プラスチックの平たいボトルに入ったワインが「ポスト」に届く!?

仕事に疲れて、家のドアを開けたら郵便物の山。請求書が混じっていたり、カードや光熱費の明細が入っていたり、思わず「はぁ〜」とため息が漏れそうな瞬間ですが、もしもそのなかに、大好きな「ワイン」があったら…。

自宅にワインが届く
(しかもポストに)

そういったニーズに合わせてか、最近流行しつつあるのが「ワインの月額サービス」。毎月さまざまなバリエーションで届けてくれるため、受身でも自然といろいろなワインを楽しむことができちゃうんです。

でも、ひとつ問題があります、ワインボトルはとても大きいし、毎月受け取らなきゃいけないのは、なかなか面倒でもあります。不在票は入っていたけど、ついタイミングを逃して返送されてしまった…なんてことも。

そこで登場したのが、イギリスの「Garçon Wines」。ワインをポストに入れてくれる、という斬新なサービスです。独自のプラスチック製ボトルで、新鮮&高品質なワインをポストインしてくれるんだとか。

「ワインボトルは、ポストになんか入らないだろう」って?その通りです。だからこそ、専用に作られたボトルは薄型になっているのです。

本棚に並べておけるサイズなので、ご覧の通りスペースも取りません。またプラスチック製ということもあり、ビンのように割れてしまう心配もなし。軽量で輸送しやすいところもポイントだそうです。

もっと気軽にワインを。

サービスはこれからスタートということで、サイトでは1年間のワイン無料が当たる抽選が行われています。

かつて映画は映画館へ見に行くものだったのに、いつのまにかPCやスマホで見ることのほうが当たり前になりつつあります。イノベーションは、人々の生活や認識を大きく変えてしまいます。ワインと言えばポストに投函されるもの、なんていう未来が来たらちょっと驚きですね。

Licensed material used with permission by Garçon Wines
他の記事を見る
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
赤ワインをおいしい状態に仕上げるには、一定の長さ空気に触れさせておく必要がありますが、そのデカンタージュを代わりに果たしてくれるアイテムが登場しました。
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...