この「ニット」は食用です。

食べ物のなかでもとくに、ケーキは「見る」食べ物だと思う。いかに美しくデコレーションするか。創造性と技術が求められる「パティシエ」という職業は、シェフでありながらアーティストだ。

カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。

「ニット」なケーキ

6443275913265152528764986667827245076295817625604843564206915584

美味しそうより、あったかそう(笑)

これをつくったオーナーのAlexandriaさんは、自分のワードローブからインスピレーションを受け、ニットをモチーフにしたケーキを作ってみた、と話しています。重要なのはこの編み込み部分と、ベースに施した波状のラインなのだそう。

結婚式にこんなのはどう?

他にもさまざまなユニークなウェディングケーキをつくるAlexandriaさん。

カナダのお店だから注文はできないけれど、こんなケーキなら、一生の思い出になりそう。

5981146961674240

「2人の歴史を記していこう」

6547072924778496

大理石のように「カタイ」愛を誓う。

5225498066026496

年輪を重ねるように、末長く。

Licensed material used with permission by Finespuncakes, Instagram
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
「ブーケトス」といえば、結婚式に参加する女性たちが、ちょっとした闘争心と共に楽しみにしているもの。でも受け取れるのは、どうしたってひとりだけになってしまう...
フランスで「魔法のケーキ」と話題を集めたレシピがあります。混ぜて焼くだけの楽チン工程。シンプルなレシピなのにスポンジ、カスタード、フラン(フランスのプリン...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
61年前と同じ“種類”のケーキではなく、正真正銘そのときにつくられたものの一部を今も食べ続けているのだそうです。えっ、だ…大丈夫なの!?アンさん(82)と...
ケーキを作りたいけれど、手間がかかりすぎるし、失敗がこわい……。そんなふうに感じたことはありませんか? いま流行りのビスケットケーキなら、超カンタンで、オ...
見た目のインパクト大!な「超極太ニット」。寒くなるこれからの季節に、ブランケットとしても使えると評判ですが、どうやら今年の超極太ニットは、さらにバージョン...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
ニットをハンガーにかけておいて、型崩れしたり、伸びたりした経験はありませんか?これからは、その心配は無用。長時間ハンガーにかけておいても問題ない畳み方を、...
『Dancing With Her』は、世界初のレズビアン向けウェディング雑誌。先月オーストラリアで創刊されるや否や、各国のメディアに取り上げられている。...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
ロシア人パティシエ、Olga Noskovaさんのケーキが海外メディアやSNSで話題。なぜかというと、まるで鏡のごとく光沢がーー。つやっつやのピッカピカ!...
カナダのバンクーバーに住むケセニア・ペンキナさんが作るのは、まるでガラスでできたように表面が反射している、鏡のムースケーキ。彼女のInstagramを見る...
インドネシアのジャカルタにある「Le Novelle Cake」は、オーダーメイドで豪華絢爛なケーキを作るベーカリー。その作品はどれも豪華絢爛、繊細優美...
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...
「もう、ほんとに大好き結婚したい!」って勢い余って口にしたら、すっごく微妙な反応をされました。
缶詰のミカンのようにツルんと薄皮をむく方法を紹介します。食用重曹で煮るだけ。誰でも簡単に本来の甘さを楽しめますよ。