ワインボトルから直接飲める「王様グラス」

ワインって、もっと「身近な飲みもの」って捉えたほうがいい気がする。

かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle Buddy」でガブガブいくのはどうだろう?ワインのボトルに直接装着するタイプのワイングラス。これなら、もっと親しみがわくかもしれない。

3ステップの
簡単セットアップ

9bdeabf469d13ab396bc9d8612fe435282ba41e8

使い方はいたって簡単。

1.お好みのワインボトルをオープン。
2.「Guzzle Buddy」をボトル上部に直接ねじ込む。
3.ボトルを傾けて飲む。

たったこれだけ。ボディ部分は、耐久性を向上させたホウケイ酸ガラスシリコンを使用。割れにくい構造になっているので、海や山などのアウトドアにも向いている。

2bf6347079cd123e7fb4048aeb22173b8e9caf69

きっかけはコメディ番組

この画期的なワイングラスは、コメディ番組とワインを愛するオレゴン州在住の2人組によって作られたようだ。

きっかけは、ある日、古いコメディを観ていた時のこと。2人が目撃したのは、劇中で、ワイングラスがボトルに直接装着されていたシーン。興味を持った2人は、挿入式のワイングラスが実在するかをリサーチしたところ、世の中のどこにもない。それならばと、作ってしまったということだ。

おめでたい席の
ギフトに最適

C0037c69415951f11082486ad2305072dd8137f1

思わず笑いを誘う佇まいは、結婚式をはじめとして、独身最後のパーティー、引っ越しパーティー、クリスマスパーティー、誕生日や記念日まで、幅広いシチュエーションにバッチリ。贈られたそばから、使うこともできちゃうし、ちょっとしたギフトに最適だろう。

24.9ドル(約2,740円)なので、おめでたい場を盛り上げる1ツールとしてはちょうどいい価格だ。

Licensed material used with permission by Guzzle Buddy
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
家飲みの終盤、グラスにちょっとだけワインが余ってしまうことがあります。こんなときのハッピーな解決策をご紹介。ローマの南、コーリという小さな町の銘菓「チャン...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
「お酒を楽しく、美味しくするグラス」をモットーとした製品が誕生しました。この「ottotto」は、家具デザイナー林秀行氏が、自分のデザインした器でお酒を飲...
仕事に疲れて、家のドアを開けたら郵便物の山。請求書が混じっていたり、カードや光熱費の明細が入っていたり、思わず「はぁ〜」とため息が漏れそうな瞬間ですが、も...
日本ではなかなか出会えないローカルワインを旅先から持ち帰りたい。けれどフライトにボトルサイズの持ち込みは禁止。結局は手荷物として預けるほかありません。まあ...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
クラウドファンディングを目的としたサイトKicksterterには、あらゆるモノが登場する。目からウロコの発明品もあれば、次世代ハイテクギア、モノでなくと...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
ワインは好き。だけど品種とか産地とか、何が良いのかよく分からない。だからついつい「ジャケ買い」しちゃう…。そんな買い方にちょっと後ろめたさを感じているワイ...