気化熱の力でワインを冷やす?アウトドアにもってこいのボトルクーラー

奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下は日本一の生産量を誇るのだとか。

そんな靴下の聖地からユニークなプロダクトが誕生した。それが、『OLENO』というブランドの「気化熱を利用するボトルクーラー」だ。

うーん、気化熱って何だっけ?

そもそも、気化熱とは液体の物質が気体になるときに周囲から吸収する熱のこと。液体が蒸発するためには、熱が必要なのだけど、その熱は液体が接しているものからうばって蒸発する。お風呂上がりで濡れた身体のままでいると冷えて寒くなるのはこのため。表面の水滴が体温をうばって蒸発するからだ。

特殊な素材を靴下編機で作られたのが、OLENO。使い方はいたってシンプル。生地にたっぷりと水を含ませて、冷やした(常温でも可)ワインのボトルにかぶせるだけ。すると、気化熱によって、中のワインは冷たさを保たれるというワケなのだ。

 実験で明らかになった結果

で、実際、どれくらいの効果があるのかは気になるところ。

室内約25℃の環境下で、2本のワインボトルに水(約9℃)を入れ、ボトルクーラーの有無による温度変化を調査。約四時間後、ボトルクーラーを使用しなかったワインボトルは、水温が10.9℃上昇。一方で、ボトルクーラーを使用したワインボトルは、水温7.2℃に留まった。つまり、3.7℃もの温度上昇を防げたという結果になったようだ。

以上の実験結果は、OLENOのhpでも紹介されている。

アウトドアで大活躍!

正直に告白しよう。今までは、キャンプにしろ、ビーチにしろ、飲み物には妥協をしていた。アウトドアでは大自然を謳歌するもので、細かいことは気にせずに!と自分自身に言い聞かせていた。だから、飲み物の温度まではどこか犠牲にせざるを得なかったのだ。

でも、本音は、アウトドアだって、美味しくワインをいただきたいのである。ちゃんと冷えたままで喉に流し込みたいのである。

そんな願いをこのOLENOなら叶えてくれるはず。わざわざ、ワインボトルが入る大容量のクーラーボックスや大量の氷を用意しなくても、アウトドアでほどよく冷えたワインを味わえるなんてワインファンにとっては嬉しい限り。ポップでカラフルなデザインも気分を一層盛り上げてくれるだろう。1つ気をつけたいのは、飲みすぎてしまうこと…。

OLENOは、2017年の3月から発売しているちなみに値段は、1,944円(税込)とリーズナブル。お花見に、こんな洒落たボトルクーラーを持参するのは、いかがだろう?

Licensed material used with permission by OLENO
夏のアウトドアに欠かせない「ドリンククーラー」を、機能とルックス、そしてソロキャンプやちょっとした外出にも役立つ手頃なサイズ感から厳選して5アイテムをご紹介!
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
本格アウトドアシーズンに向けて準備しておきたい「最高においしいビール」を飲むためのギア&グッズを厳選してご紹介! オシャレと実用性を兼ね備えた一品をぜひ!
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
キャンプやBBQなどのアウトドアでは、暑さだって醍醐味のひとつ。そういう考え方の人もいるかもしれない。でも、現実的な話をすれば、やっぱり涼しいほうが嬉しい...
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
〈YETI COOLERS(イエティクーラーズ)〉の「タンドラ」はハイスペックなクーラーボックスとして人気。加えて、室内にレイアウトしてもインテリアとして...
「VSSL フラスク2.0」は、お酒などのドリンクを入れられるボトルでありながら、懐中電灯としても使えます。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
日本ではなかなか出会えないローカルワインを旅先から持ち帰りたい。けれどフライトにボトルサイズの持ち込みは禁止。結局は手荷物として預けるほかありません。まあ...
「Keego」の素材は、“強い”金属としても知られているチタン。だけど、従来のスクイズボトルの特徴を受け継いで、つぶしながら飲めるようにもなっている。