旅先で集めた、世界のおいしいみやげ料理【魚介類編】

聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世界の旅先で集めた「魚介類」のみやげ料理を紹介しましょう。もちろん、自分なりにアレンジしてもOK!下記のレシピを参考にしてみてくださいね。

ポルトガル
「いかの煮込み」

271701575

ポルトガルではなぜか干しだらをもどして使う料理がさかんだが、私はせっかく海洋国に来たからには新鮮な魚介を食べたい。潮くさい漁師町の宿で出されたlulas de caldeiradaといういかの煮込みはとてもおもしろかった。

recipe/いか2〜3ばいの内臓を除き、一口ぐらいの大きさに切って洗っておく。厚鍋にオリーブ油をたっぷりと熱し、玉ねぎ2個ぐらいのザク切りをやわらかくなるまで炒めたところへ、いかとポルト酒それぞれ大さじ1杯、おろししょうが小さじ1/2杯、刻みトマト2〜3個分、ベイリーフ1枚、塩少々、白ワイン1カップを加え、ふたをして弱火でコトコトと煮る。1時間ほどしたところで、薄切りのじゃがいもとピーマンを加え、少し水を足し、塩で味をととのえてじゃがいもがやわらかくなるまで20分ほど煮る。

トルコ
「魚の串焼き」

0021455399_Large

トルコからは、イスタンブールの丘の妖しい夕暮れをながめながら食べた魚の串焼き。キリクシステとかいう名前だった。

recipe/オリーブ油とレモンの絞り汁を半々に合わせ、玉ねぎの汁も少々加え、パプリカと塩をそれぞれ少量振り込んだ中に、ひらめか何か白身の魚の一口切りを、ベイリーフと重ね合わせるようにして6〜7時間つけ込んでおく。それをレモンやトマトのスライスと交互に金串に刺して炭火にかざし、途中いくどかハケでつけ汁をまぶしつけてはひっくり返してゆっくりと焼く。焼き上がったら、レモン汁2、オリーブ油1の割合で合わせ、にんにくをすりおろし、刻みパセリをまぜたドレッシングをつけて食べる。

ユーゴスラビア
「さばのマリネード」

000012959371_Large

アドリア海のあまりにも明るい蒼さに心をひたしていると、魚に化身したような気持ちになる。それで共食いを避けているわけでもあるまいに、毎日毎日食卓に出てくるものは肉やじゃがいもばかりなのである。ついにたまりかねた私は、宿の主人に「せっかく海辺に何日も泊まっているんですもの。この海の魚を食べさせてちょうだいよ」と強く申し入れ、ついにユーゴスラビアで初めて魚料理との対面を果たすことになった、待ちに待ったその魚がさばだと聞いて、いささかガッカリしたが、食べてみるとふだん食べ慣れたさばとはまるで感じの違うしゃれた味である。

recipe/Skuše Mariniraneというこのさばのマリネードは、オリーブ油1カップ弱、水1.5カップ、玉ねぎ1個の薄切り、にんにく数片、ベイリーフ2枚、粒こしょう小さじ1杯、皮ごと刻んだレモン1個、塩小さじ1杯を全部いっしょにして30〜40分間煮立てる。さば1尾のワタをとって洗い、塩をまぶし、なるべくなら炭火で丸ごとゆっくりと焼き、中までちゃんと火が通り、こんがりと全面まんべんなく焦げたら、さましておいた鍋の汁を注ぎかけ、そのまま二夜置いてから食べる。

ハワイ
「魚のたたき」

16057025

ハワイの海に乗り出すと、私のようなドしろうとにも釣られてくれるのどかな魚がいて、豪勢な船上の宴が始まる。日本なら沖なますというところだが、ハワイでは生で食べるのをMakaという。

