ワインボトルから直接飲める「王様グラス」

ワインって、もっと「身近な飲みもの」って捉えたほうがいい気がする。

かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle Buddy」でガブガブいくのはどうだろう?ワインのボトルに直接装着するタイプのワイングラス。これなら、もっと親しみがわくかもしれない。

3ステップの
簡単セットアップ

使い方はいたって簡単。

1.お好みのワインボトルをオープン。
2.「Guzzle Buddy」をボトル上部に直接ねじ込む。
3.ボトルを傾けて飲む。

たったこれだけ。ボディ部分は、耐久性を向上させたホウケイ酸ガラスシリコンを使用。割れにくい構造になっているので、海や山などのアウトドアにも向いている。

きっかけはコメディ番組

この画期的なワイングラスは、コメディ番組とワインを愛するオレゴン州在住の2人組によって作られたようだ。

きっかけは、ある日、古いコメディを観ていた時のこと。2人が目撃したのは、劇中で、ワイングラスがボトルに直接装着されていたシーン。興味を持った2人は、挿入式のワイングラスが実在するかをリサーチしたところ、世の中のどこにもない。それならばと、作ってしまったということだ。

おめでたい席の
ギフトに最適

思わず笑いを誘う佇まいは、結婚式をはじめとして、独身最後のパーティー、引っ越しパーティー、クリスマスパーティー、誕生日や記念日まで、幅広いシチュエーションにバッチリ。贈られたそばから、使うこともできちゃうし、ちょっとしたギフトに最適だろう。

24.9ドル(約2,740円)なので、おめでたい場を盛り上げる1ツールとしてはちょうどいい価格だ。

Licensed material used with permission by Guzzle Buddy

関連する記事

ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
福島県の事業者マッチングを支援する「ふくしまみらいチャレンジプロジェクト」が「ふくしまのウェルネスフード」シリーズを企画した。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...