プラスチックの平たいボトルに入ったワインが「ポスト」に届く!?

仕事に疲れて、家のドアを開けたら郵便物の山。請求書が混じっていたり、カードや光熱費の明細が入っていたり、思わず「はぁ〜」とため息が漏れそうな瞬間ですが、もしもそのなかに、大好きな「ワイン」があったら…。

自宅にワインが届く
(しかもポストに)

そういったニーズに合わせてか、最近流行しつつあるのが「ワインの月額サービス」。毎月さまざまなバリエーションで届けてくれるため、受身でも自然といろいろなワインを楽しむことができちゃうんです。

でも、ひとつ問題があります、ワインボトルはとても大きいし、毎月受け取らなきゃいけないのは、なかなか面倒でもあります。不在票は入っていたけど、ついタイミングを逃して返送されてしまった…なんてことも。

そこで登場したのが、イギリスの「Garçon Wines」。ワインをポストに入れてくれる、という斬新なサービスです。独自のプラスチック製ボトルで、新鮮&高品質なワインをポストインしてくれるんだとか。

「ワインボトルは、ポストになんか入らないだろう」って?その通りです。だからこそ、専用に作られたボトルは薄型になっているのです。

本棚に並べておけるサイズなので、ご覧の通りスペースも取りません。またプラスチック製ということもあり、ビンのように割れてしまう心配もなし。軽量で輸送しやすいところもポイントだそうです。

もっと気軽にワインを。

サービスはこれからスタートということで、サイトでは1年間のワイン無料が当たる抽選が行われています。

かつて映画は映画館へ見に行くものだったのに、いつのまにかPCやスマホで見ることのほうが当たり前になりつつあります。イノベーションは、人々の生活や認識を大きく変えてしまいます。ワインと言えばポストに投函されるもの、なんていう未来が来たらちょっと驚きですね。

Licensed material used with permission by Garçon Wines
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
Googleショッピング検索がより便利にアップデートされる。新機能では、特定のアイテムを掲載するオンラインショップが一括で表示され、色やサイズ、ブランドな...