(約2,740円)なので、おめでたい場を盛り上げる1ツールとしてはちょうどいい価格だ。

Licensed material used with permission by Guzzle Buddy
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
家飲みの終盤、グラスにちょっとだけワインが余ってしまうことがあります。こんなときのハッピーな解決策をご紹介。ローマの南、コーリという小さな町の銘菓「チャン...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
赤ワインをおいしい状態に仕上げるには、一定の長さ空気に触れさせておく必要がありますが、そのデカンタージュを代わりに果たしてくれるアイテムが登場しました。
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...