ワインボトルから直接飲める「王様グラス」

ワインって、もっと「身近な飲みもの」って捉えたほうがいい気がする。

かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle Buddy」でガブガブいくのはどうだろう?ワインのボトルに直接装着するタイプのワイングラス。これなら、もっと親しみがわくかもしれない。

3ステップの
簡単セットアップ

使い方はいたって簡単。

1.お好みのワインボトルをオープン。
2.「Guzzle Buddy」をボトル上部に直接ねじ込む。
3.ボトルを傾けて飲む。

たったこれだけ。ボディ部分は、耐久性を向上させたホウケイ酸ガラスシリコンを使用。割れにくい構造になっているので、海や山などのアウトドアにも向いている。

きっかけはコメディ番組

この画期的なワイングラスは、コメディ番組とワインを愛するオレゴン州在住の2人組によって作られたようだ。

きっかけは、ある日、古いコメディを観ていた時のこと。2人が目撃したのは、劇中で、ワイングラスがボトルに直接装着されていたシーン。興味を持った2人は、挿入式のワイングラスが実在するかをリサーチしたところ、世の中のどこにもない。それならばと、作ってしまったということだ。

おめでたい席の
ギフトに最適

思わず笑いを誘う佇まいは、結婚式をはじめとして、独身最後のパーティー、引っ越しパーティー、クリスマスパーティー、誕生日や記念日まで、幅広いシチュエーションにバッチリ。贈られたそばから、使うこともできちゃうし、ちょっとしたギフトに最適だろう。

24.9ドル(約2,740円)なので、おめでたい場を盛り上げる1ツールとしてはちょうどいい価格だ。

Licensed material used with permission by Guzzle Buddy
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
米イリノイ州スプリングフィールドの教育委員会は、リモート授業であってもパジャマで授業を受けることを禁止し、登校時と同じ格好をするよう学生に求めている。
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
「IKEA(イケア)」がバンコク発のファッションブランド「Greyhound Original」とコラボし、限定コレクション「SAMMANKOPPLA/サ...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
1食3ドルほどとお財布にも優しく、シンプルだけどバランスのいい食事は、思うように外出できないお年寄りから人気が高いとか。
北海道オホーツク海の「流氷」と富山県の雪を採取し、真夏の東京や関東圏で活用・設置することで大気や体感温度がどのくらい下がり冷却効果が見込めるかを測定をする...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...