この「ニット」は食用です。

食べ物のなかでもとくに、ケーキは「見る」食べ物だと思う。いかに美しくデコレーションするか。創造性と技術が求められる「パティシエ」という職業は、シェフでありながらアーティストだ。

カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。

「ニット」なケーキ

美味しそうより、あったかそう(笑)

これをつくったオーナーのAlexandriaさんは、自分のワードローブからインスピレーションを受け、ニットをモチーフにしたケーキを作ってみた、と話しています。重要なのはこの編み込み部分と、ベースに施した波状のラインなのだそう。

結婚式にこんなのはどう?

他にもさまざまなユニークなウェディングケーキをつくるAlexandriaさん。

カナダのお店だから注文はできないけれど、こんなケーキなら、一生の思い出になりそう。

「2人の歴史を記していこう」

大理石のように「カタイ」愛を誓う。

年輪を重ねるように、末長く。

Licensed material used with permission by Finespuncakes, Instagram

関連する記事

不幸だった14年の結婚生活に終止符を打つために、離婚記念パーティを開催したKimberly Santleben-Stitelerさん。彼女はウェディングド...
食べるのがもったいないほど美しい「花束ケーキ」が12月1日より発売開始。エディブルフラワーが主役の特別なケーキは、クリスマスプレゼントにも。
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
数多くの人気漫画を抱える「集英社」が「スタートバーン株式会社」と提携を結んで、世界へ向けたマンガアートの販売サービス「「SHUEISHA MANGA-AR...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...