パラパラチャーハンづくりの極意

家庭によってカレーの味が違うとよく言われるように、チャーハンも人によって作り方はまちまち。いかにパラパラで、米一粒一粒が立っているか。炒めるだけのシンプルな料理だからこそ、それぞれこだわりも強くなります。

でも、なかなかお店で食べるようなチャーハンって作れないですよね。『世界で一番おいしいお米とご飯の本』(ワニブックス)の著者、5ツ星お米マイスターの澁谷梨絵さんいわく、チャーハンをパラパラに仕上げるには、「マヨネーズ」と「卵半量」がキーワードなのだとか。

一粒一粒を
"油膜"で包む

4622069354463232

パラパラに仕上げるポイントは、
①マヨネーズを入れる
②卵半量を、卵かけごはんにしてから炒める
③あまりいじらず「焼きつける」イメージ
以上。

これらの目的は、ごはん粒に油膜をはり、焼き目をつけること。そうすることでパラっと仕上がり香ばしさもアップするのです。ちなみにマヨネースを入れることでコクが出て隠し味にもなります。もちろん、モチモチ系のお米よりも粒が立ったものを選んでくださいね。

材料:2人分

A 酒:大さじ2
   マヨネーズ:大さじ1/2
   鶏ガラスープの素:大さじ1/2
   醤油:小さじ1
   塩、こしょう:各少々
ハム:4枚
長ネギ:3〜4cm
卵:1個
炊いたごはん(温かいもの):300g
サラダ油:少々
万能ねぎ(小口切り):適量

5124123919384576

Aをすべて混ぜ合わせ、ハムを短冊切りにし、長ねぎはみじん切りにしておく。

5430569835954176

ごはんに卵半量だけ絡め、「卵ごはん状態」にします。ごはん粒のまわりに卵液を絡めておくことで調味料も絡みます。

5991335429406720

フライパンにサラダ油を熱し、2を入れます。1と残りの卵も順に入れ、その都度少し混ぜながら焼きつけます。米の全面を焼くイメージです。

チャーハンの失敗のほとんどは、べちゃっとなっちゃうこと。これをどう防ぐか。ポイントは、①冷ご飯を使う②徹底的に火を入れる③味つけは最後に。このあたりですね...
世の中には、たくさんの「似ているけれど異なるもの」があります。例えば「焼き飯」と「チャーハン」と「ピラフ」。この3つは食べる機会が多いだけに、その違いにつ...
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
これは、文句なく美味いはず!あの「カルボナーラ」のスパゲッティをごはんに代えた、通称「めしボナーラ」なる料理が存在した。チャーハンのようでいて、さにあらず...
本格的なバターライスに仕上げるには、それなりに手間はかかります。はい。それでも、一度でいいから作ってみてください。きっとハマるはずだから。押さえるべきポイ...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
やはり「お米」がうまく炊けるかどうかで、その日の食事のおいしさが決まるといっても過言ではありません。おいしいごはんを炊くうえで重要なのは、下準備である「米...
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
独断と偏見でピックアップしました。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
エスニック料理といえば、やっぱりパクチー。どんな料理に入れても楽しめるので、トッピング用にたくさん購入する人も多いですよね。そんなマニアも唸らせる「万能パ...
来たるバレンタイン。今年は何を作ろうかと考え始めている人も多いのでは?手作りしたいけど、お菓子作りはあまり得意じゃない...って人に朗報。先日ご紹介した、...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
スペインには、固くなったパンの利用法として「ミガス」という料理があります。これは細かくちぎったパンをオリーブオイルや野菜と一緒に炒めてつくるのですが、これ...