スペイン女王がお忍びで食べに行った「ごちゃまぜ」という名の料理

地中海の食事として、2010年にユネスコ無形文化遺産に登録されたスペイン料理。和食同様、素材の持ち味を活かすのが特徴ですが、そのなかで異色の「ごちゃまぜ」と名がつく料理があります。19世紀には存在していたこの料理、ときの女王のお気に入りメニューだったとか。

200年以上前から愛され続ける
“ごちゃまぜ”の誘惑

「かき混ぜる」が語源といわれるこの料理「ペピトリア」は、19世紀スペインの女王、イサベル2世の大好物。そういう触れ込みでスペイン全土に広まったといわれています。

女王がお忍びで通ったとされるレストラン「Casa Ciriaco(カサ・シリアコ)」は、現在でもその味を大切に守っているんだそうですよ。

85dad9c2c30715448820de39d2932be3354983db

<材料:2人分>

玉ねぎ:1/2個
鶏もも肉:2枚(300g)
オリーブオイル:大さじ2
アーモンド:20g
にんにく:1かけ
パセリ:5g
白ワイン:100ml
水:300ml
ローリエ:1枚
サフラン:ひとつまみ
ゆで卵の黄身:1個分
塩こしょう:適量

 <つくり方>

玉ねぎを薄切りにし、鶏もも肉に塩こしょうをふっておきます。フードプロセッサーに、アーモンド、にんにく、パセリを入れて細かくなるまで混ぜます。

フライパンにオリーブオイル、玉ねぎを入れて中火で熱し、玉ねぎが透き通るまで炒めたら鶏もも肉を入れて焼き色をつけ、白ワイン、水、ローリエを加えて弱火で30分煮ていきます。

先ほどフードプロセッサーにかけた薬味とサフランを加え、さらに20分煮たら、つぶしたゆで卵の黄身を入れてかき混ぜます。塩こしょうで味をととのえ、器に盛り、最後に刻んだアーモンド(分量外)を散らして完成!

つぶしたゆで卵の黄身を少量とっておいて、表面にも散らすと、いっそう華やかになりますよ。

トマト、グリーンピース、チョリソー、半熟卵を使った「フラメンカ・エッグ」という名の料理があります。もちろん出自はスペイン、セビーリャの郷土料理。なんでも、...
スペインでランチやディナーにいったり、人の家で料理をご馳走になる時、してはいけないマナー違反・タブーを10項目紹介。食事の時間の注意、タパスは立ち食い、塩...
ユーラシア大陸の西と東、スペインと中国、2つの国のミクスチャー料理を知っていますか?「ルーガウ」という鶏がらスープのとってもやさしいおかゆなんですが、なぜ...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
スペインには、固くなったパンの利用法として「ミガス」という料理があります。これは細かくちぎったパンをオリーブオイルや野菜と一緒に炒めてつくるのですが、これ...
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
ひと袋に何個も入っているじゃがいもを買うと、料理によってはいくつか余ってしまうことがあります。使い回しが利く野菜だけに、1個ずつでも料理に使えるのですが、...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
お鍋の季節に活躍する魚の代名詞といえば、タラ。淡白な味でどんな料理とも合わせやすいはずなのに、いつも鍋モノばかりになってしまう人。こんな料理はいかがでしょ...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
温暖な気候でフルーツやオリーブがたくさん採れて、というイメージのスペイン。ですがガリシア地方はその限りではありません。北部に位置するこのあたりは、山に囲ま...
バルの定番メニューのひとつが、このスペイン風オムレツ「トルティージャ」。むずかしい料理ではないんだけれど、ジャガイモを茹でる手間や、フライパンでひっくり返...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師...
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
もし、日本の食卓に並んだら、箸が進まないかもしれない。でも、他の国では愛され、好まれる料理を「The Infographics Show」の動画で紹介され...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...