多様な結婚を、そっと応援。ありそうでなかった「ウェディングカード」

素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感じました。

ありそうでなかった
ウェディングカード

HueTribe」のウェディングカードには、デザイナーのある想いがつまっていました。

23505619ebef512d63659b32f0b1e661e048517c

Photo by Huetribe - Smith-Court Press LLC

C8723bd426057f4750f7ac096d823e58324b3316

Photo by Huetribe - Smith-Court Press LLC

5d38b7cc7a0f45ded3b97199a73cbf087ad6933f

Photo by Huetribe - Smith-Court Press LLC

4b5a22a9bad1dc4304e204e2d0b5eeb4d222fec2

Photo by Huetribe - Smith-Court Press LLC

E613e9f187f8d9ea015a121d674733b3ddbb7f06

Photo by Huetribe - Smith-Court Press LLC

0b95214b39e72d2a7be717ef715a14f425041d1d

Photo by Huetribe - Smith-Court Press LLC

ありそうでなかったポイントとは、被写体となっているカップルのこと。「LGBTQ」「白人×黒人」「西洋人×アジア人」など、とても多様なのです。

たしかに結婚をお祝いするカードはたくさんありますが、男性がタキシードを着て、女性がドレスを着ているものがほとんど。しかもだいたい、同じ人種のカップルです。

でも今や結婚式を挙げるのは、男性×女性のカップルだけとは限りませんし、国籍や人種を超えた結婚も当然あります。そんな状況に寄り添ってくれるのが、このウェディングカードなのです。

どんなカップルも
祝福されている

0e15b17735bd0f1f3f1a67c7ea2fe72082a9f937

Photo by Huetribe - Smith-Court Press LLC

カードをデザインしたTineka Smithさんは、自身が黒人で、夫が白人だったことから、ぴったりのウェディングカードを見つけるのが大変だった、という経験から企画したそう。

写真に写っている人の多くは、Smithさんの友人や家族。ほとんどが本物のカップルたちによる写真だそうです。どの写真もなんだか温かい雰囲気なのは、モデルによる演技ではない「本物の愛」がそこにあるからでしょう。

さまざまな関係を祝福する、さりげない気配りが込められたこの「カード」。きっと、救われる人も多いのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by HueTribe
『Dancing With Her』は、世界初のレズビアン向けウェディング雑誌。先月オーストラリアで創刊されるや否や、各国のメディアに取り上げられている。...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
大好きな祖母が、末期の癌を患い、自分の結婚式に出席できるかわからない状況に陥ったBrittanyさん。彼女はフォトグラファーに頼んで、特別に祖母にウェディ...
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
あるカップルから、フォトウェディングを依頼された写真家のAshley Hempel。日照りの激しい夏の日のこと、2人を撮影しようとしたら、見知らぬ女性が突...
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
「ブーケトス」といえば、結婚式に参加する女性たちが、ちょっとした闘争心と共に楽しみにしているもの。でも受け取れるのは、どうしたってひとりだけになってしまう...
移動式チャペルで、 新郎新婦の希望に沿った 結婚式を実現したい!結婚式。新郎新婦にとって門出となる特別な日。であると同時に、その家族友人にとってもかけがえ...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
イラストレーターのNoritake氏がディレクションを担当し、〈HIGHTIDE(ハイタイド)〉と一緒に作っている〈OLL(オール)〉のカードスリーブ。シ...