この「ニット」は食用です。

食べ物のなかでもとくに、ケーキは「見る」食べ物だと思う。いかに美しくデコレーションするか。創造性と技術が求められる「パティシエ」という職業は、シェフでありながらアーティストだ。

カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。

「ニット」なケーキ

美味しそうより、あったかそう(笑)

これをつくったオーナーのAlexandriaさんは、自分のワードローブからインスピレーションを受け、ニットをモチーフにしたケーキを作ってみた、と話しています。重要なのはこの編み込み部分と、ベースに施した波状のラインなのだそう。

結婚式にこんなのはどう?

他にもさまざまなユニークなウェディングケーキをつくるAlexandriaさん。

カナダのお店だから注文はできないけれど、こんなケーキなら、一生の思い出になりそう。

「2人の歴史を記していこう」

大理石のように「カタイ」愛を誓う。

年輪を重ねるように、末長く。

Licensed material used with permission by Finespuncakes, Instagram