ハワイの魚の種類は忘れたが、新鮮なあじでハワイ式たたきを試みたら、イメージは裏切られなかった。

recipe/三枚におろして塩をしたあじを200グラムぐらいよく冷やしてから、塩を払い、小指の先ぐらいに刻み、わけぎかあさつきのみじん切り大さじ3杯、塩炒りクルミか、なければアーモンドを砕いたもの小さじ2杯、こんぶの糸切り大さじ3杯、氷水カップ1杯、塩大さじ2/3杯、タバスコソース数滴を加えてまぜ合わせ、サラダボールに盛る。あとは好みでレモン汁やしょうゆを振りかけてもよい。

タイ
「魚のだんごスープ」

316876019

自然の流れに逆らわず、おだやかにのどかに暮らすタイ人の一生をそのままたどるような水上マーケットのツアーを終えて陸に上がると、こんどは、極楽とはまさにかくもあろうかと思われる王宮とエメラルド寺院の幻惑的に壮麗な光景が展開する。陶然として仏さまのような気分になった私にはバンコクの海鮮料理屋で味わったフンワリたおやかな魚だんごのスープ、Pla Tom Yamがとても舌に合った。

recipe/白身の魚のこま切れ2カップを、にんにく4〜5片、粒こしょう1つまみといっしょにすり鉢でつぶし、親指の先ほどの小さなだんごに丸める。干ししいたけ1つかみを水でもどし、一つを四つ割りぐらいにしておく。魚のアラを煮てよくアクをすくいながらだしをとり、このだしにしいたけをもどした水と酒大さじ2杯を加えて合計カップ5杯ほどのスープを鍋に煮立て、豚三枚肉の薄切り100グラム、豆腐1丁のさいの目切り、しいたけ、ゆでたけのこ小1本の薄切り、魚だんごを入れ、ふたをしてしばらく煮る。豚肉が煮え、魚だんごが浮き上がってきたら、フィッシュソース(といってもタイと同じものはないので秋田の魚汁〔しょっつる〕で代用)を小さじ2杯垂らし、青いねぎ数本を刻んで入れ、まもなく火を止める。最後に刻みパセリを散らす。

※書籍からの引用にあたり、表現を一部編集しています。
※料理写真はイメージです。


聡明な女は料理がうまい
コンテンツ提供元:アノニマ・スタジオ

桐島洋子/Yoko Kirishima

文藝春秋に勤務の後、フリーのジャーナリストとして海外各地を放浪。70年に『渚と澪と舵』で作家デビュー。72年『淋しいアメリカ人』で第3回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。以来、メディアの第一線で活躍するかたわら、独身のままかれん、ノエル、ローランドの3姉弟を育て上げる。ベストセラーとなった『聡明な女は料理がうまい』や、女性の自立と成長を促した『女ざかり』シリーズをはじめ、育児論、女性論、旅行記などで人気を集めた。

聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
いつもとはちょっと違ったシチューをつくりたい、というときにオススメしたいのがこの料理。旬の魚介類を好きなようにアレンジしてココナッツミルクと一緒に煮込んで...
菜食主義[さいしょくしゅぎ]とは。ひとことで菜食主義やベジタリアンと言っても幅広く、乳製品や魚介ならOKというタイプから、かつお出汁やハチミツ、革製品を身...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...
海外の日本食ブームをみていると、内食としてそれを取り入れるとき、扱いやすさ、アレンジの幅はかなり重要なようです。そういう意味で広く受け入れられたのが「SU...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」で開催されるツアー「気になる小さな世界」。渓流を普通に歩いているだけでは決して目にすることのない「小さな世界」ですが、奥...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
中南米は、「肉を食べる国々」というイメージがある。串に肉を刺したブラジルのシュラスコ料理、豚の臓物や豆を煮込んだファジョアーダ。アルゼンチンの牛肉の炭火焼...
一見すると、だし汁に浸して食べる兵庫県の郷土料理「明石焼」に見えなくもない。けれどこれ、オーストリア・チロル地方の家庭料理として親しまれている「シュペック...
イベリア半島の北西部に位置するガリシア地方。豊富な魚介類をシンプルに味わうならば、この地域に勝る場所はありません。今ではスペインのどこにいっても食べること...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...