これが、「世界一おいしい国」のパクチーの使いかた。

日本ではあまり知られていない国でも、その国の特徴があらわれている料理があります。料理を食べながら、その国の特徴を知るって楽しいですよね。

『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作れるよう、紹介してくれます。

ここで紹介するのは、「世界一おいしい」と言われるジョージア料理。

食通たちが好むジョージア料理

ヨーロッパの黒船沿いにある国、ジョージア。もともとは日本ではグルジアと呼ばれていましたが、2015年に英語読みのジョージアに変わりました。

日本では「どこにあるの?」という感じであまり知られていない国ですが、食通の間では知る人ぞ知る国なんです。わたしの知人のシェフも「ジョージア料理は世界一美味しい」と言うほど。

ジョージアは北にロシア、西にヨーロッパ、南に中東、東にアジアという場所にあります。ユーラシア大陸の貿易の中継地として、様々なアイデアや香辛料などが集まったのでしょう。各地域の料理の良いところばかりを吸収して発展したのではないかと考えられます。

また、ワインやチーズの味も格別。特にワインはジョージアが発症と言われていて、8000年のワイン造りの歴史は、その製法が世界遺産に登録されるほど。日本の和食とともに登録されたので、ご存知の方もいるかもしれません。

ジョージアワインは日本ではあまり流通されていないだけに、希少価値が高く、ワイン好きには喜ばれる一品です。

ワインが料理を美味しくするのか、世界の食通を魅了してやまない国。食べることが好きならジョージアは一度は行って欲しい旅先です。

パクチーをのせたジャーマンポテト
「オジャクリ」

6558623702450176

<材料:2人分>

じゃがいも:2個
豚ロース肉(カツ用):2枚
サラダ油:大さじ2
玉ねぎ:1/2個(薄切り)
パクチー:1束(ざく切り3㎝)
A___________________
パプリカ:(赤・黄):各1/4個(薄切り)
ピーマン:1/2個(薄切り)
ワインビネガー:30cc(大さじ2)
塩・こしょう:少々

 

<作り方>

1.フライドポテトを作る。じゃがいもを180度の油で7分揚げる。

2.フライパンに油を熱し、中火で豚肉を5分焼く。玉ねぎを加え、中火でしんなりするまで炒める。

3.Aと1を加え、中火で5分炒める。皿に盛り付け、パクチーを飾る。

ほかの国の料理はこちら

全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
あなたのキッチンがムンバイの屋台に早変わり!パクチーが苦手な日本人はたくさんいると思うけれど、好きな人は大喜び間違いなしな「サンドイッチ」。
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
昨年、空前のパクチーブームに沸いた日本。その多くはエスニック料理でしたが、そこから派生した豪快なオリジナルパクチー料理も次々登場。この好き嫌いが二分する魅...
かぼちゃは、ぜひペーストにしておきましょう。小分けにして冷凍庫で保管すれば1ヶ月程度は日持ちがするので、使いたい時にさっと取り出して使えます。今回はさらに...
環境先進国のスウェーデン、国民生活の意識のなかにも「食材をムダにしない」は、浸透しているようです。そんな彼らのアイデンティティをまさに体現しているレシピが...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
通年で手に入る食材のニラですが、旬を迎えるのはこの春。肉厚の葉は、柔らかく、甘みが引き立つのが春ニラの特徴です。そんな、今だけのおいしさを存分に味わう「ニ...
今年ほど世の中がパクチーに注目した年はありません。パクチー盛り放題のお店やパクチー料理専門店ができるなど、あのクセのある味にどっぷりハマってしまった“パク...
エスニック料理といえば、やっぱりパクチー。どんな料理に入れても楽しめるので、トッピング用にたくさん購入する人も多いですよね。そんなマニアも唸らせる「万能パ...