多森サクミさん(米粉料理研究家)が教える、米粉でつくるバレンタインのお菓子

来たるバレンタイン。今年は何を作ろうかと考え始めている人も多いのでは?

手作りしたいけど、お菓子作りはあまり得意じゃない...って人に朗報。

先日ご紹介した、『フライパンでできる米粉のパンとおやつ』(立東舎)。こちらを監修している米粉料理研究家・多森サクミさんが、バレンタインに贈りたくなる2種類のレシピを実演でレクチャーしてくれるそう。

イベントの開催は、バレンタイン前の2018年2月1日(木)、7日(水)の2日間。東京・目黒区にある「未来屋書店/MIRAIYA Bookmark Lounge Cafe 碑文谷」で行われます。

気になるレシピの1つ目は、豆腐を入れたふんわりやさしい食感の「きな粉と豆腐のヘルシーブラウニー」。

60125438436966404742419740360704

そして2つ目は、この日のために用意されたアレンジレシピ、チラッとのぞくピンク色がかわいい「ラズベリー&チョコチップビスケット」。

どちらも小麦粉・卵・乳製品・オーブン不使用、フライパンですぐに作ることができます。

4662336317030400

各回10名限定の少人数制のイベントなので、プロの技を近くで見ることができるチャンスです。

イベントが開催される「未来屋書店/MIRAIYA Bookmark Lounge Cafe 碑文谷」では、2018年1月23日から2月18日まで『フライパンでできる 米粉のパンとおやつ』を始めとする立東舎のレシピブックシリーズ「料理の本棚」が展開されているそうなので、ぜひチェックしてみて!

 

Photo by馬場わかな, Styling by 駒井京子

〈『フライパンでできる 米粉のパンとおやつ』バレンタインイベント〉

開催日時
①2018年2月1日(木)12:00〜13:30
②2018年2月1日(木)15:00〜16:30
③2018年2月7日(水)12:00〜13:30(※満席)
④2018年2月7日(水)15:00〜16:30

会場
未来屋書店/MIRAIYA Bookmark Lounge Cafe 碑文谷
東京都目黒区碑文谷4-1-1 イオンスタイル碑文谷5F

定員
各回10名限定(予約先着順)

参加費
¥2,500(税込)
(書籍代『フライパンでできる 米粉のパンとおやつ』¥1,469(税込)+ワンドリンク+2種類の米粉スイーツのご試食 含む

申込方法
「未来屋書店/MIRAIYA Bookmark Lounge Cafe 碑文谷」のレジカウンターにてお申し込み、またはお電話(03-5724-3502)まで。

6560405040136192
最近話題のグルテンフリー。アレルギーがなくても、体質改善のために小麦粉を控えている方も多いよう。自宅にホームベーカリーやオーブンがなくても、フライパンです...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
特別、だけど簡単なレシピを、3つご紹介します。
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
春野菜が美味しい季節。たらの芽やふきのとうに菜の花。天ぷらにすると美味しいですが、サクッと揚がらない、油っぽいなど、上手に作るのは結構難しいです。天ぷらの...
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
京都の人気料亭・下鴨茶寮が発売した次世代型調味料「粉しょうゆ」。この度、人気デザイン事務所nendoとのコラボレーションにより粉しょうゆ専用の容器が開発・...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
やはり「お米」がうまく炊けるかどうかで、その日の食事のおいしさが決まるといっても過言ではありません。おいしいごはんを炊くうえで重要なのは、下準備である「米...
スパイスや乾燥食材をミルなどで粉砕して、サラダなどにかけて使う粉末タイプの「粉ドレッシング」を紹介します。好きなものを入れられるという自家製ならではのメリ...
あの「くまモン」の生みの親・小山薫堂氏が代表を務める下鴨茶寮。同社が2015年1月から本格的に販売を開始した、粉末醤油調味料「料亭の粉しょうゆ」が、見れば...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
バンズの代わりにお米を使ったあの「ライスバーガー」は、自宅でも簡単に再現できるんです。はさむ具材もアレンジ自在ですが、どうせならばヘルシーに。
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
スペインには、固くなったパンの利用法として「ミガス」という料理があります。これは細かくちぎったパンをオリーブオイルや野菜と一緒に炒めてつくるのですが、これ...
緑色ではなく、ピーマン。黄色ではなく、とうもろこし。ちょっと変わったカラー表記のクレヨンが話題です!楽しめるのは“誰も知らなかった色”その正体は、mizu...
血流促進効果のある雑穀米。毎日続けるためには、簡単かつ楽しいものがいい。
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...