初めて出会う、南の島のマグロの食べ方。

日本固有の食べ物のひとつに「納豆」があります。お寿司や天ぷらだけでなく、煮物など、いわゆる“和食”が、海外の人たちに浸透し始めていても、いまだに「そんなもの食べるの?」と毛嫌いされるのが、納豆。

でも食べてみなきゃ、本当の良さは何もわかりません。

他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれます。

ここでは「クック諸島」の料理をご紹介します。

これが、
クック諸島の「当たり前」

マグロはみなさんお好きですか?お寿司の握りや鉄火巻き、どんぶりなんかも美味しいですよね。

日本では「縄文時代から食べられていた」という説もあるほど、私たちにとって馴染みの深い魚ですが、マグロを食べるのは日本人だけではありません。実はマグロは中米沖や、アフリカ沖、地中海でも獲れる魚です。そういうこともあって世界中の食卓で日常的に食べられています。わりと知られているのが、生のマグロやタコとマリネしたハワイの「アヒポキ」ですね。

クック諸島は南大西洋の日付変更線の近くにある国で、ヤシの木に青い海が美しい、まさに南国の島。ここでもマグロがよく獲れるので普段からよく食べられています。しかし、その調理法はココナッツで和えて食べるというもの。日本ではまず考えない調理法ですが、この国ではこれが当たり前。

世界の料理を作っていると、えっ!と思うような料理法がけっこうあります。そういうものを初めて見たときは「おかしい」とか「気持ち悪い」とか思うかもしれません。でもとりあえず食べてみて、そういうものをお互いの文化として認め合う。そんな懐の深さを持ってお互いを知れば、もっと世界って楽しくなるんじゃないか、私はそんなふうに思っています。

マグロと野菜の
ココナッツクリーム和え
「イカマタ」

5032136356659200

<材料:2人分>

マグロ(赤身):100g(サイコロ大)
きゅうり:彩り程度(千切り)
にんじん:彩り程度(千切り)
ココナッツミルク:大さじ4
ライム果汁:2/1個分
塩・こしょう:小さじ1/2

 

<作り方>
ボウルに全てをいれて混ぜ合わせて出来上がり。

ほかの国の料理はこちら

全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
かぼちゃは、ぜひペーストにしておきましょう。小分けにして冷凍庫で保管すれば1ヶ月程度は日持ちがするので、使いたい時にさっと取り出して使えます。今回はさらに...
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
食べ過ぎ注意です。でも、止まらないおいしさなんです。
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。