カフェオレとパンをフライパンの上でドッギングさせると...?

平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?

料理家の若山曜子さんによる『フライパンで作れる クッキーとタルトとケーキ』(ワニブックス)に紹介されているカフェ・オ・レのパンプディングは、時間のある週末の朝食にぴったり。

レシピではバゲットを使っていますが、角切りにした食パンやクロワッサンなど、お好きなものでどうぞ。一度トーストしてカリッとさせるのがポイントだそうです。熱々ではなく、冷やしてから食べても美味しいみたいですよ。

カフェ・オ・レのパンプディング

6590847768330240
Photo by 福尾美雪

〈材料:底の直径約16cmのフライパン1台分〉

バゲット:1/2本
インスタントコーヒー:小さじ2
湯:小さじ2
卵:3個
生クリーム:200ml
牛乳:200ml
きび砂糖:大さじ1
ドライクランベリー:大さじ1
ホワイトチョコレート:適量
ピーカンナッツ(あれば):5粒ほど
メープルシロップ:大さじ1

〈作り方〉

1.バゲットは厚さ1cmほどにスライスし、カリッとするまでトーストする。

2.ボウルに、インスタントコーヒーと湯を入れて溶く。卵、生クリーム、牛乳、きび砂糖を入れてよく混ぜ、ざるなどでこす。

3.フライパンに1を並べ入れ、2を注ぎ入れる。ふたをして15分ほど焼く。

4.かたまってきたら、ドライクランベリー、適当に割ったホワイトチョコレート、ピーカンナッツを散らす。

5.再度ふたをして10分ほど焼き、仕上げにメープルシロップをたらす。

みんなで料理を持ち寄るホームパーティー。何を持って行こうか迷ったら、ワインによく合うしょっぱいクッキーはいかが?
美味しいうえに、太りにくく、体にもやさしいお茶受け。フライパンで気軽に作れちゃいますよ。
最近話題のグルテンフリー。アレルギーがなくても、体質改善のために小麦粉を控えている方も多いよう。自宅にホームベーカリーやオーブンがなくても、フライパンです...
米造形作家による作品です。
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
オーブンも、発酵器も不要。フライパンを使った「チョコパン」レシピのご紹介。発酵時間を除けば、所要時間わずか20分!動画はたったの3分ですが、作り方のポイン...
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
クリスマスへのカウントダウンが始まっている。日本ではクリスマスといえば、お馴染みのチキンとケーキ。欧米では、家庭でジンジャークッキーを作ることが多いみたい...
甘いものが大好きな人も、普段そんなに食べない人も、カラフルで気分の上がる「SWEET TOAST」は、ステキな1日のはじまりにぴったり。誰もが食べたくなる...
海外ブロガーの間で火がついた「スキレットブレット」が、日本でもちょっとしたブームに。ちぎりパンの進化系ともいえるこのパンは、特別なスキルがなくてもあっとい...
「炭水化物×炭水化物」は反則だと思う。ラーメン&炒飯、そばめし、焼きそばパン...。この罪悪感と幸福感が入り混じったおいしさは、もちろん日本だけのものじゃ...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
朝はパンと決めている。鉄のフライパンをあたためて、厚切りの食パンをのせ、焼き色がついたら裏返す。バターをのせるのか、ジャムはどうするのか。カリカリに焼いた...
管理栄養士いわく、ごはんとそれ以外(麺類含む)の主食の比率が9対1くらいが理想的だそう。毎日3食食べるのであれば、3日に1食くらいのバランスがおすすめです。
オーストリアにあるPANEUMは、何千年も前から続くと言われているパンの歴史を感じることのできる骨董品を展示する博物館。中に入ると、パンにまつわる珍しいコ...
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...