「コーヒーの染み」が付いているのに、なぜか喜ばれるポストカードって?

コーヒーを飲んでいると、知らず知らずのうちにカップの底に付着する「茶色の染み」。もしアレがポストカードに付いてしまったら、普通は出すのをやめて捨ててしまいますよね。

でも、これならそのままポストに投函して大丈夫。だって、染みがあって初めて完成しますから!

発想がイイね!
“染み”がついて仕上がる
ポストカード

3d810186bc471ee636872786d4da45de9c20c65b

パンダも、

9f5dc7beca82f4b502931831d026a9cb9a9320b9

観覧車も、

50435b14b07aab9a8081a529081bf73ee24e855a

ネズミ(?)も、染みで完成!

D2500119c4dfa19e4174df11aa5ae591058f0fd7

「From Singapore, with love」と名付けられた作品。

6082efe54c2bc770d5e06300f6ba781a5bab18c7C503b845735a7f37de4f1c029f78087bc40f6d4a

Before

8654d61cc7adac0ca04bbf64a6282063a8a03bf5

After

Cd938ffb8ee41c56812038b5e8f47a8f2372aac9

シンガポールから世界中に発送しているこちらのポストカードの価格は、7枚セットで2,099円。遊び心溢れる、いいニオイのするお手紙。粋ですよね!

Licensed material used with permission by PostCups2016
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
最近、ポストカードを買うようになったんです。いろいろ持ってるんですよ。小浪次郎さんや「MOUNTAIN MORNING」のイベントで購入した小嶋晋介さん。...
イラストレーターのNoritake氏がディレクションを担当し、〈HIGHTIDE(ハイタイド)〉と一緒に作っている〈OLL(オール)〉のカードスリーブ。シ...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
〈moeco(モエコ)〉の「FLASH ICカードケース」。合計199もの本物の電子部品が使われていて、LEDが光るギミックも!
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
〈VICTORINOX(ヴィクトリノックス)〉の「スイスカード」。ポケットにもスリムに収納できます。26gと超軽量で中身もハサミ、ボールペン、爪楊枝までと...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
江戸時代のキャラクターがキャンプやサーフィンをする、ちょっと不思議なパッケージの日本茶「VAISA」。今だからこそ、人との対話や時間の大切さを“日本茶”を...
ニューヨークとサンパウロ。海を越えて遠距離恋愛をしていた、デザイナーのNeiさんとKateさん。そんなふたりはちょっと小洒落た方法で、お互いの愛を確かめ合...
仕事に疲れて、家のドアを開けたら郵便物の山。請求書が混じっていたり、カードや光熱費の明細が入っていたり、思わず「はぁ〜」とため息が漏れそうな瞬間ですが、も...
自分にとって“移動”というのはとても重要なことで、だからこそ、機動性のためにもできるだけモノを持ちたくない。仕事上、ノートPCとスマホは仕方ないとして、現...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...